とある科学の超電磁砲 第14話 「特別講習」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/03/14

とある科学の超電磁砲 第14話 「特別講習」

railgun_14-01railgun_14-02
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

佐天さんが特別講習を受けるお話です。あのロリ先生も登場!
前回の水着回と順番が逆でも良かったような気がする・・・。

railgun_14-03railgun_14-04

レベルアッパーを使った中高生達を集めて特別講習が行われます。
もちろん佐天さんも受ける事になるわけで心が沈みがちでした。
まぁ私も補習をよく受けるのですけど、これってヘコみますよねぇw
でも、佐天さんの場合は私と違って特別講習を受ける事にではなくて、
自分の能力の低さに劣等感を抱いて気が重くなってるわけありますが・・・。
高い能力を持ちたいという理想と現実の差があるので嫌気が差してるのです。

railgun_14-05railgun_14-06

で、その講習なんですけど・・・なんかロリロリな先生がやって来たw
背が低すぎるので椅子に乗って黒板に字を書いてましたわよ(^ω^;)
あと佐天さんは重福さんと再会して一緒にお昼を食べたり、ラブレターを
もらったりしてました。重福さんは佐天さんにラブってわけですね~♪
このアニメも「咲-saki-」みたいに百合っぽくなってきたかな?w
そうそう私も重福さんに全然気づかなかったです。やっぱステルスだわw

railgun_14-07railgun_14-08

体育の授業では自分で勝手に限界を決めてはいけないことを教えられました。
能力開発においてそこで成長が止めてしまうのでダメってことなのでしょう。
佐天さんにとって黄泉川先生の言葉はとても心に響いたのだと思います。
雨が上がって日差しが差し込む演出が佐天さんの心の変化を上手く表現してます!
これで佐天さんは前向きに頑張れるようになったのかもしれません!(*´ω`*)

railgun_14-09railgun_14-10

結局、佐天さんの能力の測定結果はレベル0のままでしたけどね。
「・・・でも、また頑張ろう。」
それでも、心の持ち方はこれまでと違って完全に吹っ切れた感じでした。
彼女にとって大変有意義な特別講習になったようですね!(*´ω`*)
私も佐天さんを見習って頑張ってみようかなぁって思ったお話でした。
とりあえず、体育のマラソンを真面目に走る事から始めさせて頂きます。
私は持久力の競技って大の苦手なのです。いつもやる気なくてサボってるw

関連記事