とある科学の超電磁砲 第08話 「幻想御手(レベルアッパー)」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/03/08

とある科学の超電磁砲 第08話 「幻想御手(レベルアッパー)」

railgun_08-01railgun_08-02
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

美琴の演技がとても面白かったです。
黒子は頭をぶつけて大丈夫かな?w

railgun_08-03railgun_08-04

虚空爆破(グラビトン)事件の犯人を捕えたのはいいのですけど、
能力レベルの低さに違和感を感じていた美琴と黒子・・・。
考えが煮詰まったので、気分転換に佐天さんとカキ氷を食べることに。
ただの食べ比べを間接キスだと思ってしまう黒子は変です!(^ω^;)
女の子同士なら普通にジュースの飲み比べとかよくやるのに・・・。
私なんてしょっちゅうだよw
とにかく黒子は同じイチゴ味を注文したのが間違いでしたね。
頭を地面に打ち付けちゃって、そこまで悔しいことなのかなぁ?w
これからは美琴と違うものを注文することになる黒子でしょうね(^ω^)

railgun_08-05railgun_08-06

初春からレベルアッパーの噂を聞いた美琴と黒子は、さっそく捜査に乗り出します。
男の子受けするような恥ずかしいセリフを堂々と喋っている美琴は演技派だねぇ(笑)
・・・てか、喋り方だけじゃなく、声色まで変わってるぅー(爆)
また黒子が頭を打ち付けてましたけど、この場合の気持ちはよくわかるw
見ていた私も机に頭を打ち付けたい気持ちでしたわ!www

とりあえず、男達に付いて行って教えてもらおうとしたのですけど、
恐喝されそうになったので素に戻ってましたw
手加減するのは難しいって言ってますけど圧勝してますがな・・・(^ω^;)

railgun_08-07railgun_08-08

美琴にやられた舎弟の仇討ちのために女ボスが登場。
いざバトルをしても美琴の方がやっぱり強かったです。
黒子が止めようとしてましたけどね・・・。
変電所で戦ったので街中が停電になっちゃたみたい。
なんて迷惑な・・・(^ω^;)

railgun_08-09railgun_08-10

今回は花飾りをつけていない初春が新鮮でした。
佐天さんが初春の体を綺麗にしてあげてます♪
何か体の全てを拭いてあげようとしてたし・・・w
さすがに女の子同士でもそれは恥ずかしいゎ(^ω^;)

レベル0を気にしている佐天さんとレベルが低い事を気にしない初春。
「ここに来なければ皆さんと会うことも出来なかった訳ですから・・・。
それだけでも学園都市に来た意味はあると思うんです。」

初春にとって皆と仲良く遊んだりするのが楽しいという事ですね!
それはまったくもって同感です。
私も勉強は全く出来ない程のレベル0なんですけど、学校の友達と会って
話をしたりする事が楽しみで行ってるようなものですから・・・(笑)

railgun_08-11railgun_08-12

グラビトン事件の犯人が意識不明の状態になってしまったみたい。
レベルアッパーを使用するとこうなっちゃうのでしょうか!?(汗)
そこで「脱ぎ女」の木山晴生が診てあげるようですけど・・・。
この木山先生は雰囲気的に只者じゃない感じがします(´・ω・`)
あと、佐天さんがレベルアッパーと繋がりを持つのも時間の問題かも。
ちょっと心配ですね。

関連記事