とある科学の超電磁砲 第06話 「こういうことにはみんな積極的なんですよ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/03/06

とある科学の超電磁砲 第06話 「こういうことにはみんな積極的なんですよ」

railgun_06-01railgun_06-02
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

美琴がジャッジメントのお仕事を体験するお話です。

railgun_06-03railgun_06-04

事件の捜査を手伝いたいと申し出る美琴に対して、好奇心や興味本位で
ジャッジメントのお仕事を甘く見てはいけないと釘を刺す黒子。
・・・この辺は黒子の方が考え方が上なんだなぁって思いました。
ただ注意が行き過ぎて、美琴のパンツなどの趣味にまで及んでたw
さすがにプライバシーまで注意されると嫌ですよね(苦笑)

railgun_06-05railgun_06-06

「あんたは私のママかぁーーーーっ!!!!!!」
そんなことがあったので、美琴は大声で吼えておりましたw
ファミレスの中で、さすがにこれは迷惑行為以外の何ものでもないw
愚痴を聞かされている初春もあきれているかもしれないね~。
私なら絶対に他人のふりをするわwww
とりあえずジャッジメントの仕事があるので初春を連れて行く黒子。
その時、初春が腕章を忘れた事により、美琴にチャンス到来というわけね。
腕章を持ってたので固法先輩に新人ジャッジメントと勘違いされてました。
「はい♪今日から配属になった御坂です♪」

railgun_06-07railgun_06-08

黒子を見返してやるチャンスとばかりに頑張ろうとするのですけど、
ゴミ拾いだったり、道案内だったりと地味な仕事ばかり・・・。
ちょっとこれは美琴にしては拍子抜けですよね(^ω^;)
でもそんな仕事でも大変なのことには変わりありません。
少しは黒子の言っていた事が身にしみて理解できたかもw

railgun_06-09railgun_06-10

美琴って虫が大の苦手みたいですね。これは私と一緒だ(^ω^)
あと子供達にスカートを捲られてからかわれていましたわ。
小さな男の子相手なので電撃を食らわせられないよねぇ(苦笑)
まぁこういう時のために短パンを履くのは正解だったかな。

railgun_06-15railgun_06-11

探していた犬を見つけた美琴が一生懸命に追いかけてました。
こういう時は能力を使っても大丈夫みたいですね(^ω^)
犬の方は確保出来て良かったのですけど、爆弾入りのカバンが
噴水の方に飛んでいっちゃったのでヤバヤバ~な状況でした。

railgun_06-12railgun_06-13

黒子なら一瞬で瞬間移動が出来るけど、美琴はダッシュしないとねぇ。
それでも凄い瞬発力と加速力だったので流石だなぁ~。やるじゃん!
この辺の行動能力も学園都市第3位じゃないの?って思うよ(^ω^)

railgun_06-14railgun_06-16

美琴はジャッジメントの仕事も大変なのだとわかったみたい。
これで黒子や初春の事を少しは見直すのかもしれません。
ただ黒子の前で見直したと言うと襲われるようですがねw
まぁ黒子に襲われるより、寮監さんに怒られる方が怖いかもw

railgun_06-17railgun_06-18

お疲れ気味の美琴でしたけど、カバンの持ち主の女の子から
お礼を言われて少し元気が出てきたかな?(*´ω`*)
地味な仕事もやらなくてはいけないジャッジメントですが、
皆から感謝される事もあるので頑張れるのだと思います。

関連記事