君に届け 第01話 「プロローグ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/01/16

君に届け 第01話 「プロローグ」

kiminitodoke_01-01kiminitodoke_01-02
(C)椎名軽穂・集英社/「君の届け」製作委員会

大人しくて暗い容姿をした女子高生と明るくて爽やかな男子高校生の純愛物語です。

kiminitodoke_01-03kiminitodoke_01-04

OPは、タニザワトモフミさんの歌で「きみにとどけ」

kiminitodoke_01-05kiminitodoke_01-06

爽子は外見が貞子に似ているので、学校の皆から怖がられている女の子。
でも、本当はみんなと打ち解けて仲良くしたいと思っています。
朝の挨拶でも頑張って声をかけているのですけど・・・声が怖い(^ω^;)
本人に自覚はないのでしょうか?みんな固まってるよ~w

kiminitodoke_01-07kiminitodoke_01-08

そんな爽子にも片思いの男の子がいてるのですね。その人の名前は風早翔太君。
彼だけは爽子の事を怖がらずに普通に接していました。彼の良さが伺えます♪
「あの日から風早くんは私の憧れです。いつか風早くん見たいな人になりたいな・・・」
爽子は入学の時に彼と出会った時から好きになったみたいですね。
風早くんは爽子のことを気遣ってあげていました。優しい男の子です。

「爽子。・・・黒沼爽子でしょ。」
さらに風早くんだけは爽子のことをちゃんとした名前で呼んでいました。
些細なことですけど、爽子にとってこれほど嬉しいことはないはずです。
もう風早くんの事を好きになるのもわかる気がします(*´ω`*)
彼のアドバイスのおかげでクラスの子とも仲良くなれそうですよね。

kiminitodoke_01-09kiminitodoke_01-10

肝試しではクラスのために頑張ろうとする爽子が健気で良い♪
お化け役を見事にこなしてました(^ω^)
そんなこんなで風早くんともさらに親密になれそうです。
爽子は風早くんと出会って本当に良かったね♪
もう人生が180度変わったかもしれない。

kiminitodoke_01-11kiminitodoke_01-12

肝試しでのバツゲームの件で風早くんに嫌われたと思って涙する爽子。
そんな彼女の前に風早くんが・・・
「俺、期待しちゃっても良いんだよね?・・・夏休みも黒沼に会えるって。」
なるほど~、この『君に届け』は風早くんの想いでもあるのですね。
何だか一話完結みたいなお話でハッピーエンドでしたよ。
これからどんな展開でお話が続くのか楽しみです(*´ω`*)

kiminitodoke_01-13kiminitodoke_01-14

EDは、CHARAさんで「片想い」

kiminitodoke_01-15kiminitodoke_01-16

少女漫画原作ですけど、その中でも正統派の部類に属しますね。
雰囲気的には「僕らがいた」に匹敵するくらいに素敵な作品になりそうです!
初回はとても好感触でした♪これは期待できそうです!もちろん視聴決定!

関連記事