乙女はお姉さまに恋してる 第12話 「ラストダンスは永遠に」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2009/10/14

乙女はお姉さまに恋してる 第12話 「ラストダンスは永遠に」(最終回)

otoboku_12-01otoboku_12-02
(C)HOBIBOX・CARAMELBOX/おとボク製作委員会

瑞穂はエルダーの勤めを果たすべく、ダンスパ-ティーに出席します。
やっぱり男の子が女子校に通う事は不可能だったのでしょうか!?
ちょっと変わった百合アニメが最終回を迎えることになります。

otoboku_12-03otoboku_12-04

事件の次の日、瑞穂が貴子を守った話は学校中の噂になっていました。
貴子の方も休むことなく生徒会の仕事をしていたので大丈夫そうです。
でも生徒会の皆がまた襲われないように護衛していましたけどね。
そんな2人が気まずい雰囲気のまま次の日を迎えましたが・・・

otoboku_12-05otoboku_12-06

瑞穂が貴子に正直に話そうとしましたけど、避けられて話せそうにありません。
瑞穂は貴子を騙し続けていた事に対して罪悪感を抱いている様子でした。
そして、一方の貴子の方も戸惑いとショックで頭が混乱しているみたい。
今までと違って、よそよそしく挨拶を交わしていたので違和感ありありです。
とりあえず、貴子は瑞穂の正体を黙ってくれているみたいですね・・・。

otoboku_12-07otoboku_12-08

妹達がダンスパーティーの練習のお付き合いを願いに来てました。
みんなは瑞穂と一緒に踊りたくて仕方ないのでしょう(*´ω`*)
瑞穂も気晴らしに踊ったりしている方がいいかもしれません。

otoboku_12-09otoboku_12-10

「母様が卒業したこの学院・・・。私も大好きなみんなと卒業まで迎えたい。」
仲良くなれた皆とお別れする決意が表れているようでした(´・ω・`)
せっかくお母さんの女子高に通えたのに悲しいですよね・・・。
貴子の方は生徒会の仕事をすることで気を紛らわせてました。
ん~、このように中途半端なままだと2人にとってよくありません。

otoboku_12-11otoboku_12-12

そこで、瑞穂が貴子に自分の意思を伝えに行きました。
「ケジメをつけたいのです。私の・・・エルダーとしての最後の務めとして。」
貴子に気遣って扉越しに話かける瑞穂が何ともいえません。
瑞穂はダンスパーティーの後で学園を去ることを伝えました。
それを聞いて貴子が号泣していました。これはさらにショック。
この涙は瑞穂にいて欲しいという気持ちを表していますよね。
ただ、生徒会長としての立場もあるので板ばさみなのです・・・。


otoboku_12-13otoboku_12-14

瑞穂は、奏や由佳里、一子達と一緒にダンスパーティーの会場へ向かいます。
ルージュを使った時や自室から出る時に寂しそうにしていたのが印象的。
これが瑞穂にとって学院での最後の生活となるのかもしれません。

otoboku_12-15otoboku_12-16

会場に入ると生徒達から憧れの眼差しで見られていました。
さすがエルダーだけのことはあります。男の子なのに立派!
もう男の子でもいいから卒業までいて欲しいと思うよ!
普通の女の子以上にお嬢様をしているんですからね♪

otoboku_12-17otoboku_12-18

瑞穂は最後の別れを惜しむかのように奏や一子とダンスをしてました。
もちろん下級生達は瑞穂が学院を去るという事は知りません。
もしその事を知ったら、みんな悲しむでしょうね・・・(>ω<)

otoboku_12-19otoboku_12-20

一人で悩んでいる貴子にまりやが話しかけてきました。
「あんたと私はたぶん似てるんだ。」
「似てる?」
「うん。つまり似すぎて正反対なんだ。私達は・・・」
今までいがみ合ってきた2人がこうやって話すのは珍しいです。
最終回は仲良くなってくれそうな感じがしましたよ♪(^ω^)
「・・・共通しているのはどっちも恐ろしく意地っ張りで素直じゃない。
好きな人に対してはね。だけど瑞穂ちゃんは恐ろしく素直なんだよ。」

もうお互いに瑞穂の事が好きだと認め合っていましたね(*´ω`*)
まりやのおかげで貴子はモヤモヤしたものが吹き飛んだと思う。

otoboku_12-21otoboku_12-22

「お相手願えますでしょうか?」
「喜んで♪」
瑞穂が最後のダンスのパートナーに選んだのは貴子でした。
2人ともとても綺麗なステップでダンスを披露していました。
さすが学院を代表する2人だと思います。素敵ですわ♪(*´ω`*)
瑞穂がダンスをしながら貴子に話しかけていましたけど・・・
「あなたが去る事をここの誰もが望んでいませんわ。お姉様。」
どうやら貴子は瑞穂の正体を隠し続けてくれるみたいです。
好きになった人とは、こんな形で別れたくないですからねぇ(*´ω`*)

otoboku_12-23otoboku_12-24

「お姉様・・・あの・・・私・・・お姉様の事が好・・・」
停電に乗じて貴子は瑞穂に告白しようとしてました(^ω^;)
そして思い切って振り返ってみると・・・天敵のまりやがいたw

otoboku_12-25otoboku_12-26

「仲直りしてもそれとこれとは別。会長さん。」
あらら、先程の雪解けした関係が恋に関しては元通りに戻るわけですねw
どうやら瑞穂をめぐっての三角関係は当分続きそうですわ(^ω^;)
瑞穂もこの2人相手では呆れちゃって物が言えないですよねぇw
まぁ、どちらとも程々に口ゲンカしながら恋愛に頑張ってくださいなw

otoboku_12-27otoboku_12-28

最終回は特別映像とともにEDが流れます。
瑞穂達の今後の生活が描かれていました。

otoboku_12-29otoboku_12-30

一子は・・・いつ成仏するのでしょうかねぇ?w
貴子は瑞穂と一緒にデートして良い感じです。
前にも書きましたが、私は貴子が気に入ってます(^ω^)

otoboku_12-31otoboku_12-32

着物を着ている瑞穂も素敵ですね♪もう一生女の子として生きていきそうだわw
最後のカットを見ると、このお母さんの学院を卒業できたみたいです。おめでとう♪

★総評★
男の子がお嬢様学校に通うという設定に面白さを感じました。
原作はエロゲーらしいのですが、エッチさを全く感じさせずに
とても爽やかに描かれていたのも良かったと思います(*´ω`*)
百合に抵抗がなければ女性の方にも十分オススメできます。
(瑞穂が男の子なので厳密には百合ではないですがねw)
私は美少女アニメではこういう雰囲気の方が好きなのです。
もっとこのような作品が増えてくれたらいいなぁって思います。

関連記事