乙女はお姉さまに恋してる 第02話 「けせない消しゴム」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/10/04

乙女はお姉さまに恋してる 第02話 「けせない消しゴム」

otoboku_02-27otoboku_02-28
(C)HOBIBOX・CARAMELBOX/おとボク製作委員会

女子高生として、そしてお嬢様として振舞っていた瑞穂ですが、
ちょっとしたミスにより男の子であることがバレちゃった!?

otoboku_02-03otoboku_02-04

女子高生として2日目の朝を迎えた瑞穂は今日も女装して登校です。
登校途中では学校中の皆からおはようの挨拶をされていました!
もうすでに学校中のアイドル的存在になっています(*´ω`*)
本当は男の子なのにねぇ~w

otoboku_02-05otoboku_02-06

瑞穂の机の隣には第1話ですれ違った紫苑さんが座っていました。
瑞穂にとっては最初に仲良くなったクラスメイトかもしれません。
あと男の子の瑞穂はキャラ物の筆記用具には免疫がないらしいw
お互いに消しゴムの交換をしてたりして女子高生らしさがあるよ。
とにかく紫苑さんはとても上品なお嬢様って感じがします(*´ω`*)

otoboku_02-07otoboku_02-08

映像では下級生達が授業を受けているシーンが流れてました。
瑞穂もこんな風に授業を受けてやり繰りしているのかもね。
授業を受けるだけでも大変なのに、男の子だとバレないように
しなくちゃいけないから、精神的にも疲れると思います(^ω^)

otoboku_02-09otoboku_02-10

何とかバレないように授業を受けていた瑞穂ですが、
女子トイレで用を済ます事にはまだ慣れないらしいw
そんな時に紫苑さんとすれ違うのですけど・・・
「ごきげんよう。あの、ズボンのチャック開いてらしてよ。」
「す、すいません・・・。あぁーーーーーーーーっ!!!!」
紫苑さんに鎌をかけられて思わず正直に答えちゃったw
「少々付き合って頂けますかしら。宮小路瑞穂さん。」
完全に男の子だとバレて大慌てしていました(^ω^;)
紫苑さんは最初から瑞穂の正体に気づいていたんですね。

otoboku_02-11otoboku_02-12

まりやにその事も含めて話していると、紫苑さんの方から
内緒にしてあげると言われて一安心といったところです。
ん~、瑞穂はもう少し女性としての自覚を持たないと!w

otoboku_02-13otoboku_02-14

ここでいきなり、まりやと紫苑さんがコントをやり始めました。
何だか瑞穂に陵辱されたような事を言ってますよぉ(^ω^;)
規律が厳しいお嬢様学校なので、たまにこのように
ハメを外したりして息抜きするみたいですわww

otoboku_02-15otoboku_02-16

同じクラスの紫苑さんの協力も得ることが出来るので、
瑞穂の学園生活はとても過ごしやすくなりました。
瑞穂と紫苑さんの2ショットは他の女子生徒達には眼福かもw
とりあえず紫苑さんも学校のアイドル的存在なのでしょう。
あと、体育の着替えの時にはまりやと紫苑さんが壁になって
瑞穂の体が見えないように隠してくれましたね(^ω^;)
学校では着替えの時が一番ピンチなのかもしれません。

otoboku_02-17otoboku_02-18

で、自分が男だとバレないように着替えるのは良いのですけど、
他の女の子の着替えをガン見していたらバレちゃうよ~w
その辺はまだまだ男の子の行動が抜けていません(^ω^;)
まぁ、普通の男の子にとっては至福の光景?だから仕方ないかもw
とりあえず、まりやがしっかりと注意していたのが良いですね。
それはそうと、まりやも紫苑さんも瑞穂が男の子と知ってて、
よく本人の目の前で着替えられるなぁって思ったのですが・・・(苦笑)

otoboku_02-19otoboku_02-20

体育の授業ではバスケでダンクシュートを決めちゃったものだから、
さらに女の子達から憧れの眼差しで見られることになりました。
それにここで『エルダー』という耳慣れない言葉が出てきましたね。
みんなが瑞穂の事をエルダー候補にしたがっているようですが・・・。
ちなみにエルダーとは、全校生徒の手本となるお姉様を意味します。
代々受け継がれてきた伝統でもあり、学校の代表みたいなものかな。

otoboku_02-21otoboku_02-22

紫苑さんが病気のために留年していた事が判明します。
それに去年のエルダーは紫苑さんだったらしいです。
病気で入院していたとはいえ、伝統のあるエルダーを
空席にしてしまった事に負い目を感じてました。

otoboku_02-23otoboku_02-24

というわけで、瑞穂がエルダーの最有力候補となるのですが、
その事に対して快く思っていない人物が登場します。
生徒会長の厳島貴子は、瑞穂が編入したばかりなので
エルダーになる事に不快感を示していたのです。
ん~、まりやと口論しているところを見ていると、
あまり2人の仲が良くないらしいね(^ω^;)
でも、お互いにお嬢様言葉で口ゲンカしてるのが良かった。
この辺もさすがお嬢様学校だなぁって思います(*´ω`*)

otoboku_02-25otoboku_02-26

さて、瑞穂としては全く不可抗力的な出来事により、
貴子に目を付けられてしまいました・・・。
エルダーの選抜は瑞穂と貴子の一騎打ちになるのでしょうか?
ますます大変な女子校生活になりそうな予感がしますね(^ω^)

関連記事