青い花 第01話 「花物語」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/09/09

青い花 第01話 「花物語」

aoihana_01-01aoihana_01-03
(C)2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会

女の子が女の子に恋する素敵な物語です♪

aoihana_01-02aoihana_01-04

OPは、空気公団さんの「青い花」です。
絵からして百合ですね~♪この雰囲気は期待できる!w

aoihana_01-05aoihana_01-06

この作品の主人公は、違う高校に通っている2人の女子高生。
眼鏡をかけている背の高い女の子が万城目ふみです。
一方、セーラー服を着ている女の子が奥平あきらです。
この2人が電車の駅のホームで出会う事により、物語が始まります。

aoihana_01-07aoihana_01-08

ふみが電車内でチカンされていたところをあきらが助けてあげてました♪
あきらって勇気あります。私だったら、ふみみたいに泣き寝入りしちゃう・・・。
とにかく、あきらは元気な子で、ふみは大人しい感じの子なのかもしれない。

aoihana_01-09aoihana_01-10

「お姉様方、おはようございます。」
あきらの通う学校は鎌倉にある名門のお嬢様学校のようですね。
小さな女の子達が可愛らしく挨拶している姿が微笑ましいよ♪
私の学校にも付属の幼稚園がるのですけど、こんな挨拶はされない;
「今日から私は高校生。今日から私は藤が谷のお嬢様。」
あきらにとっては憧れの女子高に入学出来て嬉しいといった感じです。

aoihana_01-11aoihana_01-12

ふみの通う学校は県内でも偏差値の高い松岡女子高等学校です。
休憩時間でも本を読むふみの姿を見ていると頭が賢そうです。
そして3人のクラスメイトがふみを演劇部に誘おうとしていました。
ふみは背が高いから男役にはピッタリというわけかな(^ω^)
しかしながら、ふみは演劇部に入るつもりはないみたい・・・。

aoihana_01-13aoihana_01-14

あきらは外部から高等部に入ったので友達がいなくて寂しそうでした。
でも、そんな彼女に声をかけてくれたクラスメイトがいました。
彼女の名前は井汲京子。あきらの最初の友達になってくれそうです。

aoihana_01-15aoihana_01-16

ふみとあきらは運命的な再会をすることができました。
10年ぶりの再会みたいです。幼馴染だったんですね。
「ほら、この身長差。昔は私の方が大きかったのにねぇ・・・。」
お互いに見違えるように変わっていたみたいです。
でもこの後の一言が少し余計でしたけどねぇ(^ω^)

aoihana_01-17aoihana_01-18

ふみには、もう一人想っているお相手がいました。
その人はふみの従姉妹で千津。もちろん女だよ~w
千津の話ではふみの胸は小さくても形が良いらしいよw
いったいそんな事をどうして知っているのでしょうね?w
「・・・ごめんね。」
悲しい事にその千津は近々結婚するみたいです。
ふみは失恋のショックで呆然としていました(^ω^;)
あの時、手を握っていたのは何だったんだろう?
何だかもっと踏み込んだ関係のようにも感じられます・・・

aoihana_01-19aoihana_01-20

「(そうだよね・・・従姉妹で・・・女で・・・当たり前だよね。)」
ふみは失恋のショックを引きずってまだ泣いていました。
これはもしかすると正真正銘の○ズですか・・・(^ω^;)
「ふみちゃんはすぐ泣くんだから。」
ふみにハンカチを差し出すあきら・・・。
これで最初のフラグが立った感じでしょうか?(*´ω`*)
「(その一言は10年の月日を軽く飛び越えた。)」
どうやらふみの失恋を癒すのはあきらみたいですね。
この2人がこれからどうやって愛を育むのか楽しみです♪

aoihana_01-21aoihana_01-22

EDは、Ceuiさんの「センティフォリア」
作品の雰囲気に合わせている感じです。

aoihana_01-23aoihana_01-24

これは私的にはかなり高評価ですよ!(*´ω`*)
絵も音楽も繊細な感じがして私好みな感じです。
やっぱり私には王道の百合アニメが合ってます。
あとはキャラの心情をどう描かれていくのか楽しみです。
とりあえず女性向けの作品らしいので期待したいですね。

関連記事