とある魔術の禁書目録 第17話 「大天使(かみのちから)」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/08/17

とある魔術の禁書目録 第17話 「大天使(かみのちから)」

index_17-01index_17-02
(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX

土御門の正体と本当の力とは・・・

index_17-03index_17-04

「何で魔術師の真似事なんてしてるんだ!?」
上条君がお父さんにオカルトの事について詰め寄って尋ねてました。
するとお父さんは事情が飲み込めたようで観念したように話し始めます。
お父さんがオカルトにハマっているのには重要な理由があったのです。
「どんな目に遭おうが、俺の道は俺が歩く!」
色々と話しているうちにお父さんがエンゼルフォールの術者でないことが
わかってきました。そうすると、一体誰の仕業なのでしょうね?

index_17-05index_17-06

ミーシャがお父さんが術者だと思って抹殺しようとしていました。
「神の命なしに人を殺せないはずなのに、それすらも忘れましたか?」
神裂がミーシャの正体を説明してくれましたが、私には理解不能w
とにかくミーシャは自分の目的のために世界を滅ぼそうとしてる?

index_17-07index_17-08

ミーシャから翼が生えた!?そして、とても恐ろしい目をしています(´・ω・`)
「かつて私の前であの子の命を救った時ように、
今度は私の命を救ってもらえると助かります。」

神裂が一人でミーシャと戦っていました。ん~、凄い刀の切れ味だよ(^ω^;)

index_17-09index_17-10

「いいぜ、認めてやる。これより上条当麻は土御門元春の敵だ。」
ここで親友の上条君と土御門が戦う展開になるとは思いませんでした。
ほんと、学園都市にいる人は一癖も二癖もある人ばっかりだわ(汗)
そして格闘バトルでは元春が上条君を圧倒してましたよ・・・。
もしかしてレベル5並みのパワーを持っているのかな?(^ω^;)

index_17-11index_17-12

土御門が魔術を使うと体に大きな負担がかかってました。
命がけでエンゼルフォールの完成を阻止しようとしますが、
口から大量の血を吐いて倒れてしまいました・・・(汗)
とりあえず土御門のお陰でミーシャを倒す事に成功です!
まさかこのままご臨終なの?って思ったよ・・・

index_17-13index_17-14

上条君はもうこの病院の常連客みたいなものですね~w
そこに死んだと思っていた土御門がやって来たから驚きです!
肉体再生能力があるとかいってましたけど、これって凄いんじゃない!
この人の言う事はいったいどれが本当の事なのかわからないけどねぇw
とにかく上条君の記憶が無くなっていても、両親との愛情や
絆の深さを知ることが出来たので良かったです♪(*´ω`*)

関連記事