とある魔術の禁書目録 第03話 「必要悪の教会(ネセサリウス)」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/12/26

とある魔術の禁書目録 第03話 「必要悪の教会(ネセサリウス)」

index_03-01index_03-02
(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX

インデックスが記憶する10万3000冊の魔道書の恐ろしさ。

index_03-03index_03-04

大ケガをしたインデックスを部屋に匿う事になった小萌先生。
するとインデックスが起き上がって何やら魔方陣を描き始めました。
この時の喋り方も機械的で、最初の頃に比べて異質な感じがします。
いったいどちらのインデックスが本物なのでしょうね?
まさか多重人格なのかなぁ?って思ってしまいました(´・ω・`)
そして小萌先生がイメージして召喚獣を作り出してましたよ(^ω^;)
これは何かから自分達を守るために呼び出したのでしょうか?
それとも傷口を治す召喚獣なの?見ていて良くわからなかったです。

index_03-05index_03-06

とにかくインデックスの傷口は塞がっていたので安心かな?
小萌先生のパジャマを着ているインデックスも似合ってます(^ω^)
インデックスは胸が窮屈って言ってましたけど、小萌先生と
あんまり変わらないんじゃないの?って突っ込んだよw
それはそうと小萌先生はなぜあんなパジャマを着るんでしょう?w

index_03-07index_03-08

「上条ちゃん達が危ない橋を渡っていると知って、
黙っているほど先生は子供ではないのです。」

子供っぽい小萌先生ですけど、生徒を心配している姿を見ると、
やっぱり立派な先生なんだなぁって思いました。でも可愛い♪w
「先生が赤の他人だったら遠慮なく巻き込んでいるけど、
先生には借りがあるんで巻き込みたくないんです。」

上条君もインデックスを助けたり、先生に気を使ったりと優しい♪
他人が困っていたら助けたくなる性格の持ち主なんですね(*´ω`*)

index_03-09index_03-10

「知りたい?私の抱えているものホントに知りたい?」
インデックスが自分の抱える事情や十字教の事を話し始めました。
特に10万3000冊の魔道書の話はとても重要で、なぜインデックスが
狙われているのかがわかってきました。ちょっと可哀相な子です・・・。
ちなみにイギリス清教「必要悪の教会」所属のシスターらしい。
あと、細かい会話の内容も記憶するのが得意みたいだねぇw
でも、自分の記憶がなくなっているという事も話してましたよ。
記憶喪失になった原因すらもわかっていない事も・・・

index_03-11index_03-12

ステイルと共に登場した女性は神裂火織。日本刀のような物を持ってます。
ステイルと同じくイギリス清教「必要悪の教会」の魔術師なのでしょうか?
とにかくジーンズやシャツを短く切って露出しているのが印象的だよ♪
また上条君に災難が降りかかってきそうな予感がします(^ω^;)

関連記事