夢使い 第11話 「過去から来た悪夢」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/09/07

夢使い 第11話 「過去から来た悪夢」

yumetsukai_11-01yumetsukai_11-02
(C)植芝理一/講談社・ポニーキャニオン

塔子と同じお面を被った女の子が登場するお話です。
とても強力な悪夢が塔子を苦しめていました・・・

yumetsukai_11-03yumetsukai_11-04

第9話での榊さんの件で塔子は心が沈みっぱなしでした。
どうやらお父さんの事を思い出してしまったようです。
度々挿入されているシーンを見ている限り、お父さんは
塔子を庇って命を落としてしまったようですね(´・ω・`)
相当手強い悪魔だったに違いありません・・・。

yumetsukai_11-05yumetsukai_11-06

おもちゃ店にお面を被った変な女の子が依頼にやって来ました。
このお面は塔子が持っているキツネのお面と全く同じです!
それに声が少々塔子に似ているのも気になるところでもあります。
とりあえず塔子はその子の依頼を引き受ける事にしました。

yumetsukai_11-07yumetsukai_11-08

「お父さんの事、聞いても良い?死んじゃった時の事。」
燐子はお父さんの記憶がないので聞きたがってました。
そこで、お父さんの事を話してあげる塔子・・・
「お母様が亡くなっても、塔子はいつまでもお父様のそばにいます。」
塔子が寂しい思いをしているお父さんを慰めようとしてました。
いつもお父さんと一緒でとても好きだったのでしょう(*´ω`*)
だから亡くなってから世捨て人になっちゃったのかな?ただ・・・
「存在してはいけない。でも存在しなくてはならなかった悪夢。」
お父さんを亡くす原因となった悪夢について呟いた言葉が気になります。

yumetsukai_11-09yumetsukai_11-10

秘密基地の場所というのは5年前のお父さんを亡くした場所でした。
そこで塔子はお父さんからキツネのお面を授かってましたね。
でも、塔子が何かに操られるようにこの場所に来ているようにも
見えたのがとても気になるところでもあります。

yumetsukai_11-11yumetsukai_11-12

お父さんは塔子を悪夢から守るために亡くなってしまいました。
大好きなお父さんを亡くした塔子はショックだったことでしょう。
あと、塔子が左目をケガしていたのですが、あの不思議な夢見の
能力はこの時から使えるようになったのかもしれません。
とにかく塔子にとってはとても辛い思い出だったのです。

yumetsukai_11-13yumetsukai_11-16

依頼人のお面の女の子が襲い掛かってきました。
塔子だけを狙っているのにも理由がありそうです。
とても強かったので塔子と燐子はその場から逃げます。

yumetsukai_11-17yumetsukai_11-18

橘さんも助けに来てくれたのですが、相手の方が強力すぎ!
「燐子、ごめんね。」
ここで、塔子がみんなを守るために生贄に!?(>ω<)
まさか塔子は死ぬ事を望んでいるのでしょうか?
何らかの罪を償おうとしているようにも感じます(汗)

yumetsukai_11-19yumetsukai_11-20

燐子が無事だったので安心しました。橘さんナイスです!
しかし、燐子にとってはお姉ちゃんの事が心配ですよね。
今のところはドリーム・サイクロンの修理と三時花ちゃんの
到着を待つしかなさそうです。塔子の方はというと・・・
「あなたは罪を償わなくてはならない。」
「そう・・・私がお父さんを殺したのだから・・・。」
とても重要な事を言ってるような気がします(>ω<)
いったいどういう意味なんでしょう・・・。
お父さんの死には何か謎が隠されているのでしょうか?
それにお面を被った女の子の正体も気になります(´・ω・`)

関連記事