夢使い 第09話 「闇に棲む少年」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/09/06

夢使い 第09話 「闇に棲む少年」

yumetsukai_09-01yumetsukai_09-03
(C)植芝理一/講談社・ポニーキャニオン

何事も夢まぼろしと思い知る。身には憂いも喜びもなし。

yumetsukai_09-04yumetsukai_09-02

夕焼けの景色を眺めている塔子に話しかける男性がいました。
「君が捨てるほどでもないよ。この世界は・・・」
とても謎めいた雰囲気を持つ男性です。一体何者なのでしょう?
今回は彼と塔子が哲学的?っぽい感じで会話をしてました。
私の頭ではちょっと理解しにくい部分がありましたよ(苦笑)

yumetsukai_09-05yumetsukai_09-06

街で色んな事故が発生しているために調査を始める塔子達。
悪夢が道路や壁に多くの亀裂を作っているのでしょうか?
ただ、龍を見たという目撃者が多い点が気になるところ・・・。

yumetsukai_09-07yumetsukai_09-08

匿名で依頼をしてきた女子高生から話を聞いてみると、
彼女の恋人もまた龍を見たらしいです・・・。
とにかく龍という共通点は有るのですが原因は不明のまま。
そして塔子は調査の途中でビルで出会った男性と遭遇してました。
「人の思いが悪夢となり、時として不可解な現象を起こすのなら、
これは僕の悪夢だ。」

今回の事件の悪夢はこの榊という人が生み出したらしいよ(´・ω・`)

yumetsukai_09-09yumetsukai_09-10

事件の目撃者達が見た龍が街の中で暴れまわってました。
塔子が一人で戦って倒すことが出来たのですが、
榊さんがすでに姿を消してしまっていました・・・。
こんなに大きな被害を及ぼす悪夢を生み出しているので
急いで彼を探さないといけません(´・ω・`)

yumetsukai_09-11yumetsukai_09-12

依頼人の女子高生・祐未は榊さんの事が好きだったんですね(*´ω`*)
彼の事を救いたくて夢使いに仕事を依頼してきたのでしょう。
実は今回の事件の背景には榊さんだけではなくて、
彼女にも深く関わっている部分がありました(´・ω・`)

yumetsukai_09-13yumetsukai_09-14

塔子は再びビルの屋上で榊さんと出会いました。
「あなたはこの世界に希望も絶望も抱いていない。何も持っていない。
あなたの思い・・・それは虚無です。」

榊さんの思いがあまりにも深いので、これほどの破壊力のある龍を
呼び出してしまったらしいよ。それにまだ終わっていないらしい。
とにかくこのままでは街が消滅の危機に瀕してしまいます(´・ω・`)

yumetsukai_09-15yumetsukai_09-16

榊さんが生み出したはずの龍が何故か榊さんに襲い掛かってきました。
これはおそらく祐未の悲しい思いが動かしていたのかもしれません。
祐未は榊さんに自分の気持ちが通じない事を知ってましたから・・・。

yumetsukai_09-17yumetsukai_09-18

「これで良い。僕はこの世の世界と共に・・・。」
榊さんは夢使いの救いではなく、龍と共に消える事を選びました(´・ω・`)
彼にとって全てが無価値であるので壊れても良いと思っていたのです。
自分自身も消滅して刹那から永遠への存在となる事を望んでいたのかも。
とても難しい会話をしていたので、正確にはわかりませんけどね(´・ω・`)

yumetsukai_09-19yumetsukai_09-20

「悪夢が消えた!?夢の持ち主の命と引き換えに・・・。」
塔子は榊さんを救えなかった事に少しショックを受けている感じです。
でも、あれは榊さんが選んだ運命なんだから仕方ないと思います。
彼はこの世に対する物事の考え方がとても純粋すぎたので、
上手く生きる事ができなかったのでしょう・・・(´・ω・`)
あと最後に幼い頃の塔子とお父さんが描かれてましたけど、
これは最終回への重要な伏線になっています。

関連記事