AIR 第06話 「ほし -star-」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/08/18

AIR 第06話 「ほし -star-」

air_06-01air_06-02
(C)Visual Art's/Key/翼人伝承会

空にはとても寂しそうにしている女の子がいる・・・。
女の子はいつも悲しい夢を見るだけで、他には何もない。
幸せになれないから悲しい夢を見るしかない・・・。

air_06-03air_06-04

往人は美凪と廃駅で寝泊りする生活を送っていました。
美凪がとても美味しそうな朝ご飯を作ってくれています。
もちろん観鈴みたいにセミの味なんかはしません(^ω^)
2人ともこれからずっと廃駅で生活するのでしょうか?(´・ω・`)
あと往人は観鈴の送り迎えと人形芸の稼ぎも続けています。
観鈴の見る夢はさらに話が進展しているようです・・・。

air_06-05air_06-06

みちるは美凪が家出をしてきた事にとても心配しています。
「やっぱりこのままじゃダメだよ。美凪はもう夢から覚めないといけないのに。」
そして、往人は美凪のお母さんの様子を見て、ある決心をします。
「一緒に来ないか?遠野。お前に見せてやりたいんだよ。世界をな・・・。
夢なんかじゃない本当の世界をな。一緒に行こうぜ、世界を見つけに。」

往人は美凪を連れて町を出て行こうとしていました!?
美凪は未練を残しながらも往人についていってました。
男性と一緒に旅をするのって好きじゃなきゃ出来ないよね。
美凪が往人の事を好きなんだなぁって思わせるシーンです♪

air_06-07air_06-08

往人がある場所で立ち止まるわけですが、そこは美凪の家の前。
「みちるが言ってたぞ。寂しそうな美凪は見たくないって・・・。
これからどうするのか、あとは自分の意志で決めろよ。
なんなら俺とホントに旅に出てもいい。連れてってやるよ。」

美凪に家に帰るのか?それとも旅に一緒に行くのか?聞いていました。
往人は美凪だけじゃなく、みちるやお母さんの事も心配しているのです。
だから少々強引気味でもこういった行動をとったのだと思います。

air_06-09air_06-10

「選択は自由だ。お前の・・・遠野美凪自身の意思で決めるんだ。」
美凪はお母さんの病の原因を作ってしまった事で、自分の意思表示を
ためらう行動してきました。今度は美凪の自身で決めて欲しいですね。
・・・で、美凪が選択した行動というのは、家に帰る事でした。
「お母さん。」
美凪の言葉にお母さんが振り向いてくれました。

air_06-11air_06-12

「美凪・・・。」
お母さんは美凪に触れて、過去の出来事を思い出す事ができました。
娘の存在だけではなく、美凪の存在も認めてくれるようになりました(*´ω`*)
これで美凪は本当の美凪自身として一緒に暮らせるというわけですね♪
色々とギクシャクした2人ですけど、これからは支え合ってほしい(>ω<)
あと、往人は2人のために良い仕事をしてくれたと思います!

air_06-13air_06-14

廃駅でみちるは往人に空の女の子の話をしていました(´・ω・`)
ここのシーンは物語の核心に近い事を言っているので重要ポイント!
「女の子の背中にはとても傷ついた羽がある。不思議な力のある羽。
それにはいっぱいの人達が見た、いっぱいの思い出が詰まってる。」

みちるの話は佳乃の時の白い羽と話が繋がっていました。
佳乃もみちるも白い羽の力で夢を叶えられたのですね。
「人間は思い出がないと生きていけないんだよ。でもね、それなのに
思い出だけでは生きていけない。夢はいつか覚めないといけない。
覚めない夢はいつか悲しみに変わっちゃうから・・・。」

だんだんみちるの存在について気づき始めた往人・・・。
もちろん視聴者にもわかりやすく描かれていました。
(あと、翼を持つ少女についてもある人物で確定っぽい?w)
「みちるはね、夢の欠片。ここにいるのはただの夢。でもね、凄く
楽しい夢だったよ。凄く幸せだった。みちるは・・・本当のみちるは、
この世に生まれてくる事は許してもらえなかったけど・・・。」

みちるは美凪の本当の妹でもあったわけなのです!(*´ω`*)

air_06-15air_06-16

不思議な羽によって姉の美凪を救いたいという夢を叶えられました。
この世で出会えるはずのない姉妹がこうして遊んだり出来て素晴らしい!
ただ、みちるの言うとおり、この夢から覚めないといけないのかも!?(>ω<)

air_06-17air_06-18

美凪がみちるを自分の家に招待してあげます。
みちるをお母さんに会わせてあげたいのです(*´ω`*)
この時のお母さんを見ているともう大丈夫そうです。
心の病から完全に立ち直る事ができていました。
みちるもお母さん達と食事が出来て嬉しいそう♪
「さようなら・・・お母さん。」
そして心の中でお母さんにお別れを言ったみちるでした・・・

air_06-19air_06-20

ついにみちるとのお別れの時を迎えます・・・
「美凪。美凪はいつも笑っていてね。笑ってバイバイって言ってね。」
美凪に笑顔でお別れをすることを願うみちる・・・。
もちろん美凪は泣きたい思いでいっぱいです(>ω<)
そんな美凪にみちるが言います・・・

air_06-21air_06-22

「大丈夫だよ。夢から覚めても思い出は残るから。だから笑って。
みちるとの思い出をずっと楽しい思い出にしてよ。
これは美凪にしかできない事だから。美凪、約束だよ。」

笑顔でお別れしようとお互いに必死に笑顔を作っていました。
でも笑顔でも目からは大粒の涙を流し合っていましたよ(>ω<)
「ずっとずっと笑い続けて、世界が沢山の笑顔でいっぱいになって、
みんなが暖かくなって生きていけたらいいね。」

「うん。・・・みちる・・・バイバイ。」
みちるは白い羽となって空へと帰っていきました・・・
「ありがとう・・・みちる。」
もうこのシーンは涙なくしては見られません(>ω<)

air_06-23air_06-24

美凪のお父さんから手紙がやって来たので一度遊びに行くことにします。
お父さんは離婚した後、再婚相手との女性との間に女の子を産んでいました。
「遠野!飛べない翼にも意味はあるさ!」
往人が美凪を勇気付けるように言っていましたよ。
今まで会いに行く事をためらっていたのですね。

air_06-25air_06-26

そして、義理の妹に会ってみると・・・やっぱりといった感じです♪
まさに、みちるの生まれ変わりのように似ている女の子です(*´ω`*)
それだけではなくて、その子の名前もおそらく・・・
はっきりとは語られていませんけど、きっと名前もみちるなんでしょう。

air_06-27air_06-28

今回で美凪編も無事にハッピーエンドを迎える事になりました。
私は原作でも美凪編はとても気に入っているんですよねぇ♪
この美凪編だけでも一般的な美少女ゲームの内容を遥かに
超越したものになっていると思っています(*´ω`*)
このアニメでも上手くまとめられているなぁって思いました。
とても感動させていただきましたっ♪O(≧▽≦)O

関連記事