アマガミSS 第07話 「棚町薫編 第三章 ウラギリ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/10/17

アマガミSS 第07話 「棚町薫編 第三章 ウラギリ」

amagami_07-01amagami_07-02
(C)ENTERBRAIN,INC./アマガミSS製作委員会

悩みを聞いてもらえる人が身近にいてると安心ですね。
今回は純一が薫のためにイケメン紳士になってました。

amagami_07-03amagami_07-04

純一は、薫が学校を休んだので少し心配していました。
その事を恵子に尋ねてみますが特に心当たりはないみたい。
前回のラストで薫の様子が変でしたけど大丈夫なのでしょうか?
薫が無断で学校を休んだ事を聞いて、純一の不安が募ってました。
そして学校の授業をサボってまで薫を捜しに行きましたよ・・・。

amagami_07-05amagami_07-06

今までに純一と薫は色んな所に遊びに行ってるんですね。
2人だけの楽しい思い出がいっぱいあるみたいです(*´ω`*)
あと、年頃の男の子とはいえビリアードで女の子の胸元に
注目するのはどうかと思いまぁ~すwww
見てると、もうデートの回想といってもいいくらいです。
今まで付き合ってなかったのが不思議なくらいだわ(^ω^)

amagami_07-07amagami_07-08

「何でなの?お母さん・・・。どうして私と二人じゃダメなの?
一緒に頑張るはずだったんじゃないの?」

薫はお母さんが男の人とデートしている現場を見て
とてもショックを受けてました(>ω<)
どうやら複雑な家庭の事情があるみたいですね。
年頃の子供には戸惑う事があるのかもしれません。

amagami_07-10amagami_07-11

純一はようやくファミレスでバイトをしている薫を発見。
「なぁ、いったい何があったんだよ?」
薫は純一に今までの経緯を正直に打ち明けていました。
こういう時は身近な相談相手に話すのも良いですからね。
「『再婚を考えてる』・・・なんて言うの。」
薫は母親と2人だけで生活していきたいと思っていました。
だから放課後のバイトにも精一杯頑張ってきたのです。

amagami_07-12amagami_07-14

「私・・・私は新しい父親なんていらないっ!!」
まぁたしかに義理のお父さんができたとしても赤の他人ですからねぇ。
その点で薫は複雑な気持ちになっているのでしょう・・・(´・ω・`)
でもお母さんはお母さんで娘の事を考えての再婚かもしれませんよね?
とりあえず純一としてはかなり痛い相談になってましたw
女の子が男子を背負い投げで投げ飛ばすのって凄いと思うww

amagami_07-15amagami_07-16

純一が薫に優しく慰めてあげてたのが良かったです(*´ω`*)
薫は純一に話を聞いてもらえた事で少しは落ち着いたかな?
「薫。僕もその・・・薫の力になりたいんだ。」
今回の純一は何気にイケメンになっていますっ♪(^ω^)
「あんたがそばにいてくれなきゃ、いやだよ。そばにいてよ。」
薫も純一が頼もしく感じているのでしょうね(*´ω`*)
遊びだけじゃなく、お互いの気持ちも身近になってきてるよ。
そしてお別れの時に純一が・・・
「僕はいつもすぐそばで薫を応援しているよ。」
もう今回の純一はどうしたのでしょう!?変態紳士を返上だよ。
・・・まぁ以下のセリフさえなければの話ですけどねw
『決まったぁ♪今の僕、結構カッコいい?』(・ω<)b
自画自賛する純一に笑っちゃいましたぁ♪(^ω^;)

amagami_07-17amagami_07-18

お風呂の中で薫への想いに気づきつつある純一。
タコのように体中が真っ赤になってのぼせてました。
せっかくカッコよく決めていたのに台無しだぁw

amagami_07-19amagami_07-20

次の日、学校に行ったら薫がちゃんと登校してました。
「テンキュね♪」
薫が頬を赤く染めながら感謝してました(*´ω`*)
純一のフラグ立てが順調に成功しているようです♪

関連記事