地獄少女 三鼎 第16話 「誘惑の罠」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/08/05

地獄少女 三鼎 第16話 「誘惑の罠」

jigokushoujo3_16-01jigokushoujo3_16-02
(C)地獄少女プロジェクト/三鼎製作委員会

人を地獄に流した男性の未来を描いたお話です。
今回は、少しばかり趣向が凝っていました。

jigokushoujo3_16-03jigokushoujo3_16-04

ゆずきは糸を引こうと考えている男性とすれちがいました。
すぐ止めさせようと追いかけますが、金縛り状態で動けません。
それは閻魔あいちゃんの仕業だったのです(´・ω・`)
「地獄少女!?そこをどいて。」
「行ってもムダよ。」
ゆずきの前にあいちゃんが立ちはだかります。
すると、男性は糸を引いてしまいました(´・ω・`)
今回はやけに早かったです!でも、これには理由がありました。

jigokushoujo3_16-05jigokushoujo3_16-06

糸を引いた男性・名和章宏は町工場で働いていました。
でも、内向的な性格のため同僚達とはあまり話しません。
せっかくの合コンのお誘いも断っていました(´・ω・`)
でも誰かを地獄に流したので胸にはアザがあります。
地獄へ流した後の様子を描くのは珍しいですよね。
そんな彼は仕事が終わると小さな女の子の加世と遊んであげます。
子供好きの優しいお兄さんって感じでしょうか(*´ω`*)
こんな人が地獄に流すほどの恨みを持つとは考えにくいです。

jigokushoujo3_16-07jigokushoujo3_16-08

町工場に新しい事務員の女性・宮嶋幸がやってきます。
彼女はとても美人なので会社の男性達からモテてました。
でも食事のお誘いには困りながら断っていましたよ。
あらら・・・おごってくれそうなのにもったいないw
でも名和に対しては自ら食事に誘っていたのが奇妙です。

jigokushoujo3_16-09jigokushoujo3_16-10

宮嶋は、困っているところを助けてくれたお礼に名和にお昼ご飯をおごります。
「おいくつですか?」
「出身は?」
「趣味は?」
「彼女は?」
「家に帰ってから何してますか?」

いろいろと尋ねていましたよ。彼に興味を抱いている感じがします・・・。
それに対して名和は彼女の質問に淡々と答えていました。・・・暗いw
美人を目の前にしても、あんまり嬉しくないようです(^ω^;)
「なんとなく名和さんって人がわかったような気がします。」
宮嶋が名和の事を理解したような事を言ってました・・・
見ている私には全然わかりませんけどね(^ω^;)
名和と宮嶋は親交を深めて、お食事やショッピングしてました。
そして、名和の部屋に来て食事の用意までしようとしてました。
もう宮嶋が名和に惚れているようにしか見えませんでした。
この後で宮嶋の方から逆プロポーズもしてたし・・・(*´ω`*)

jigokushoujo3_16-11jigokushoujo3_16-12

名和は、行方不明になった中島のことについて話しました。
一緒に加世と遊んであげていたのは本当のようです。
でも、中島が撮った写真を見て、名和はあることに気づきました。
中島がローアングルからの写真を撮っていたことを・・・。
同じ子供好きでも、意味合いが異なっていたということです。
これを見ている『なかよし』読者にとっては防犯に役立つお話です!

jigokushoujo3_16-13jigokushoujo3_16-14

名和は中島にそのことについて話を聞きに行ましたが・・・。
「そう騒ぐなよ。お仲間だろ。」
完全に開き直って反省も何もありませんでした(´・ω・`)
全く悪い事をしていないと考えてますよ!
このままじゃ加世が危ないので地獄へ流せ!w
・・・ていうか、もう流されているのかな?(^ω^;)

jigokushoujo3_16-15jigokushoujo3_16-16

名和は宮嶋の家に行ったのですけど、そこで彼女と中島の
2ショット写真を見つけてしまいました。
「高校の先輩だったの。卒業してからずっと付き合ってた。」
名和は衝撃の事実を突きつけられましたね。
ようやく地獄流しモードに入りました(^ω^)
「彼のこと好きだったの。彼のためなら何だってやるわ。」
本性をここまで隠し通せるとは・・・。
女が本気になると怖いのです!p(^ω^)q
「てっぺんから地獄に突き落としてあげる。」
ワラ人形を取り出した宮嶋は名和を地獄に送りました。

jigokushoujo3_16-17jigokushoujo3_16-18

そして、ここでいつもと違うパターンです。
「未来よ。あの人の・・・。」
今までの出来事はゆずきが見ていた夢?のようです。
その夢をあいちゃんが見せていたのです(´・ω・`)
まさかこんな隠し能力があったとは・・・
ゆずきだけじゃなく私もビックリだわ(^ω^;)

jigokushoujo3_16-19jigokushoujo3_16-20

「恨み、恨まれ、また誰かを恨む。流し、流され、また誰かが流される。
繰り返しをわたしは何度も見てきた。誰にも止められないわ。」

「でも誰かが止めなくっちゃ。そんなの・・・そんなこと間違っているもの。」
ゆずきはあいちゃんに訴えかけますが・・・。
「好きにすればいい。」
そう言い残して立ち去ったあいちゃんでした。
ゆずきは名和を探すために町の雑踏の中に消えていきました。
果たして彼の運命を変えることは出来るのでしょうか!?

jigokushoujo3_16-21jigokushoujo3_16-22

今回は、珍しく糸を引いた後のお話でした。
そのために、誰が誰を流すのかがわからないようにしてありましたね。
私は最後まで宮嶋が名和を流すものとは気づきませんでしたよ。

プロポーズする時に顔を赤くしてましたから、本気だと思ってしまいますよね。
名和だけでなく、視聴者もだます上手いお話だなぁと思いました。
とりあえず加世のためにも名和を地獄に流して欲しくないと思います。

関連記事