地獄少女 三鼎 第06話 「わたしのセンセイ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/07/30

地獄少女 三鼎 第06話 「わたしのセンセイ」

jigokushoujo3_06-01jigokushoujo3_06-02
(C)地獄少女プロジェクト/三鼎製作委員会

曽根アンナ先生に恋した女子生徒の百合物語です。
ナルちゃんな一目連の喜怒哀楽も見逃せませんよw

jigokushoujo3_06-03jigokushoujo3_06-04

地獄通信で地獄に流す相手の名前を書き込む女子生徒、夕菜
書き込んだ相手の名前は「石元蓮」・・・そうです一目連だったのです。
もしかして、地獄組が恨まれる事って初めてじゃないでしょうか?
今回は冒頭からワクワクさせてくれますわ(^ω^)
「一目連、あんたいったい何したんだい?」
骨女は当然何があったのか聞いていました。
一目連は木に手をついて、かなり考え込んでいましたね(^ω^;)
かなりショックを受けている?・・・そしてようやく口を開いたと思ったら、
「何も・・・。あえて言うならこの美貌が悪いのかなぁ・・・」
ショックどころか、むしろ喜んでます。一目連が本領発揮してきましたぁ(笑)
一目連の周囲にピンク色の薔薇が咲き乱れておりましたよ(^ω^;)
前からわかっていたけど、ここまでナルシストだったとは・・・w

jigokushoujo3_06-05jigokushoujo3_06-06

一目連は、まだまだ言ってましたよね。
「女ってのは優しくするとつけあがるの!言葉の次は電話。電話の次はデート。」
私の中で一目連の好感度が下がったのは確かです!
きくりちゃん!いっぺん流しちゃってもいいよっ!w
一目連は自分を地獄に流そうとした夕菜を調べますが、
夕菜の携帯待ち受けにはアンナ先生の画像がありました。
そうです。夕菜は一目連ではなく骨女に恋していたのです♪
「ごめんなぁ、骨女ぁ・・・。オレみたいにイケてない男と噂になって・・・。」
一目連は冒頭のナル状態から表情が一変してしまいました(^ω^;)
もう今回は一目連が影の主役ですなぁ~www

jigokushoujo3_06-07jigokushoujo3_06-08

骨女は綺羅という女子生徒からも好かれていましたよ(^ω^;)
この学校の生徒は百合とかBLの生徒しかいないのか?w
とりあえず、綺羅は夕菜の事をずいぶんと妬んでいました。
骨女を好きになった者同士なので三角関係に発展してますw

jigokushoujo3_06-09jigokushoujo3_06-10

骨女も夕菜の事を調べてました。骨女が好きな夕菜は嬉しそう(^ω^)
「その人は恋人がいますから。相手の人はルックスはいいけどナルシストで、
なんていうか女の子に好かれて当然って感じで大嫌い。」

夕菜は一目連のことをズバズバ言い放ちます。全く間違ってはいませんよ!w
「芹沢さんはもっと自分に自身を持っても良いと思うな。」
最後に骨女は夕菜を元気付けるようにアドバイスして別れました。
これだと、さらに骨女へのLOVE度は強くなると思ったのですけどねぇ(^ω^;)
次の日、夕菜は骨女の絆創膏を見せ付けるように登校してきました。
骨女が大好きな綺羅としては面白くありません。
綺羅もそうだけど、夕菜も腹黒い女なのは確かかな?(^ω^;)
もう好きな女性をめぐって女同士の恋のバトルが勃発ですわ。
なんだか書いている私が解んなくなってきちゃった(^ω^;)

jigokushoujo3_06-11jigokushoujo3_06-12

ついに綺羅は夕菜を地獄に流すために地獄通信をしました。
夕菜に運動靴を捨てられたので綺羅は怒っていたのですが、
その夕菜は勝ち誇ったように言い返していましたね。
「曽根先生が望んだから・・・。あなたがまとわりついてウザイって。」
もちろん夕菜の悪魔のような作り話。地獄流しのフラグが決定だw
「だって私、曽根先生のお気に入りだから。」
さらに夕菜の鬼発言です。その言葉で綺羅は糸を引く決心がつきました!
ほんと女って怖いですね。私が言うのも何なんですが・・・(^ω^;)

jigokushoujo3_06-13jigokushoujo3_06-14

今回のお仕置き地獄コントは運動会です。司会者の一目連が張り切ってるw
「どうも~!一週間のご無沙汰で~す!やってきましたこの時間っ!」
いえいえ、視聴者からすると二週間ぶりのコントなのですけどぉw
一等賞品が曽根アンナ先生なので、夕菜はもちろんやる気満々でした。

jigokushoujo3_06-15jigokushoujo3_06-16

目的のために手段を選ばない夕菜は反則をして地獄組を蹴落としてたw
さっきも書きましたけど、この女は本当に鬼ですわ!(^ω^;)
「地獄に落ちろ!」
最後は、あいちゃんにキックを食らわせて頂点に辿り着いてました。
おいおい、今回は全然お仕置きになってないじゃんって突っ込んだよw
夕菜はついに賞品のアンナ先生に抱きつきます。
そして振り向くアンナ先生の姿は、骨女でした。
そうか!夕菜にとっては、この方がお仕置きになりますよね!(^ω^)

jigokushoujo3_06-17jigokushoujo3_06-18

最後は痛みに絶えながらのあいちゃんの地獄流しでお仕置きが終わりました。
ん~やっぱり、あいちゃんのパワーが落ちてるみたいです。どうしたんだろう?
あいちゃんが「人を呪わば穴二つ」の説法をしておりましたが、時すでに遅しでした。
骨女は自分の事で地獄に行く女子生徒が2人もいるので寂しそうに見送っていました。

jigokushoujo3_06-20jigokushoujo3_06-19

その後、恋のライバルである夕菜を地獄に流した綺羅はというと・・・
なんとビックリ!今度は輪入道を好きになっていましたw
輪入道の周りには菊の花が咲き乱れておりますぅ~(^▽^)
綺羅は女の子なので百合な恋愛をするより、どんな形であれ、
男性を好きになって良かったのかもしれませんね(^ω^;)
とりあえず、今回は地獄コントを含めて面白いオチでした。

今回はなかなか良かったです。一目連には笑わせて頂きました。
流された夕菜も見事な悪役ぶりでしたので、スッキリしましたよね。
それにしても、こんなにも生徒が消えているこの学校は大丈夫なの?w

関連記事