激闘は憎しみ深く - アニメとゲームと恋の楽園
2019/08/25

激闘は憎しみ深く

2019-08-24_05.jpg

「機動戦士ガンダム」の第21話はハモンさんが決死の作戦を仕掛けるお話でした。
ハモンさんに残された戦力はもう僅かの状態でしたけど、それでも撤退することなく
任務をやり遂げようとしていたからとてもタフな女性だと思います。
タチ中尉をはじめとする部下達の士気がこの状況でも高いままなのも素晴らしい。
ラル大尉とハモンさんがいかに部下達に慕われているのかが伺えるようでした。
あとハモンさんが出撃前に部下達一人ひとりに握手するところも印象に残りました。
もうこの時には部隊の皆はほぼ生きて帰れない事を覚悟していたのでしょうね。

そんなハモンさん達の特攻作戦をリュウが特攻で阻止するのがまた何とも言えない。
今回のリュウは重傷で苦しくても仲間達を気遣ってあげていたから余計に泣けます。
ホワイトベースの中では戦闘以外の時にも頼りにできる兄貴的な存在だっただけに、
彼の戦死は計り知れないほどの損失といってもいいかもしれません。
ブライト達がリュウの死によって今後どのように一致団結をしていくのか注目かな。
関連記事