地獄少女 三鼎 第03話 「腐った果実」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/07/29

地獄少女 三鼎 第03話 「腐った果実」

jigokushoujo3_03-01jigokushoujo3_03-02
(C)地獄少女プロジェクト/三鼎製作委員会

アイドルになる夢を果たした女の子と果たせなかった女の子の確執。
閻魔あいちゃんによる地獄少女コンサートが開演しておりましたw

jigokushoujo3_03-21jigokushoujo3_03-04

第2話からOP映像が変更になっています。こちらが真のOPということになります。
ゆずきが描かれているのは、この作品におけるキーパーソンだからかな?

jigokushoujo3_03-05jigokushoujo3_03-06

アイドル歌手・森山ジュンは、変質者から助けてくれたお礼として
ゆずきと秋恵を高級ホテルでの食事会に誘ってあげました(*´ω`*)
まさか有名人と一緒に食事が出来るなんてとても嬉しい事ですよね。
ゆずき達はジュンのサインをもらったりして楽しい時間を過ごしてました。
『自分がいつか死んでしまった後も歌い継がれるような歌手になること。』
ジュンはゆずきと秋恵に自分の夢を語っていました。素晴らしい夢です!

jigokushoujo3_03-07jigokushoujo3_03-08

百田昌子から預かった手紙をジュンに渡すと状況が変わってきます。
その中身というのは、いかがわしい姿をしたジュンの写真だったのです。
これらの写真はジュンが売れる前の頃の写真なのでしょうか!?
水着ぐらいならともかく、あの黒い衣装はまずいですよねぇ(´・ω・`)
清純なアイドルとしての危機なのでジュン達の顔色が青ざめてました。
ジュンと昌子の間には何か秘密がありそうです・・・

jigokushoujo3_03-09jigokushoujo3_03-10

ゆずきは、その帰りに昌子に会って昔の話を聞かされました。
ジュンと昌子が同じ事務所に所属していた時に、そこで昌子が
ジュンから酷いイジメ受け続けていたみたいです(´・ω・`)
そのために昌子は歌手になる夢を諦めてしまったのです。
ジュンは表と裏の顔を持つアイドルなのでしょうか!?(´・ω・`)
昌子が相当恨みを持っているのは間違いなさそうですね。

jigokushoujo3_03-11jigokushoujo3_03-12

「地獄少女に頼んででも地獄に送ってやりたい!」
昔のことなのに、今まで憎しみを持ち続けてきた昌子。
ここで地獄に流す者と流される者の関係がほぼ成立しました。
さて、昌子が地獄通信して物語を終わらせるのでしょうか?
しかし、そんな一筋縄ではいかないのが今回の地獄少女でした。
それだとAパートだけで物語が完結しちゃうよね(^ω^;)

この時、昌子は歌を披露してました。かなり音程が外れた酷い歌声です。
歌手の道をあきらめて正解ですゎ。どんなレッスンを受けていたんだ?(^ω^;)
「私は、ただ彼女に謝って欲しいだけ。」
ここで地獄送りを回避できそうなセリフがありました!
もしかすると、ジュンと昌子の関係は好転するかもしれません。

jigokushoujo3_03-13jigokushoujo3_03-14

そして、ジュンが昌子の前に姿を現しました。
何をするのかなぁと思っていたら、なんと土下座して謝ったのです!
「今は反省しているから許して・・・」
今回はハッピーエンドなの?と思わせるシーンです。
でもそうなると閻魔あいちゃんが登場できませんよね(´・ω・`)
あいちゃんを登場させるためにも昌子はジュンにキツイ要求をしました(^ω^;)
「芸能界から引退して・・・それが出来ないなら死んでよ!」
さすがにこの要求だけはジュンでも飲む事は出来ませんよ(´・ω・`)
さらに昌子は要求を続けます。こっちの方が本当の要求だと思われますが・・・
「あなたの事務所から私をデビューさせて。」
それを聞いて、ジュンは正直に答えてあげました。
「ゴメン、できないわ。こんなこと言いたくないけど、昌子って歌が下手じゃない。
・・・昌子、あんた歌手になったって絶対にやっていけないわよ。」

ジュンの言っている事は正論です!さっきの歌声じゃムリですよね!(^ω^;)
「写真はあんたの好きにして。自分で蒔いた種だもん。自分で受け止めるから。」
ジュンはもう覚悟を決めたようです!自分の非でもあるので仕方ないか・・・

jigokushoujo3_03-15jigokushoujo3_03-16

昌子はついに地獄通信にアクセス・・・
ジュンのコンサートが行われたのですが、その会場に昌子も来ていました。
昌子はワラ人形の糸に手をかけながらの待機状態で聞いていました(´・ω・`)
そして歌の途中でジュンがファンに対してカミングアウトしました。
自分の昔のこと、そして昌子に対して酷いことをしてきた事を・・・。
「その人に歌を捧げます!」これはファンの前での謝罪です。
でも、それを聞いていた昌子はついに糸を引いてしまいました!
えっ?なぜですか!?ここまで誠意を尽くしてるのに~(´・ω・`)

jigokushoujo3_03-17jigokushoujo3_03-18

「ようこそ、閻魔あいの地獄少女のコンサートへ」
今回はどうやら地獄組によるコンサートネタでのお仕置きです(^ω^)
もの凄く雰囲気を醸しだしているあいちゃんの表情、そしてイントロの音楽。
マイクを前にするとあいちゃんって独特な表情を見せてるぅ~(*´ω`*)
そして、ついにAメロと思った時、「カーン」の鐘の音とともにコントが終了。
うぅ~、聞きたかったです。歌があるならキャラソンの発売希望ですw
とりあえずジュンは地獄に流されてしまいました・・・。

jigokushoujo3_03-19jigokushoujo3_03-20

今回は、昌子の心情を理解するのが少し難しかったです。
イジメられた心の傷は癒されなかったということなのでしょうかね。
あるいは昌子がジュンと同じ立場にいたかったのかもしれません。
そうじゃないとジュンの歌を歌う事はありませんものね・・・。
ジュンは地獄に行ってしまいましたけど、伝説の歌手になる夢
叶えられたので、それがせめてもの救いだと思いたいです。

関連記事