地獄少女 三鼎 第01話 「奪われた少女」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/07/28

地獄少女 三鼎 第01話 「奪われた少女」

jigokushoujo3_01-01jigokushoujo3_01-02
(C)地獄少女プロジェクト/三鼎製作委員会

三の三叉路、分かれ道、守りたいのは己か人か、常世の夢か。
襞(ひだ)の乱れは三鼎(みつがなえ)、終わることない阿鼻の宴。
時に分け入り扉が開く。晴らせぬ怨み晴らします。

jigokushoujo3_01-03jigokushoujo3_01-04

独特な雰囲気のナレーションで始まる地獄少女。
もちろん今回も河鍋暁斎の絵画が用いられてます。
これは3期になっても全然変わっていませんね(^ω^)
地獄少女ファンならワクワクする演出になってます!

jigokushoujo3_01-05jigokushoujo3_01-06

OPは、北出菜奈さんで「月華-tsukihana-」
この曲の雰囲気は地獄少女らしさがあって良い感じなのですけど・・・
私としては1期と2期のOPを歌っていたSNoWさんに続けてほしかった。
あと今回は手抜きのようなOP映像になってますけど、次の第2話から
真のOP映像が流れますのでどうぞご安心ください(^ω^)

jigokushoujo3_01-07jigokushoujo3_01-08

一目連は銭湯で働いてました。もう彼については説明は要らないですね。
そして第3期では山童という新キャラも登場します。
この山童もあいちゃんの部下として活躍するのです。

jigokushoujo3_01-09jigokushoujo3_01-10

もちろん輪入道きくりちゃんも登場しますよ。
輪入道はショベルカーを運転できるんですね!?w
でも公道をあんなスピードで走って良いのかな?w
それに、きくりちゃんの三輪車も何気にスピードが速い!w

jigokushoujo3_01-11jigokushoujo3_01-12

残る骨女はスナックを経営していました♪お似合いの仕事かもw
主人公の閻魔あいちゃんも当然復活しておりますよ(^ω^)
あいちゃんが三藁達を集めて地獄組を再結成したのですっ!O(≧▽≦)O

jigokushoujo3_01-13jigokushoujo3_01-14

態度の悪い生徒を見つけて注意しては、「内申書に書くぞ」と脅しながら
手帳にメモをする丹下先生。それに対し丹下先生を憎む生徒、逸子と友人達。
すでに地獄に流す側と流される側の構図は、もう出来上がってました(^ω^;)
この時点では、私も「こんな先生、一気に流しちゃえ~」と思ってましたw
第1話目なので解りやすく学校ネタを持ってくるのは1期&2期と同じです。

jigokushoujo3_01-15jigokushoujo3_01-16

そして、視聴者のみんながビックリしたシーンへと場面が移っていきます。
あいちゃんが御景ゆずきの入浴中にとんでもないシチュエーションで登場するのです。
この時のあいちゃんの登場の仕方は、怖さとエロさが絶妙にリンクし合ってました♪
そして、あいちゃんはゆずきとお風呂の中で百合キスします(^ω^;)
どうやら、あいちゃんはゆずきの中に憑依するみたいですね。
さすがに全シリーズを観てきた私でも理解できなかった行動でしたw
とりあえず単なる視聴者サービスというわけではない事は確かかな?w

jigokushoujo3_01-17jigokushoujo3_01-18

逸子は丹下先生を淫行罪で失脚させる計画を企てました。
その計画にイヤイヤながらもゆずきも加わってしまいます。
で、逸子が丹下先生だと思って抱きついた相手がお父さんだったw
あちゃ~、両親に援助交際してると思われちゃったよ(^ω^;)
これは丹下先生の方が一枚上手でしたね。色仕掛けは大失敗です。

jigokushoujo3_01-19jigokushoujo3_01-20

「あなたが本当に恨みを晴らしたいと思うなら、その赤い糸を解けばいい。糸を解けば
私と正式に契約を交わした事になる。恨みの相手は速やかに地獄に流されるわ。
ただし恨みを晴らしたら、あなた自身にも代償を支払ってもらう。人を呪わば穴二つ。
契約を交わしたらあなたの魂も地獄に落ちる。・・・死んだ後の話だけど。」

逸子が地獄通信をして、先生を地獄に流そうとしてました。
でも、自分も地獄に行かなくてはいけないのでためらいます。
あいちゃんのワラ人形の使用説明は今までと全く同じですね(^ω^)

jigokushoujo3_01-21jigokushoujo3_01-22

逸子は、授業中に取り上げられた音楽プレイヤーを取り戻しに探します。
でも丹下先生は、「捨てた」と言っていつもの内申書のメモ書きです。
あわゎゎ、これってパワハラみたいなものだよ。嫌な先生だわ!
さすがにキレた逸子はついにワラ人形の糸を引いてしまいました。

jigokushoujo3_01-23jigokushoujo3_01-24

あいちゃんがゆずきの中から登場するシーンがもう物凄かったです!(^ω^;)
さすがに3期目なので、輪入道に乗って登場するというマンネリは避けたみたいね。
いろんな意味でパワーアップさせようという制作者の意気込みが感じられました♪

jigokushoujo3_01-25jigokushoujo3_01-26

お仕置き場面は数学の丹下先生らしく数字ネタで懲らしめてました。
「闇に惑いし哀れな影よ、人を傷つき、貶(おとし)めて、
罪に溺れし業の魂。イッペン死んでみる?」

久しぶりに閻魔あいちゃんの決めゼリフも聞けましたよ♪
第3期では着物から多くの手毬が溢れ出ています・・・。
「この恨み地獄に流します。」
最後は恒例の締めのセリフで地獄に流していました(^ω^)

jigokushoujo3_01-27jigokushoujo3_01-28

エピローグでは驚くべき事実が判明してました。
丹下先生は実際には内申書のメモ書きもやっていなくて、
音楽プレイヤーも返してあげるようにしていたのです。
本当は生徒思いの良い先生だったのかもしれません。
誤解を生んでしまいましたけど、愛のムチだったのでしょう。
それを知った逸子はショックのあまり転校することに・・・

さすがに第1話目から善人地獄流しをやってしまうとは思いませんでしたよ。
初めて視聴された方には少しショックだったんじゃないでしょうか?
地獄少女は、いわゆる鬱アニメの代表的作品ですのでご注意くださいね。

おそらく今後もハッピーエンドで終わることは皆無だと思いますので・・・(^ω^;)

jigokushoujo3_01-29jigokushoujo3_01-30

EDは、能登麻美子さんで「いちぬけ」
やっぱり地獄少女のEDといえば能登麻美子さんです♪

関連記事