地獄少女 二籠 第24話 「連鎖」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/07/25

地獄少女 二籠 第24話 「連鎖」

jigokushoujo2_24-01jigokushoujo2_24-02
(C)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

ラブリーヒルズの街がゴーストタウン化しそうな勢いです!
あと、前作の柴田親子が再び登場して懐かしいですね。

jigokushoujo2_24-03jigokushoujo2_24-04

きくりによってあいちゃんの家にやって来てしまった蛍。
帰り道がわからないので、あいちゃんのお婆さんに尋ねてました。
でも障子を開けてお婆さんの姿を見た蛍は飛び出しちゃったよ(汗)
いったい何を見ちゃったんでしょう!?(^ω^;)

jigokushoujo2_24-05jigokushoujo2_24-06

街中の人達が自分が恨んでいる相手を地獄に流していました(^ω^;)
もうこうなるとラブリーヒルズ自体がある意味で地獄のようだわw
タダでさえ過疎っているのに、このままじゃ誰もいなくなるよw
「恨み、聞き届けたり・・・。」
「恨み、聞き届けたり・・・。」
「恨み、聞き届けたり・・・。」
三藁達はお仕事に大忙しです。あいちゃんも舟を漕いで疲れるよねw

jigokushoujo2_24-07jigokushoujo2_24-08

しばらくして蛍はあいちゃんの家に再び戻って来てましたよ。
・・・てか、この家の周りは無限ループ状態になってるの?
もう謎だらけなあいちゃんのお家ですなぁ~(^ω^;)
とにかく蛍はきくりから色々と案内されちゃって大変そうでしたw
さすがに地獄通信が都市伝説じゃないことが身に染みてわかったかもw
あと行方不明の妹の手掛かりを探すために本を調べる刑事さんも大変だ。
でも、その中の一冊の本が妹を探す手掛かりとなるのです!

jigokushoujo2_24-09jigokushoujo2_24-10

ここで懐かしいキャラ達が登場していましたよ!(*´ω`*)
『真実の地獄少女』・・・柴田一
あの一が地獄少女について綴った本を執筆していたのです。
娘のつぐみの幸せを願って書いたようですよ(*´ω`*)
そのつぐみも刑事さんに何か意味深な事を話してました。
刑事さんと蛍はこの物語のキーパーソンになってるのかな?
ちょっと背が伸びて成長しているつぐみでしたね(*´ω`*)
髪をロングに伸ばしているの良いかもしれない♪

jigokushoujo2_24-11jigokushoujo2_24-12

立ち並んでいる蝋燭に拓真の名前が無いことを確認した蛍・・・。
拓真が悪魔の子ではない事を確信できました(*´ω`*)
どうでもいいが、無数にある蝋燭をよく調べたものだわw
「閻魔あい!?あのね、あんたの地獄通信のせいで疑われ
傷つく人がいるのよ!すぐに止めなさいっ!」

「それは私の決める事じゃない。」
あいちゃんは粛々とお仕事をするだけなので意見してもしょうがない;
あと刑事さんの方も一連の事件が拓真の仕業ではない事を知りました。
でも、それを知られたくない自警団が酷い仕打ちをしてましたよ。
刑事さんは大丈夫なのでしょうか!?とても心配なシーンで続きます。
もうラブリーヒルズの連中は地獄に落ちてもいいと思うわ(^ω^;)

関連記事