地獄少女 二籠 第23話 「不信」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/07/24

地獄少女 二籠 第23話 「不信」

jigokushoujo2_23-01jigokushoujo2_23-02
(C)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

「悪い事をすると全てが自分に帰ってくる・・・。」
これは拓真が地獄通信をしなかった理由でもあります。
街の人達にもそれを理解して欲しいのですがね・・・。

jigokushoujo2_23-03jigokushoujo2_23-04

拓真は「悪魔の子」として街中の人達から恐れられていました。
そんな時にあいちゃんが拓真の前に度々姿を現してました。
拓真の周辺で地獄流しのお仕事が増えてるみたいですね。
ラブリーヒルズの街が徐々に不穏な空気に包まれる予感が・・・

jigokushoujo2_23-05jigokushoujo2_23-06

もちろん地獄に流された行方不明者を捜索する刑事さんも
いてるわけですが、今までの経緯から拓真を疑います(´・ω・`)
拓真に濡れ衣を着せようとするヤツもいるし、酷いよ。
刑事さんの妹・は拓真の話を聞いて思いました。
「皆から犯人扱いされて、その子は心を閉ざしちゃってるのね・・・」
まずまず的確に拓真の心理を読んでる感じです。
さすが刑事の妹といったところでしょうか?(*´ω`*)
この蛍はこれから物語に深く関わってくることになります。

jigokushoujo2_23-07jigokushoujo2_23-08

街の自警団が拓真の家の前で24時間監視してました(´・ω・`)
事件が解決してないので、不安なのはわかるけどやりすぎだよ!
それに地獄に流れた人を見つけることなんて出来ないし・・・。
ここで拓真が犯人ではないと証言してくれる人がいました。
第14話で地獄通信をしてワラ人形を引いていたあの女性です。
自分のせいで疑われている拓真に申し訳なく思ったのでしょう。
でも、その良心の呵責からの行動が命を縮める結果になったけどね(´・ω・`)
もう不幸が不幸を呼ぶような展開になってきてます・・・

jigokushoujo2_23-09jigokushoujo2_23-10

「私ね、君の無実を証明して挙げられると思うの。」
蛍が拓真の家を訪れて話をしようとしていました。
この子なりに的確な推理をしていたのが素晴らしい!
でも、地獄通信の事だけは信じてなかったけどね・・・。
それさえ信じてくれれば一気に事件が解決するのにw
とにかく刑事の妹なりにしっかりしてそうなのは確かだわ!

jigokushoujo2_23-11jigokushoujo2_23-12

「全部話したら良かったのに。」
あいちゃんが拓真に苦言を呈していましたよ。
拓真が話さないと立場が悪くなるだけですもんね(´・ω・`)
それでも拓真は皆の気が紛れるならそれでもいいと言ってます。
拓真は根っから悪い事は出来ない性格なのでしょう。お人よしだ。

jigokushoujo2_23-13jigokushoujo2_23-14

妹の蛍が帰ってこないのを心配して刑事さんが尋ねてきました。
でも蛍はきくりの手であいちゃんの家に拉致された後なのです。
さすがにこの時は拓真の事を疑っていましたけどね(´・ω・`)
でもその時に一緒にいた人が地獄に流されちゃった。
これが拓真が言っていたように因果応報ってことなのでしょう。
そのお陰であいちゃん達のお仕事が大繁盛するようですがね;
次回はラブリーヒルズで地獄流し大会が始まるのかな!?(^ω^;)

関連記事