地獄少女 二籠 第22話 「憧憬」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/07/23

地獄少女 二籠 第22話 「憧憬」

jigokushoujo2_22-01jigokushoujo2_22-02
(C)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

ラブリーヒルズにおける地獄流しから3ヶ月が経過・・・
拓真は地獄流しの恐怖を感じながら生活を続けてきました。
今回からクライマックスのエピソードが展開されます。

jigokushoujo2_22-03jigokushoujo2_22-04

今回は第14話で登場していた男の子・拓真のその後を描いたお話です。
拓真は街中の人から母親殺害の疑いを持たれて避けられていました。
お父さんも重傷を負ったまま意識不明の状態なので少し心配ですね。
もちろんこれらの事件を起こした犯人は拓真ではありませんけど、
警察に地獄少女の事を話したとしても信じてもらえそうにないし・・・。
このままではずっと嫌疑をかけられたまま過ごさなくてはいけません(´・ω・`)

jigokushoujo2_22-05jigokushoujo2_22-06

近隣の人々から露骨に避けられる拓真を見てると可哀相でした。
でもそんな彼の前に一人の女性・せりが話しかけてくれました。
昔、ラブリーヒルズの開拓のために家の立ち退きをさせられたみたい。
そんな事があったのでラブリーヒルズの街を快く思っていませんでした。
スプレー缶で街に落書きしていたりする様子からも伺えますね。
反対に拓真は超真面目な男の子というわけかな。良い子だよ(^ω^)

jigokushoujo2_22-07jigokushoujo2_22-08

拓真がせりを自分の家に泊めてあげようとしてました。
孤独で寂しい拓真にとって話し相手が欲しかったのかも。
でも、おジャマ虫のきくりまで来ちゃって話にならないw
骨女がお母さんとして迎えに来てたけど困ったものです。
あいちゃんの言う事だけは素直に聞くんだねぇ(^ω^;)
ホント、あいちゃんはきくりの保護者みたいだよw

jigokushoujo2_22-09jigokushoujo2_22-10

せりが怯えている拓真を抱きしめてあげてました。
小学生の男の子だから素っ裸でも平気なのでしょうか?w
私なら小学生の高学年の男の子の前での裸はギリNGかなぁ(^ω^;)
せりは未成年だけどその辺はもう大人なのかもしれません。
「私・・・お金出来た?言い訳しないで、約束は昨日よ。今夜中に揃えて。」
気さくで優しそうなせりは裏の顔を持っていましたよ!
「これは復讐みたいなもんだし。スケベな気持ちを出した向こうが悪いんだよ。」
街を追い出された恨みとお金目的のために男性を脅していたのです。
確かに未成年に手を出した相手も悪いけど、せりも悪人だわ(´・ω・`)
でも、この恐喝がせりに悲しい運命をもたらす結果に・・・

jigokushoujo2_22-11jigokushoujo2_22-12

「今は辛いだろうけど頑張れ。変な事言うヤツがいても放っとけ。
・・・拓真は拓真なんだから。拓真は一人ぼっちじゃないからね。」

せりは拓真とお別れする時にあげましてあげてました。
こうして見てると、優しいお姉さんなんですけどね・・・。

jigokushoujo2_22-13jigokushoujo2_22-14

最後にせりに待ち受けていたのは地獄流しという復讐でした。
糸を引いた人は脅していた男性の奥さんだったというわけです。
人の恨みというものは予想できないくらい複雑ですよね。
せりは舟の上で涙ながらに帰してとお願いしてましたけど、
もう手遅れでありました・・・(´・ω・`)
過去の色んな出来事に翻弄されてきた結果、今回のように
行き過ぎた行為に走ってしまったのでしょう。
せりもまた悲しい女性なんだと思いました(´・ω・`)
せっかく拓真はお話が出来る友達ができたのに悲しいですね。
・・・というわけで、この物語は次回へと続きます。

関連記事