地獄少女 二籠 第20話 「乙女のアルバム」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/07/21

地獄少女 二籠 第20話 「乙女のアルバム」

jigokushoujo2_20-01jigokushoujo2_20-02
(C)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

ワラ人形の赤い糸で繋がった友達との奇妙な関係を描いてます。
対等な友達関係があることがきっかけで主従関係へと変わります。

jigokushoujo2_20-03jigokushoujo2_20-04

同じ学校に通っている麻里樹里はいつも一緒にいる仲良しの友達です。
でも、2人の関係はワラ人形の赤い糸で繋がれた関係だったのです。
樹里がワラ人形で麻里のことを脅して強引に付き合わせていました。
少し前までは仲が良かったのに2人の間には何があったのでしょう?

jigokushoujo2_20-05jigokushoujo2_20-06

「とても深い憎しみ。・・・愛しすぎたから。」
あいちゃんは麻里と樹里を見て呟いてました・・・。
樹里は麻里を恨んで地獄に流したいというよりは、どちらかというと
一緒にいたいためにワラ人形を持ち歩いているようです(´・ω・`)
今回はちょっと変わった展開でストーリーが進みます。

jigokushoujo2_20-07jigokushoujo2_20-08

一目連が麻里の落し物を拾って話しかけていました。
麻里は樹里から預かったアルバムを見せてあげてました。
そこには麻里と樹里が楽しそうに遊んでいた記録が・・・。
一緒の髪型にして、お揃いの持ち物や服を着てましたよ♪
本当に2人は仲良しだったんですね。それなのになぜ!?(*´ω`*)
「今年の夏に私が樹里を傷つけた・・・」

jigokushoujo2_20-09jigokushoujo2_20-11

事の発端はテニス部における部活にありました・・・。
2人は一緒に厳しい練習に耐えて頑張っていたのですが、
麻里が先輩からダブルスのペアに誘われてしまいます。
一緒にペアを組みたかった樹里はショックのあまり、
足を溝にはめてしまい大怪我をしてしまいました・・・。
あの松葉杖はその時のケガが原因だったのです(´・ω・`)
「樹里・・・ゴメンね。」
「いいよ。麻里には一生私を背負って生きてもらうから。」
この時から麻里は樹里の言いなりになってしまうのです(>ω<)

jigokushoujo2_20-12jigokushoujo2_20-14

樹里はテニス部の先輩の顔に傷をつけてます~(´・ω・`)
「その人は私たちを引き裂いた嫌な女だから・・・。」
樹里の性格がだんだん黒くなっている様子が伺えます。
「今度裏切ったらワラ人形の糸を解いちゃうからね。」
お、恐ろしい女だ・・・。これじゃあ、逃げるに逃げられないよ(>ω<)

jigokushoujo2_20-15jigokushoujo2_20-16

一目連と再会して、悩みを打ち明ける麻里・・・
「私、出来るなら元どおりに戻りたいんです。昔のように仲良くしたい。」
脅されていても樹里の事を今でも友達だと思っているのです。
ワラ人形なんかなくても麻里は樹里のそばにいたいのです。
麻里には樹里しか友達がいない感じですものね・・・。
ただ樹里は勘違いをする事が多いのでしょう。
・・・ホント困ったものだよw

jigokushoujo2_20-17jigokushoujo2_20-18

樹里は、麻里が一目連(男性)と抱き合っていると思って、
横断歩道に飛び出しちゃった・・・(´・ω・`)
百合な樹里にとっては大ショックだもんねぇ~。

jigokushoujo2_20-19jigokushoujo2_20-20

集中治療室に運ばれた樹里ですが、もう長くないみたい(´・ω・`)
そこで、麻里が樹里にワラ人形を渡してあげました・・・。
「どうして?」
「これなら2人一緒に地獄に行けるでしょ。」
あの世で一緒にいるために自分を地獄に流して欲しいのです。
ん~、麻里もまた樹里の事が友達の関係以上に好きなのでしょう・・・。
ちょっとこの辺は泣けてくるような展開でした(>ω<)

jigokushoujo2_20-21jigokushoujo2_20-22

地獄に流される麻里ですが、すぐに樹里も追いかけてきてくれましたね。
地獄に行っても寂しい思いをしないで済む2人なのです(*´ω`*)
きっと地獄では元どおりの仲良しの関係に戻れることでしょう。
それだけが2人にとって救いになれば良いのですが・・・

関連記事