地獄少女 二籠 第06話 「陽のあたる場所」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/07/13

地獄少女 二籠 第06話 「陽のあたる場所」

jigokushoujo2_06-01jigokushoujo2_06-02
(C)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

保健室登校を続ける男子生徒と彼氏に裏切られた女生徒のお話。
身も心もボロボロになって地獄通信をするのは悲しいですね・・・。
生きても地獄、死んでも地獄とはこういうことを言うのでしょう。

jigokushoujo2_06-03jigokushoujo2_06-04

保健室登校を続ける颯太には、片思いしている女の子の紀和子がいました。
彼女の事を見続けたり、帰りに後をつけたりして少しストーカーっぽい;
でも見た感じ、そんなに悪そうな男の子ではありません。大人しい感じです。
ただ、隠れて勝手に携帯で写真を撮るのは控えてほしいなぁ(^ω^;)

jigokushoujo2_06-05jigokushoujo2_06-06

その紀和子が颯太に落とした携帯を届けてくれました。優しい子です。
・・・で、今回は骨女が保健医として調査しているわけですね(^ω^)
颯太へ色々話しかけて相談に乗ってあげようとしてました。
「見ているだけでいいんです。」
颯太は付き合っても別れる時があるかもしれないので、自分の
思いを紀和子に伝えたくないと言ってました・・・(´・ω・`)
この辺は第3話に登場していた多恵と同じ考えを持っていますね。

jigokushoujo2_06-07jigokushoujo2_06-08

颯太は紀和子の彼氏が紀和子に何かしようと企んでいることを知り、
地獄通信をしてあいちゃんを呼び出しました。でも・・・
「私は正義の味方なんかじゃないわ。」
あいちゃんは颯太の考えに同意できずにそのまま立ち去ります。
颯太がそれなりに強い恨みを持たない限りワラ人形は受け取れないでしょう。
今は紀和子の彼氏が何もしていない状態なので仕方ない・・・

jigokushoujo2_06-09jigokushoujo2_06-10

そして紀和子は彼氏のマンションに行ってデートするのですが、
睡眠薬を飲まされてしまいます。彼氏は友達を呼んで紀和子を・・・
自分の彼女を友達に襲わせるなんて酷いヤツです!(>ω<)

jigokushoujo2_06-11jigokushoujo2_06-12

次の日、紀和子が体調を崩して保健室に来ました・・・。
そして紀和子が颯太に語りかけていました。
「落ち着くね、保健室。私もそうしようかな。・・・保健室登校。」
彼氏に裏切られた悲しみのあまりショックなのでしょう。

jigokushoujo2_06-13jigokushoujo2_06-14

紀和子が地獄通信をした事を打ち明けました。
それを聞いて、颯太がやめるように言ったのですけど、
すでに紀和子は糸を引いた後だったのです(´・ω・`)
「地獄へ落ちるってわかっているのに、これから先、どんな風に
生きていけばいいんだろうかとか、色々先に考えちゃって・・・」

・・・もう紀和子が可哀相過ぎます(>ω<)
体だけじゃなく、心に受けた傷は一生消えないのに・・・。

jigokushoujo2_06-15jigokushoujo2_06-16

紀和子は彼氏を地獄送りにしてしまいました。
命乞いしていたのですが、流されて当然だよ!
颯太は紀和子を暴行した男を始末するつもりでした。
あいちゃんに依頼を断って・・・
「依頼はいいよ。自分で何とかするから。」
もし頼んでいたなら、自分も紀和子と同じ地獄に行けるのに・・・
颯太と紀和子の今後がどうなるのか気になる終わり方でした。
あと、紀和子は他のクラスメイトと違って颯太に普通に接していたので、
颯太が告白してれば付き合えていたかもしれないのになと思いました。

関連記事