宇宙よりも遠い場所 第11話 「ドラム缶でぶっ飛ばせ!」 - アニメとゲームと恋の楽園
2018/03/15

宇宙よりも遠い場所 第11話 「ドラム缶でぶっ飛ばせ!」

yorimoi_11-01.jpgyorimoi_11-02.jpg
(C)YORIMOI PARTNERS

報瀬が日向の辛い過去を振り払う!

yorimoi_11-03.jpgyorimoi_11-04.jpg

「リン!お母さん!」
キマリ達が南極基地と日本本土とを繋ぐ中継テストをするところから始まります。
キマリは日本にいる母親と妹と会話できて嬉しいと思うところですが、家族から
顔の日焼け跡を爆笑されて意気消沈していたから面白いです。

そして、次は日向が日本にいる知人と会話をする番だったのですが、画面には
日向が通っていた高校の陸上部員が姿を現したものだから超焦っていましたわ。
この日向の態度を見ると、学生時代に複雑な事情があったことが伺えますね。
そこで今回は日向の過去に触れるエピソードとなっています。

yorimoi_11-05.jpgyorimoi_11-06.jpg

「ぬぁぁぁぁっ!ふざけんな!ふざけんな!ふざけんなっ!!」
日向がこっそりと外に抜け出して、雪の塊に怒りをぶつけていたのが気になりました。
報瀬達の前では平静さを装っていても、裏では激しい感情を表すこともあるみたい。
とにかく日向の退学が陸上部員達とどう関係しているのかが興味深いところ。

yorimoi_11-07.jpgyorimoi_11-08.jpg

「さっき麻雀できるかって聞かれて・・・・・・」
「え?マジ?出来るの?」
キマリ達は観測隊員の海氷と地質の調査のお手伝いをしたりしていました。
日向と報瀬にスポットを当てながらも、南極でどのような活動が行われているのかを
合間にきちんと描いてくれているのが良いと思います。

それにしても報瀬が麻雀に強いという特技があったのは驚きかもしれません。
どうやら報瀬の麻雀の腕前はお母さんから受け継いでいるみたいです。
ただキマリが壁になって、手牌を暴露しちゃっていたら困りものでしょうけどね(笑)

yorimoi_11-09.jpgyorimoi_11-10.jpg

「まぁ要するに、私が部活を辞めたキッカケの話だ。」
報瀬が日向宛てに届いたメールを覗き見してしまいましたけど、これは日向の事を
心配するあまりに彼女の悩みを知りたいと思った行動なのでしょう。
報瀬ってリポートの仕事は緊張するのに、こういう事には度胸がありますよね(^ω^;)

この後、日向が仕方なく高校時代の陸上部での出来事について語っていましたけど、
部活の仲間から裏切られた事が彼女にとって大きなショックだった事が伺えます。
それが部活だけじゃなく学校を辞める事にまで繋がってしまったのですからねぇ。
さすがにこういう理由で退学をすれば、部員と会いたくない気持ちも分かりますわ。
とりあえず、日向にとっては南極の旅は現実逃避をする目的でもあるってことかな(^ω^)

yorimoi_11-11.jpgyorimoi_11-12.jpg

「はい。何かケーキに囲まれているみたいです。」
今回の報瀬は日向にばかり気にとらわれていますけど、やはり南極はお母さんが
消息を絶った場所だからしみじみと心に感じるものがあるでしょうね。
さすがに報瀬のお母さんが今も無事でいるとは考えにくいので、手掛かりだけでも
見つける事ができればいいのですが・・・・・・。
報瀬はお母さんから麻雀の強さや南極への思いを受け継いでいたりしますので、
きっとお母さんの消息も不思議な母子の繋がりで判明するかもしれません。

yorimoi_11-13.jpgyorimoi_11-14.jpg

「ありがとう。ごめんな。私、たぶんまだ怖いんだよ。」
日向が自分の事を気遣ってくれる報瀬に抱きついて感謝をしていたのが印象的です。
表面的には平然としていても、心の中ではずっと苦しみ続けていたのかもしれません。
最初はこれで日向は立ち直って、前向きに歩んでいくのかなぁっと思っていました。

日向って気弱な一面がありそうだなぁっというのが今回の話を見て感じました。
逆に、報瀬は意外にも気が強いところがありそうだなぁっと思います。
それが今回のラストシーンで最もよく表現されていました!

yorimoi_11-15.jpgyorimoi_11-16.jpg

「悪いけど、三宅日向にもう関わらないでくれませんか。」
「報瀬・・・・・・」
報瀬が日向に代わって陸上部員達に怒りをぶつけていたのが爽快でした。
おまけにキマリと結月も素晴らしいサポートをしていたのも拍手ものでしたわ。
今の日向には真の友達がいるので、これほど心強いものはないでしょうね。
これで日向は過去のトラウマを払拭して、明るい未来へ歩んでいけそうかな。
和解ではなくて、清算する形で終わらせたのが良かったです。

関連記事