宇宙よりも遠い場所 第08話 「吠えて、狂って、絶叫して」 - アニメとゲームと恋の楽園
2018/02/21

宇宙よりも遠い場所 第08話 「吠えて、狂って、絶叫して」

yorimoi_08-01.jpgyorimoi_08-02.jpg
(C)YORIMOI PARTNERS

南極への厳しい船出♪

yorimoi_08-03.jpgyorimoi_08-04.jpg

「世界って本当に広いんだね。」
キマリ達が南極観測船に乗ってフリーマントルから出航するところから始まります。
南極への旅はここからが本当のスタートということで、さっそくキマリ達は観測隊の
隊員達へインタビューをする仕事に取り掛かっていました。
ただ、報瀬は相変わらず緊張しまくっていたから困ったものですわ。
前回の出陣式での威勢の良い演説を見た時は成長したと思ったんですけどねぇ(苦笑)
そんなこんなで今回はキマリ達の船内での活動の様子が描かれていました。

yorimoi_08-05.jpgyorimoi_08-06.jpg

「でも楽しいよね♪こういうの♪」
キマリ達は取材の仕事だけじゃなく、ジャガイモの皮剥きのお手伝いもしていました。
空き時間にはランニングなどの体力トレーニングもやっていたので大変そうですわ。
これも南極で生活する上では欠かせない重要な訓練になっているのでしょうね。
とにかく、観測船での航海中にも色々と用事があって忙しそうな感じがしました。

yorimoi_08-07.jpgyorimoi_08-08.jpg

「これが海水風呂・・・・・・?」
集団生活なので入浴時間や食事や洗濯をする時間が定められている様子です。
報瀬がうっかりミスで自分の洗濯当番を忘れかけていたのには呆れましたよ(笑)
パスポートの預かり忘れといい、抜けているところがあるのが彼女の特徴みたい。
今回はキマリ達の行動を見ることによって、実際に観測隊の隊員達が観測船で
どのように過ごしているのかが知ることができたように思います。

yorimoi_08-09.jpgyorimoi_08-10.jpg

「死にます・・・・・・」
「世界が回るよ・・・・・・」
キマリ達は初めての船旅ということもあって、船酔いをしてダウンしてしまいます。
それでも体力を維持するために我慢して食事をしなくちゃいけないのが辛いところ。
こういうのも良い経験だと思って耐えるしかないかな。
まだ日本へ帰りたいと思わないだけでも立派だと思います。

yorimoi_08-11.jpgyorimoi_08-12.jpg

「落ちるぅぅーーーーっ!(汗)」
南極に近づくにつれて波が大きくなっていたため、さらに厳しい船酔いに陥ります。
あの船の揺れ具合を見ると、洗面所に行くのも難しい感じがします。
それでもキマリが自分達で決めた事だから耐え抜こうとしていたのは偉いです。
たまに主人公らしいところを見せてくれていますね。

yorimoi_08-13.jpgyorimoi_08-14.jpg

「真っ暗ですね♪」
「こんな海を越えて行くんだねぇ♪」
「嵐と荒波に守られた氷の大陸♪」
「確かにそこに行くって選んだんだよな♪」
キマリ達が荒れている海を見て感動していたところが印象に残ります。
ただ、大きな波にさらわれる危険がありそうだったので、心配もしたけどね(苦笑)
でもまぁこれで船酔いにも慣れてきていたので良かったと思います。
さすがにあの荒波の揺れを体験したら、少々の船の揺れには慣れるかな。

そしてキマリ達はついに南極の姿を実際に見たことで胸をときめかせていました。
彼女達が念願だった南極の大地に降りた時にどういう感情を抱くのか楽しみです。
ここで次回に続きます。

関連記事