宇宙よりも遠い場所 第06話 「ようこそドリアンショーへ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2018/02/07

宇宙よりも遠い場所 第06話 「ようこそドリアンショーへ」

yorimoi_06-01.jpgyorimoi_06-02.jpg
(C)YORIMOI PARTNERS

シンガポールを観光する♪

yorimoi_06-03.jpgyorimoi_06-04.jpg

「わぁー♪乗るのこの飛行機?」
今回はキマリ達がいよいよ南極へ向けて旅立つところから始まります。
まずは空港から飛行機に乗って、経由地のシンガポールに立ち寄るわけですが、
初めての海外旅行ともなると色々と戸惑うことがあるのは仕方ないでしょうね。
それでもまだ若い高校生の女の子達だけで海外へ行くのは凄いと思います。
はたして彼女達が海外ではどのような行動を見せてくれるのか楽しみでした。

yorimoi_06-05.jpgyorimoi_06-06.jpg

「暑い!(汗)」
「うわ!夏!」
キマリ達はオーストラリア行きの飛行機の出発時間までシンガポールでの観光を
楽しむのですが、外国にいても遠慮することなくはしゃいでいたから苦笑いです。
こういう時は海外での仕事経験のある結月がいてくれると少しは安心かな。
でもまぁこれから寒い南極に行くのだから、暑い場所にいる時くらいは思いっきり
外で遊んでおいた方がいいかもしれません。

yorimoi_06-07.jpgyorimoi_06-08.jpg

「海の交差点みたいな所なんでしょ?ここって。」
夜になると夕食をたくさん食べたり、美しい夜景を眺めたりして過ごしていました。
こういう外国の雰囲気を味わうだけで、現実逃避した気分になれそうですね♪
あと、ドリアンアイスっていったいどんな味なのかが気になりました(笑)

yorimoi_06-09.jpgyorimoi_06-10.jpg

「本当に無いんですか?」
「いや~出て来ると思うんだよね。大切な物だし。」
Bパートでは日向がパスポートを紛失してしまうというトラブルが発生してピンチ!
こうなると急いで大使館に再発行の手続きを取りたいところですが、いくら何でも
職員さんに24時間土日も休みなく働けと愚痴っちゃうのは鬼ですわ(苦笑)
最悪、日向だけ置いてきぼりにして行っちゃうのもありかもしれませんね。
彼女ならシンガポールでも優良コンビニ店員として人生を全してくれそうだしw

ただ、この時に報瀬が遅れて到着する事に神経質になっていたのが気になります。
彼女は南極へ辿り着けなければ意味がないので不安を感じるのも無理はないかな。

yorimoi_06-11.jpgyorimoi_06-12.jpg

「とりあえずさ、3人だけで明後日オーストラリアに向かえよ。」
日向だけがパスポートが再発行されるまでシンガポールに留まろうとします。
ここでは日向が人から気を使われるのが好きではない事が示されていました。
それが彼女が高校を退学した理由にも繋がっているようですが、いったい学校で
何があったのかが気になるところ。
とにかく、彼女は他人に対して気遣うくらいに優しい性格をしているのは確かです。

yorimoi_06-13.jpgyorimoi_06-14.jpg

「4人で行くの!この4人で!それが最優先だから!」
報瀬が日向も一緒に南極へ連れて行こうとしてあげていたのが良かったです。
彼女は他人を気にせずに自分の道を真っ直ぐに突き進むので、日向にとっては
最も相性の良い友達のような気がします。
きっと日向が報瀬達に近づいたのはそういう部分に惹かれたのもあるのでしょう。

yorimoi_06-15.jpgyorimoi_06-16.jpg

「ではさっそく食べてもらいましょう♪報瀬ちゃんと日向ちゃんのドリアンショー♪」
報瀬が日向のパスポートを預かっていた事をド忘れしていたというオチがありました(笑)
その後にドリアンを食べさせられるという罰ゲームをさせられていたのが面白いです。
今後の南極生活のためにもこういううっかりミスは気をつけないといけませんね。
とにもかくにも、これで次の目的地のオーストラリアへ行けそうなので良かった。
今度はオーストラリアに辿り着いたらどういうやり取りを見せてくれるのか楽しみです。

関連記事