GRANBLUE FANTASY The Animation 第03話 「風の出会い」 - アニメとゲームと恋の楽園
2018/01/15

GRANBLUE FANTASY The Animation 第03話 「風の出会い」

granbluefantasy_03-01.jpggranbluefantasy_03-02.jpg
(C)アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

騎空艇を操れる操舵士と出会う!

granbluefantasy_03-03.jpggranbluefantasy_03-04.jpg

「し、死ぬかと思ったぜ・・・・・・(汗)」
「ルリア。大丈夫?」
「は、はいぃ・・・・・・(汗)」
「操縦がこんなに難しいとは・・・・・・(汗)」
グラン達が星の島イスタルシアを目指して旅に出発したところから始まりますが、
カタリナは騎空艇の操縦が未熟なのでいきなり不時着させていたから苦笑いだ。
一先ず、騎空艇が壊れただけで、グラン達にケガがないのは良かったんだけど、
下手をすれば危うく物語がここで終了しちゃうところでしたよね(笑)

「おいおいおい。何だ?こりゃ?くぁぁ酷ぇ事しやがる。」
この後、グラン達は不時着現場に通りかかったラカムという男性と出会いますが、
彼の話を聞いていると騎空艇に詳しそうな印象がありました。
そこで今回はこのラカムと関わり合っていくようなエピソードとなっています。

granbluefantasy_03-05.jpggranbluefantasy_03-06.jpg

「この島は帝国の支配に抵抗していて、軍も好き勝手には動けない。」
グラン達は騎空艇が壊れてしまったので、エインガナ島の街に立ち寄ることにします。
乗り合い便の騎空艇が街を発着しているので、それに乗って旅を続けようと考えます。
せっかく大きな街を訪れたのだから、色々と旅支度をするのも良いですよね。
こういうところはRPGでの旅支度の雰囲気を感じさせて描いていてくれています。
本当にこの作品は王道的な冒険ファンタジーとして描かれていますわ。

あと、カタリナが可愛い動物が大好きという意外な一面が見られたのが面白い。
しっかり者の大人の女性に見えても、心の中には少女っぽい部分もあるみたい(^ω^)

granbluefantasy_03-07.jpggranbluefantasy_03-08.jpg

「大きい船だぁ♪・・・・・・ははは♪カッコ良いなぁ♪」
「見る目あるなぁ。坊主。」
グランが大きな騎空艇を見て感動している時にラカムと再び出会います。
ラカムはグラン達の小型騎空艇を修理していたから、騎空艇の知識だけじゃなく、
凄い技術力も持っていそうです。
しかもタダで修理してくれたので、とても心の広い人だよ。

granbluefantasy_03-09.jpggranbluefantasy_03-10.jpg

「ハロー♪君達♪突然なんだけどぉ、僕達のお願い聞いてくれないかな?」
さらにグラン達の前にドランクスツルムという2人組が現れるのですが、この2人は
グラン達に騎空艇をプレゼントしようとしていたので気前の良い人達です。
ただ、その代わりにグラン達に街を出ていってもらおうとお願いしていましたので、
やはり甘い話には裏があるといったところでしょうか。

それにしてもドランクとスツルムのやり取りがちょっと奇妙に見えます。
特にスツルムがドランクに剣を突き刺していたから恐ろしい女性剣士だ(笑)
もう最初からドランクではなくてスツルムに交渉させたらいいのになぁ。

granbluefantasy_03-11.jpggranbluefantasy_03-12.jpg

「ビィ。ルリアをカタリナさんの所まで連れて行って。」
「え?まさかお前、連中とやり合う気かよ?(汗)」
グランはドランク達に追い詰められてしまったので戦おうと試みますが、そこで
ドランクが強力な魔法攻撃を繰り出していたのでなかなか手ごわい。
陽気で軽そうな性格に見えても、魔法の実力は結構高いような感じがします。
ただ、グランがドランクの魔法を剣で跳ね除けていたのも凄いですわ。
とにかく、ドランクとスツルムが何者で、何が目的なのかが気になるところでした。

granbluefantasy_03-13.jpggranbluefantasy_03-14.jpg

「おやおや~。お困りですかぁ?こんにちはー♪」
グラン達は喫茶店でシェロカルテというよろず屋のハーヴィン族と出会います。
きっと原作ゲームではこのキャラがアイテムの売買などを受け持ってくれるのでしょう。
この作品ではどこまで原作ゲームのキャラを登場させているのかは分かりませんが、
今回のエピソードでは色んな新キャラを登場させてくれているように思いました。

「これがラカムさんの船!?」
その後、グラン達はラカムが操舵手という情報を聞いてさっそく彼に会いに行きます。
もし新たな騎空艇を手に入れても、カタリナが操舵するとまた墜落しかねないから、
ここは腕の良いラカムに操舵をお願いしてみるというのは良い考えですね。
はたして彼が快く操舵手を引き受けてくれるのかが今後の重要なポイントでした。

granbluefantasy_03-15.jpggranbluefantasy_03-16.jpg

「フュリアス将軍だと!?」
「知っているんですか?」
「あぁ。厄介な相手だ。」
最後に帝国軍のフュリアス少将が現れるのですが、彼は作戦に反対する部下を
躊躇することなく粛清していたのでかなり非情な性格をしています。
以前のポンメルン大尉以上に頭のネジが飛んでいるといってもよさそうですわ。
とにもかくにも、グラン達は新たな騎空艇に乗る前にフュリアス少将とどのような
やり取りをするのかが気になりました。
ここで次回へと続きます。

今回はさらに新たなキャラが何人か登場してきたので、物語に広がりを感じました。
さすがにこのまま順風満帆に冒険が進められるのではなく、これからグラン達には
幾度となく困難な出来事が訪れそうだなぁっという予感がしてきていましたけどね。
グラン達がどのように困難な状況を乗り越えていくのかが楽しみでした。

関連記事