地獄少女 第26話 「かりぬい」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2009/04/23

地獄少女 第26話 「かりぬい」(最終回)

jigokushoujo_26-01jigokushoujo_26-02
(C)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

地獄少女肯定派のつぐみに黒いワラ人形が手渡されることに・・・
そのターゲットは、父親である一です!まさか父親を地獄に!?
地獄少女と柴田親子の因縁に終止符が打たれるのでしょうか!?
数々の悲しいお話が綴られてきた地獄少女の最後の物語です。

jigokushoujo_26-03jigokushoujo_26-04

「あい。お前は禁を犯した。閉ざすと誓った心の扉を開けてしまったのだ。
お前にはもうこの仕事を任せることは出来ない。私と共に地獄に帰るのだ。」

あいちゃんの家に巣くっていた人面蜘蛛はあいちゃんに話しかけていました!?
あの人面蜘蛛ってあいちゃんをずっと監視していたのでしょうか!?でも・・・
「まだダメ。地獄には戻れない。・・・まだ終わってない。」
あいちゃんは人面蜘蛛の命令に従わないで戻っていきました。
もちろん柴田家の血筋を絶やすため、あいちゃんの復讐は続きます!

jigokushoujo_26-05jigokushoujo_26-06

つぐみの前に姿を現したあいちゃん。つぐみの精神面を惑わしていきます。
「あなたのお父さんの事、教えてあげる。」
あいちゃんがつぐみにお母さんの死の場面を見せていました。(第22話参照)
つぐみはお母さんの死を目の当たりにして、ショックを受けます。
「悪いお父さんね。それを認めようとしないなんて・・・。
お父さんが許していれば、お母さんは死なずに済んだのに。」

あいちゃんのメンタル攻撃はなかなかのものです(´・ω・`)
小さな子供ならそのまま素直に信じてしまいそうだよ・・・。
「私があなたのお父さんを地獄に流してあげる。」
最後につぐみにワラ人形を渡して去っていくあいちゃん。
つぐみは糸を解いてお父さんを地獄に流すのでしょうか?(´・ω・`)

jigokushoujo_26-10jigokushoujo_26-07

一は骨女と一目連によってあいちゃんの家に匿われていました。
そこで、地獄少女のことについて話を聞かされます・・・。
あいちゃんは400年もの間、地獄少女の仕事をやってきたのです。
「ねぇあんた。ここから出してやるよ。その代わりにやって欲しい事があるんだよ。」
あいちゃんにしか話さないはずのお婆ちゃんが、一に話しかけていました。
さすがに最終回になってきますと、お婆ちゃんの正体も明かされる!?

jigokushoujo_26-08jigokushoujo_26-09

再びつぐみの前に現れたあいちゃんは、糸を解くように催促してました。
「流せばいいの。恨んでいる相手は流せばいの。」
あいちゃんの誘導尋問が厳しかったです。つぐみは信じたくないけど、
このままではお父さんへの恨みが募っていくことになりそう・・・。

jigokushoujo_26-11jigokushoujo_26-12

さらにつぐみのお母さんにまで登場させて、糸を解かせようとしていました。
もうここまですると、あいちゃんの性格って悪すぎると思うよぉ(^ω^;)
まぁこれこそが地獄少女に相応しいのかもしれませんけどね・・・。
とにかくお仕事以外でも、あいちゃんのお仕置きには凄みがある!

jigokushoujo_26-13jigokushoujo_26-14

「もう苦しまないで。つぐみの力になりたいの。」
あいちゃんはつぐみに糸を解かせようとした時、一と三藁が助けに来てくれました。
でも、あいちゃんは邪魔をした三藁に攻撃をしていましたよ。わゎ、仲間なのに~。
「お母さん・・・可哀相。・・・可哀相。」
つぐみの心は崩壊しそうなくらいに落ち込んでました。

jigokushoujo_26-15jigokushoujo_26-16

あいちゃんは最後の仕上げのために、もう一度お母さんの事故現場を見せます。
そこで・・・お父さんが・・・
「違う・・・俺が死ねば良かったんだ。」
自分を責め続けるお父さんの姿を見てしまいます。
つぐみはこの時にお父さんの本当の心を知ったのです。
これはあいちゃんにとって誤算だったのかもしれません。

jigokushoujo_26-17jigokushoujo_26-18

「私、辛かったなんて思ってなかったもん!一ちゃんといて楽しかったもん!
私、一ちゃんの事大好きだから!だから、楽しかったもんっ!」

つぐみはお父さんに熱い想いを語っていました。親子愛だわ♪
お母さんがいなくてもお父さんがいてくれたから、つぐみは
今まで幸せに成長する事ができたのです。
つぐみも一もお互いに気を遣っていた事がすれ違いになっていたのかな?

jigokushoujo_26-19jigokushoujo_26-20

「お父さんは私といて辛かったの?楽しくなかったの?」
「つぐみ・・・。あぁ、楽しかった・・・。
お前といるだけで俺は幸せな気持ちになれた。」

「本当?」
「本当さ。」
親子としての絆がさらに強まったシーンでした♪
これからはもっと親密な親子関係を築いていく事でしょう。

jigokushoujo_26-21jigokushoujo_26-22

そして、つぐみはワラ人形をあいちゃんに返しました。
今のつぐみには何の恨みや憎しみの感情はありませんものね。
仙太郎があいちゃんを救えずに後悔していた事を話してあげました。
あいちゃん達の魂を供養するために七童寺を建立した事も話しましたが・・・

jigokushoujo_26-23jigokushoujo_26-24

つぐみからその話を聞くと、あいちゃんが巨大なエネルギーを放って、
七童寺を木っ端微塵に燃やしてしまいました(´・ω・`)
あいちゃんって凄いパワーを持っているんですね!
いったいなぜ燃やしちゃったのでしょう?
恨みを晴らせなかった憂さを仙太郎の寺に八つ当たり!?
それとも、仙太郎への恨みが消えた事を表しているのでしょうか?
この点の詳しい事は語られずに終わる事になりますがね・・・。

jigokushoujo_26-25jigokushoujo_26-26

さて、その後のあいちゃんはというと、地獄少女のお仕事に復帰してました。
世の人の恨みの感情は永遠に消えないということなのでしょう・・・。
あいちゃんはこれからも人々の恨みを晴らすべく頑張りそうですね。

★総評★
物語の特性上、暗い物語ばかりでしたけど、他のアニメには無い
独特な雰囲気があったので良かったように思います。
あいちゃんの仕草や表情とかに惹かれてしまいました♪(*´ω`*)
ラストにもありましたように、この作品には続編があります。
第2期では、三藁の過去についても明らかにされますので、
気に入られた方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

関連記事