けものフレンズ 第07話 「じゃぱりとしょかん」 - アニメとゲームと恋の楽園
2018/11/23

けものフレンズ 第07話 「じゃぱりとしょかん」

kemonofriends_07-01.jpgkemonofriends_07-02.jpg
(C)けものフレンズプロジェクト/KFPA

じゃぱりとしょかんでお料理作り!?

kemonofriends_07-03.jpgkemonofriends_07-04.jpg

「かばんちゃんはどんなとこに住んでた子なのかなぁ?楽しみだなぁー♪」
サーバルとかばんはへいげんちほーのライオンやヘラジカ達に別れを告げて、
しんりんちほーにある「じゃぱりとしょかん」に向かうところから始まります。
ハシビロコウの話からかばんの正体が『ヒト』という可能性が出てきましたので、
ヒトとはどういう動物でどんな場所に住んでいるのかを調べることになります。
中盤になってきてようやくかばんの謎に迫っていくような感じになってきましたね。
はたしてかばんの正体が図書館で判明するのかどうかが気になるところでした。

kemonofriends_07-05.jpgkemonofriends_07-06.jpg

「・・・・・・はい なら みぎへ、いいえ なら ひだりへすすもう。」
「え!?かばんちゃん急に何言い出すの?」
「え?書いてあったから・・・・・・。」
しんりんちほーの森の中には文字の書かれてある看板を見つけるのですが、
かばんには文字が読めて、サーバルは全く読めない事が判明していました。
こういうところを見ても、かばんが『ヒト』であった可能性が高まりますね。

とにかく、この看板には動物に関する問題が出されていました。
この問題を解いて正解しないことには先に進めないというのだから大変かな。
でも、視聴者側としてはこういう問題からも動物に関する知識が覚えられるので、
なかなか有益性のある演出になっていたと思います。

kemonofriends_07-07.jpgkemonofriends_07-08.jpg

「ここまで辿り着いた子は初めてです。これは期待できるです。」
サーバルとかばんは何とか看板クイズに正解して森林の迷路を突破しました。
その直後にアフリカオオコノハズクの博士とワシミミズクの助手というフレンズの
コンビと出会うことになるのですが、サーバルを蹴飛ばしていたから酷いです。
でも、地面に転がりながら痛がっているサーバルの姿を見ると面白い。

とにかく、今回もこの新たなフレンズコンビと交流を深めていくことになります。
毎回新たなフレンズが登場するし、いずれのフレンズも個性豊かな性格なので、
今度はどんな楽しいフレンズが登場してくれるのか期待して見てしまいます。
こういう楽しみ方が出来るのが「けものフレンズ」の良いところの1つでしょうね。


kemonofriends_07-09.jpgkemonofriends_07-10.jpg

「教えてほしければ料理するのです。」
博士と助手はかばんの正体を教える条件として料理を作ることを要求します。
じゃぱりまんを食べ飽きたから他の食べ物を食べたくなったみたい。
でも自分達の頭が賢いと言っているのが偉そうぶっていそうに見えますわ(苦笑)
ただ、博士と助手があの看板クイズを用意したみたいだし、砂時計で時間を
計る事も理解しているから、他のフレンズよりも知能が高いのは確かです。

とりあえず、サーバルとかばんは協力してお料理作りに挑戦しようとします。
こういう時は図書館の本で料理のレシピを調べられるから役に立ちますね。

kemonofriends_07-11.jpgkemonofriends_07-12.jpg

「サーバルちゃん。これを切ってもらえる?」
「え~と・・・・・・え~と・・・・・・。みゃみゃみゃみゃみゃみゃーーーっ!」
かばんが料理本のレシピを読んで、サーバルに食材を切ってもらっていました。
第5話でのログハウス作りの時みたいに適材適所で上手く分担していると思います。
とりあえずサーバルの爪の切れ味は南斗水鳥拳並に鋭いのかもしれないw

あと、かばんが虫眼鏡を用いた方法で火を起こしていたから偉いです。
反対にサーバル達は火を見て怖がっていたところが大きな違いですね。
かばんがこのように色んなアイデアを思いついたり、工夫が出来るところを見ても、
『ヒト』としての高い知能を有していることが伺えるシーンでした。


kemonofriends_07-13.jpgkemonofriends_07-14.jpg

「ダメですね。我々が満足できるまで頑張るのです。」
「だいたいこれ食べ物なのですか?」
サーバルとかばんが作った料理というのはカレーだったわけですが、博士と
助手に試食してもらうと当然のように辛くて不合格となっていました。
でも、味にケチをつける割にはパクパクと食べていたからおかしいですよね(笑)
さすがに完食したのなら約束通りに正体を教えてあげないといけませんわ(^ω^)

「あなたは・・・・・・・・・・・・『ヒト』です!」
いよいよかばんの正体が博士と助手によって明らかにされていました。
前回のハシビロコウの話は推定だったのですが、今回の博士と助手の話では
ヒトの特徴も細かく語ってくれていたのでほぼ断定といった感じでしたね。
ただ、「ヒトが絶滅していない」という話はちょっと気になる部分でした。

kemonofriends_07-15.jpgkemonofriends_07-16.jpg

「美味しいものを食べてこその人生なのです。」
「そして(ヒトの)棲み家が分かったらまた必ず来るのです。我々はおかわりを
待っているのですよ。」

「はい。」
サーバルは副賞として人気アイドルユニット「PPP(ペパプ)」のライブチケットを
貰って喜んでいました。
最後の次回予告コーナーでは毎回登場してくれていますが、まさかアイドルとは。
次回は彼女達がどういうライブを見せてくれるのか楽しみといったところです。

今回はかばんの正体が『ヒト』だということがほぼ判明したのが大きいですね。
まぁほとんどの視聴者は既に予想されていた人も多いでしょうけど(^ω^)
次からはヒトがいる場所を見つける事が目的になるのですけど、すでにヒトが
絶滅したという話も気がかりだし、はたしてかばん以外のヒトと出会えるのかが
気になるところでした。
とりあえず、サーバルとかばんの冒険の旅はまだ続くのは嬉しかったです。

関連記事