地獄少女 第19話 「花嫁人形」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/04/17

地獄少女 第19話 「花嫁人形」

jigokushoujo_19-01jigokushoujo_19-02
(C)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

少し変わった嫁姑問題を取り扱ったお話です。
家事をするように言われるのならわかるけど、
何もしなくて良いと言われると戸惑いますよね。
格式のある家に嫁ぐのは避けたいなぁって思ったw

jigokushoujo_19-03jigokushoujo_19-04

人形作りで有名な名家に嫁いだ祈里でしたが、どこか嬉しそうにありません。
結婚式の時や家にいる時もなぜか姑に怯えておりました。よくある嫁姑問題?
この姑の鏡月は祈里のことを四六時中監視しているみたいです(´・ω・`)
挙句の果てに「あなた太りましたね。」なんて言っちゃって苛めてます。
あわゎゎゎ、こんな家に嫁ぐのなんて私は絶対イヤだなぁ~(>ω<)

jigokushoujo_19-05jigokushoujo_19-06

辛く感じた祈里は夫に悩み事を相談していました。
鏡月のことは息子である夫に聞くのが一番ですからね。
この時の夫の言葉は祈里に安心感を与えていました(*´ω`*)
こうして見ると素敵な旦那さんだなぁって思いました・・・。
旦那さんから朝ごはんを作ってほしいと頼まれて、
喜んで作っていました。女の見せ所だよ~♪

jigokushoujo_19-07jigokushoujo_19-08

でも、せっかく作ったのに鏡月が台無しにしちゃった。
愛する夫のために作ったのに可哀相だよ・・・(´・ω・`)
それに夫も夫で、なぜそこで庇ってあげないの!?
なんか母と息子揃って変人みたいな感じで気味悪い・・・
祈里を「人形のように」という表現もおかしいよ(´・ω・`)

jigokushoujo_19-09jigokushoujo_19-10

言う事を聞かなかったら物置部屋に軟禁されてホント酷すぎる。
祈里は施設で育ったので離婚するにも帰る場所が無いのでしょう。
涙を流しながら施設に帰りたいと言っていたのが涙を誘います(>ω<)
耐え切れなくなった祈里は地獄通信をすることを決意しました・・・。
今回もつぐみがトリップ状態に陥ってましたよね(´・ω・`)
柴田親子がストーリーに絡むのも定番になってます。
とにかく誰かが地獄通信をするとつぐみは感じ取る事が出来るのです。

jigokushoujo_19-11jigokushoujo_19-12

あいちゃんがワラ人形を渡した時に祈里が怖がっていたのが印象的です。
人形に対してかなり恐怖心を抱いている事が伺えました・・・。
やはりあの家のお嫁さんになるのは無理な気がします。

jigokushoujo_19-13jigokushoujo_19-14

柴田親子が祈里から詳しい事情を伺っていました。
その施設は鏡月の寄付によって成り立っているので、
離婚して施設に帰るにも帰れないのです・・・。
施設のみんなのために我慢してきたのですよね。
祈里はとても優しい人なんだなぁって思います(>ω<)
それも自分が地獄に行く事も覚悟の上だなんて・・・

jigokushoujo_19-15jigokushoujo_19-16

「私が欲しいのは悲哀と絶望に満ちた人形なんです。」
この鏡月の言葉からも頭がイカれているのは確かです・・・(^ω^;)
早く地獄に流してあげた方が鏡月にとっても救いかも?w
とにかく逃げ出そうとした祈里は水責めの刑でお仕置きされてました。
疲れ果てた祈里に対して笑みを浮かべるなんて、まさに鬼姑だわ!!
「あの人が悪いのよ!人を人と思わず人形みたいに!私だって痛みもあれば
怒りも覚える!あの人の人形にはなれないっ!!」

さすがに祈里の堪忍袋の緒が切れちゃった・・・。糸を解きます!
「恨みます・・・あの人を。私は幸雄さんと生きていきます!」
この時に驚いたのは旦那さんと一緒の道を選んだ事です。
何も助けたりしてくれないのに、なぜ一緒になりたいのだろう?
これも施設にいる皆のためなのでしょうか?同じ女でも私には理解できない。

jigokushoujo_19-17jigokushoujo_19-18

とりあえずお仕置きタイムの始まりです。
・・・てか、もう心が完全に壊れている鏡月でした(^ω^;)
自分の体が人形になっても狂いまくって笑っておりますぅ~。
さすがにこうなってはお仕置きしてもムダということで・・・
「ヤレヤレ、お嬢の出番だな」
一目連がすぐにあいちゃんに仕事を振っていました(^ω^)

jigokushoujo_19-19jigokushoujo_19-20

鏡月があいちゃんの姿を見ると・・・
「作りたいわ、あなたのようなお人形を。さぞ、死に装束が似合うでしょうね。」
この人にはもう何を言ってもムダでしょうね・・・
頭のネジが完全に飛んじゃってるよ(^ω^;)
「永遠にあの世で作らせてあげる。ただし、モデルはあなた自身の死に様よ。」
最後のあいちゃんの冷たい言葉が良かったです。

jigokushoujo_19-21jigokushoujo_19-22

これで祈里は平穏に生活ができると思ったのですが・・・
「幸雄さん。これからはお義母様の分まであなたに尽くしますね。身も心も♪」
「心?・・・いらないよ、そんなもの。君はただジッと僕の事を見てくれれば
それで良いんだ。・・・お人形さんのように。」

旦那さんからの返事は鏡月が言っていた言葉そのものでした。
親子だから考え方や趣味も一緒なのでしょうか?(^ω^;)
祈里にとってこれからも生き地獄の日々が続きそうですね・・・。
これなら糸を解かない方がまだマシだったかもしれません。
少なくとも鏡月の方が先に天寿を全うする可能性があるでしょうし、
地獄通信をして自分が地獄に行く事もないはずですからね。
まぁ私だったら家事全般をやらなくて良いので楽だなぁって
思っちゃうところなんですけどね~ww

関連記事