10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ロウきゅーぶ! 第04話 「昂に願いを」

2017年07月07日
rokyubu_04-01.jpgrokyubu_04-02.jpg
(C)蒼山サグ/アスキー・メディアワークス/TEAM RO-KYU-BU!

女子バスケ部が対抗戦に勝てるか!?
rokyubu_04-03.jpgrokyubu_04-04.jpg

今回は女子バスケ部と男子バスケ部の対抗戦の続きが描かれています。
最初は女子バスケ部が優勢に試合を進めていましたが、徐々に智花達の
スタミナが切れてくると男子バスケ部が押し返す展開に変わってきました。
ひなたの「イノセント・チャーム(無垢なる魔性)」を利用した秘策なんかも
あっさりと打ち消されちゃったし、このままでは負けてしまいそう・・・・・・(汗)
果たして智花達が試合に勝てるのかどうか気になりながら見ていましたよ。

rokyubu_04-05.jpgrokyubu_04-06.jpg

「私が負けるなんて些細なこと!皆と一緒だもん!」
智花と竹中くんのエース対決なんかはほぼ互角の攻防を繰り広げられていて、
手汗握るような感じで描かれていたのは良かったです。
美少女萌えアニメでもこのような真剣なバスケシーンが描かれているところが、
この作品の高評価に繋がっていると思います。

とにもかくにも、最後には1点差で女子バスケ部が勝ったので一安心かな。
小賢しい作戦を用いたりもしましたけど、昴の作戦が功を奏したと思います。
昴は女子小学生にバスケを教える楽しさなんかも知ったかもしれませんね。

rokyubu_04-07.jpgrokyubu_04-08.jpg

「女子バスケ部の勝利を祝して!」
『乾杯ー♪』
試合が終わった後は皆で祝勝会をしていました。
彼女達の話を聞いていると、5人が心の中で通じ合えている感じがします。
ただの仲良しグループではない絆の深さというものが伝わってきました。
その意思疎通の出来るチームワークが彼女達の強さなのかもしれません。

あと昴が愛莉に本当はセンターだった事を正直に伝えていたのですが、
てっきり最後まで隠し通すものだと思っていました。
昴はこれで愛莉達をコーチするのも最後だから打ち明けたのでしょうね。
でも、もし愛莉がショックを受けてバスケを辞めちゃったら心配だよ(苦笑)

rokyubu_04-09.jpgrokyubu_04-10.jpg

「昴さん。やっぱりコーチの延長をしてもらえませんか?」
智花は昴に女子バスケ部の指導を続けてもらおうとお願いしていました。
先程は智花が昴と愛莉のやり取りを見て少し嫉妬していたりもしましたので、
このまま昴とお別れしたくない気持ちがあるのでしょうね。
智花が昴に対して特別な感情を抱いているような感じがしました。
男子高校生と女子小学生の恋愛模様も描かれるのかどうかも気になるところ♪

rokyubu_04-11a.jpgrokyubu_04-12.jpg

昴の高校生活の様子も少し描かれています。
葵は幼なじみということもあって昴に結構絡んできたりしていました。
彼女の表情を見ると、少し昴に惚れているところもありそうかな。
昴の周囲には多くの女の子が集まっている印象があります。

rokyubu_04-13.jpgrokyubu_04-14.jpg

「何とか50本入るといいのですけど・・・・・・」
「智花なら出来るよ。」
智花は昴にコーチを続投してもらうためにフリースロー連続50本決める条件を
何とかクリアしようと頑張ります。
さすがのバスケの能力の高い彼女でも50本も連続で決めるのは厳しいかも。
それでも諦めずに地道に努力を続けていたから努力家だと思う。

あと、智花が顔を赤くしたりするのを見ると昴に恋心を抱いているのは確か。
そういう秘めた想いもあってコーチを続けてもらいたい気持ちが強いのでしょう。
智花の想いが昴に通じるのかどうかも今後の楽しみでもありました。

rokyubu_04-15.jpgrokyubu_04-16.jpg

「次でラストだ。」
「はい。」
最後は智花が50本連続でフリースローを決める事が出来ていました。
これで昴に女子バスケ部のコーチを続けてもらえるので一安心です。
昴も智花の頑張る姿を見て逆に勇気づけられた部分もあったみたいですし、
智花達にとっても昴にとっても良い影響を与え合える存在になれそうです。

『お帰りなさい♪あなた♪』
ただ、智花達はスクール水着とエプロン姿でお出迎えしていたのは良くないw
これでは昴のロリコンの疑惑が巻き起こりそうで心配になりますよねw
関連記事
ロウきゅーぶ!