ささめきこと 第05話 「friends」 - アニメとゲームと恋の楽園
2020/04/07

ささめきこと 第05話 「friends」

sasamekikoto_05-01.jpgsasamekikoto_05-02.jpg
(C)2009 いけだたかし・メディアファクトリー/ 梅枝高校女子部

純夏達がメイド服に着替えてお料理を作る♪

sasamekikoto_05-03.jpgsasamekikoto_05-04.jpg

今回は朋絵とみやこが放課後に純夏の家にお邪魔するところから始まります。
先生から女子部の設立を却下されたので、今後の作戦を練ろうとしていました。
しかし、純夏からすれば私生活を嗅ぎ回られて困るというところでしょうか。
家政婦の早澄野江さんなんかは純夏の思い出話を改ざんして語っていましたし、
純夏の周囲は変な人ばっかり集まっている印象がありますわ(笑)

sasamekikoto_05-05.jpgsasamekikoto_05-06.jpg

「アケミちゃんがいないのよぉぉ~~~~(涙)」
汐はアケミ(正樹)の姿を校内で見かけないので嘆き悲しんでいましたけど、
さすがに正樹がずっと女装するわけにはいかないから仕方ありません。
本当にこの子は好みの女の子がいれば夢中になっちゃうタイプですね(笑)

その後、今度は汐のアパートで女子部設立の作戦会議を開こうとするのですが、
汐の家の中には沢山の蔵書が所狭しと置かれていたから驚きです。
でも純夏としては汐がツーショット写真を大切に飾ってくれているのを知って
ちょっと嬉しい気分になっていたかもしれませんね。
ここまで親しいと純夏の想いが届いてもおかしくないような気がするんだけど、
まだ汐にとっては純夏は仲の良い友達という認識なのでしょう。

sasamekikoto_05-07.jpgsasamekikoto_05-08.jpg

「女同士で結婚とか出来ねぇかなぁーーーっ♪♪♪」
純夏とみやこがそれぞれ好きな人との新婚生活を妄想していたから面白い。
純夏なんかは汐との夜の営みまで妄想してウハウハしていたから変態だよw
この妄想を見ると、純夏も十分に重症といえそう(笑)

sasamekikoto_05-09.jpgsasamekikoto_05-10.jpg

「コラァ~。ちゃんとお勉強しないとダメでしょう。」
汐が可愛らしいメイド服を着て夕食を作ろうとすると、純夏が見惚れていました(笑)
その後、なぜか純夏とみやこがお料理の腕を競う流れになっていたし、今回は
もうコメディ色全開で話が進められている感じがします。
朋絵とみやこが登場してからはかなり明るい雰囲気になっているのは確かです。
それゆえに純夏も素の変態趣味を出すようになっていますわ(^ω^;)

sasamekikoto_05-11.jpgsasamekikoto_05-12.jpg

「失敗すると爆発する料理って誰が発明したんだろうね?(汗)」
「アンタじゃないの?」
純夏がお料理をしていると窓の外まで黒鉛が広がる大爆発を起こします。
いくら料理が下手とはいっても、これは限度を超えています(笑)

「女の子にはねぇ、偉い先生が何と言おうとやらなきゃいけない時が来るのよ。」
家の中を滅茶苦茶にされた汐からすれば迷惑もいいところだけど、彼女は
全く怒らずに笑顔を見せて夕食を一緒に作ろうと誘っていたから優しい。
でも、この場から逃げ帰るのだけは許さないみたいだけど(笑)
汐が逃げようとする純夏に物を投げつけた時のスピード感が凄かったです(汗)
もしかすると汐って純夏よりもケンカが強かったりするのかもしれない?(笑)
とにかく、こうなると皆で仲良くお料理作りをするしかありませんね。

sasamekikoto_05-13.jpgsasamekikoto_05-14.jpg

純夏が汐のために張り切ってお料理を作ろうとすると指を切ってしまいます。
そこで汐が純夏の指の傷口を舐めてあげていたのですが、純夏からすれば
思いがけないハプニングといった感じで幸せな気分でしょうね。
この後は皆で楽しそうにお料理を作っているシーンが流れていましたので、
これだけでも十分に女子部のような活動になっているように思います。

sasamekikoto_05-15.jpgsasamekikoto_05-16.jpg

「恋人とは2人きりの方がいいが、友達とは大勢の方が楽しい。
だから今日は楽しかった。ありがとう。」

朋絵が純夏に感謝の言葉を述べるシーンがありましたが、朋絵とみやこは
女の子同士で付き合っているために他の友達を作りにくかったのでしょう。
百合を理解してくれるかどうかが不安というのもあったはずだし。
そんな中、同じく女の子が好きな純夏と汐と出会え、こうして仲良く一緒に
遊んでくれた事が何よりも嬉しかったのかもしれません。
この作品はラブコメの印象が強いのですけど、女の子同士で付き合うことの
大変さというものをほんの少し感じさせてくれていたように思います。

関連記事