普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 第08話 「勇気をだして、呼んでみた」 - アニメとゲームと恋の楽園
2017/12/14

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 第08話 「勇気をだして、呼んでみた」

locodol_08-01.jpglocodol_08-02.jpg
(C)小杉光太郎・一迅社/流川市ふるさと振興課

奈々子がみらいと親しくなろうとする♪

locodol_08-03.jpglocodol_08-04.jpg

奈々子と縁とゆいとみらいが登校した時に挨拶を交すところから始まります。
しかし、みらいは人見知りが激しいためにまだ打ち解けられていない状態ですわ。
同じ1年生の奈々子に対しても緊張しているから相当なものかもしれない。
奈々子としては彼女と仲良くなるのはそう簡単ではなさそうな感じがしますね。
そこで今回は奈々子がどのようにみらいと仲良くなろうとするのか楽しみでした。

locodol_08-05.jpglocodol_08-06.jpg

「今日、演劇部お休みだよね?もしよかったらカラオケ行かない?」
さっそく奈々子がみらいに声をかけて、一緒に遊んで仲良くしようとします。
しかし、カラオケ屋さんに行っても歌う曲をなかなか決められないどころか、
会話すらほとんど続かないから困ったものかもしれません(苦笑)
結局「魚心くんソング」しか歌わなかったのでもったいない。
この様子からも奈々子とみらいが友達になるにはまだ時間が掛かりそう。
まぁみらいも奈々子と親しくなりたい気持ちはあるはずなので、このように
少しずつでも触れ合うような機会を作っていけばいいかもね。

locodol_08-07.jpglocodol_08-08.jpg

「今度からは動きも声も1人で担当してもらうことになります。」
みらいが加入したことにより、魚心くんはゆいと交代で担当することになります。
ただ、人見知りで会話するのも苦手なみらいにとっては難しいでしょうか。
いつまでもゆいのアフレコに頼っていては2人体制にした意味がなくなるので、
ここはみらいが何とか頑張ってもらいたいところでしたよ。

あと、奈々子が魚心くん鑑定士の称号を得ていたのが面白い。
まぁ同学年の奈々子がみらいのフォローをしてあげるのが一番良さそうかな。

locodol_08-09.jpglocodol_08-10.jpg

「よ、よろしくお願いします。宇佐美姉さん。」
「『奈々子姉さん』より酷くなってる・・・・・・(苦笑)」
奈々子がみらいに魚心くんの動きや声の練習指導をしてあげるのですけど、
観客がいない場所では何の問題もなく出来ているから大丈夫そう。
むしろ彼女は日常生活での人見知りを克服出来るかどうかが問題ですね。
でもまぁみらいは奈々子に練習に付き合ってもらいながら少しずつ会話が
スムーズに出来るようになっていた感じがします。

locodol_08-11.jpglocodol_08-12.jpg

「みらい!行きます!」
みらいは魚心くんの演技をさらに完璧にしようと思ってバック宙返りをしますが、
しかしその時に足を挫いてしまったので心配でしたわ。
あの技はゆいの運動能力があってこそ出来る技なのに、みらいは無茶しすぎ。
でも、そこまで魚心くんの仕事をやり遂げようとしたい気持ちは感じられます。
失敗したけど、着ぐるみ姿で宙返りをしようとしたのは凄いと思う。

locodol_08-13.jpglocodol_08-14.jpg

「みらいさんの足が完治していないので、ゆいさん2ステージ行けますか?」
「大丈夫っす。」
「すいません・・・・・・。」
「気にしなくていいっすよ。」
みらいは自分の不注意でゆい先輩に迷惑をかけたので申し訳なさそうでした。
ゆいを楽にさせるために魚心くんの代役を務めるはずだったのに、これでは
何も変わらないから困ったものですねぇ。

ただ、みらいは子供が覗き見しているのを察知して、ゆいの着ぐるみの脱着を
妨げていたのはグッジョブです。
やっぱり着ぐるみは子供の夢を壊さないように中の人を見られないようにするのが
鉄則みたいなものだから、これは本当にナイスだったのではないでしょうか。
どうやらゆいはみらいのこの周囲を見る能力に気づいてこの仕事に誘ったみたい。
確かに着ぐるみの中では視界が狭まりそうだから、この魚心くんの仕事に彼女は
向いている感じはするかな。

locodol_08-15.jpglocodol_08-16.jpg

「あの・・・・・・私、出ます。今踏ん張ってみたら、足大丈夫でした。」
みらいが足のケガを気にせずにゆいの代役を努めようとしたのは偉い。
ゆいがあれだけヘトヘトになっているのを見ると助けたくなったのかもしれない。
あと、見に来てくれた子供のためにも頑張ろうという姿勢なんかを見てみても、
みらいも着ぐるみアクターとしての心構えを身に付けたと言えそうです。

そしてみらいの初ステージはものの見事にこなしていたから素晴らしい。
魚心くん鑑定士の奈々子が中に入っているのはゆいと勘違いしちゃうくらいだから、
それほどみらいはゆいの演技に近づいている事を示していたと思います。
さすが演劇部に所属しているだけはあるかな。
とにもかくにも、人見知りのみらいが奈々子達と親しくなれたのが特に大きいです。
もうこれで彼女もロコドルメンバーの仲間として楽しくやっていってくれそうですね♪

関連記事