地獄少女 第07話 「ひびわれた仮面」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/04/11

地獄少女 第07話 「ひびわれた仮面」

jigokushoujo_07-01jigokushoujo_07-02
(C)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

表と裏の顔を持つある劇団員のお話です。
本性を現した時の醜さが凄まじい・・・

jigokushoujo_07-03jigokushoujo_07-04

翠は、演劇界ではとても名高い女優のようです。
そんな翠の養女となった彩花もまた演技は上手いのかな?
でも彩花は翠から毎日厳しい演技の指導を受けていました・・・。

jigokushoujo_07-05jigokushoujo_07-06

彩花は日頃の恨みを晴らすべく、地獄通信にアクセスします(´・ω・`)
「呼んだでしょ?私は、閻魔あい。」
あいちゃんからワラ人形を受け取ったものの、自分もいずれ
地獄に流される事を知ってためらっていましたね。
さすがに厳しい指導されるだけで、自分も地獄に流されたくないか(^ω^)
そこで考えたのは、不良の2人の男に翠を襲わせる事でした・・・

jigokushoujo_07-07jigokushoujo_07-08

翠が襲われている時に彩花が助けに入るのです(^ω^)
この辺は上手く三文芝居の演技をしています。
つまり彩花は裏の顔を持つ女だったんです。
でも、翠はなんとなく気付いている感じかな。
彩花の事を調べ始めるあいちゃん。私立探偵?
とりあえず彩花の依頼が私利私欲っぽいので気になるのです。
でも、彩花は劇団員の間では評判が良いんですね。
きっと、かなり猫を被った性格なのでしょう(^ω^;)

jigokushoujo_07-09jigokushoujo_07-10

演劇の準主役に彩花が選ばれると思われていたのですけど、
翠が若手女優の来島薫子を抜擢したので大変です。
彩花の憎しみはさらに100倍に増幅してしまいました(汗)
古典的なイジメで薫子に嫌がらせをしてましたよ(´・ω・`)
もう何もかもがワザとらしい演技です。
翠に簡単に見破られるのもわかる気がしますわ。
とりあえず彩花は薫子に対して仲良くなったように演技をしています。
一緒に食事をしたり、UFOキャッチャーをしたりしていました。

jigokushoujo_07-11jigokushoujo_07-12

そして再び不良仲間の男達を呼んで酷い事をさせるのです。
薫子は彩花のワナにハメられちゃった・・・(>ω<)
この子は何の関係もないのにヒドイ!
もう声が出なくなったら、演技が出来なくなっちゃう・・・。

jigokushoujo_07-13jigokushoujo_07-14

しかし、計画は彩花の思い通りには進みませんでした。
「次回公園は中止とし、劇団も解散。それと
あなたとの養子縁組も解消します。」

翠からの最後通告がありました。
それを聞いた彩花は猫を被るのをやめて、
本音で怒りをぶちまけていましたよ(^ω^)
彩花って・・・怖い人だぁ(´・ω・`)

jigokushoujo_07-15jigokushoujo_07-16

とりあえず、財産だけでも手に入れようとして糸を解くことにします。
わゎゎゎ、金のために地獄に行ってもいいんかい!?(´・ω・`)
でも、ワラ人形が普通のワラ人形に置き換わっていましたよ。
実は一足先にワラ人形の糸を解いた人がいたのです。
それは声帯をつぶされた薫子さん・・・
もちろん流す相手というのは彩花でした。

jigokushoujo_07-17jigokushoujo_07-18

お仕置きコーナーは演劇です。彩花は人生最後の舞台を見事に演じていました。
あいちゃんからも一言だけ労いの言葉をかけられていました。
「迫真の演技だった。あなたの今までで最高の・・・。」
変な欲を出さずに演劇一筋で頑張っていれば、いつの日にか
富も名声も得られたかもしれないのになぁ・・・。
実力はあったんだからもったいないと思います。

関連記事