10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

STRANGE DAWN 第06話 「抜け目のない狩人は」

2017年04月12日
strangedawn_06-01.jpgstrangedawn_06-02.jpg
(C)佐藤順一・HAL/「STRANGE DAWN」製作委員会

エリが人質救出作戦を実行する!
strangedawn_06-03.jpgstrangedawn_06-04.jpg

エリ達は夜になったので野営地で休んでいるところから始まります。
前回、エリとユコは口ゲンカをしてしまってから顔も合わせない状態です。
このままギスギスしたままでは周囲の小人達も余計に気を使ってしまうし、
旅をするのにも差し支えるから早く仲直りしてほしいところでしょうね。
そういうわけでエリとユコがどのように仲直りするのかに注目でした。

strangedawn_06-05.jpgstrangedawn_06-06.jpg

「あぁもう!行きゃあいいんでしょ!もう!ほら!皆、動く動く!
荷物ちゃんと運んでくるように!」

バルジダン派の兵士達の襲撃によってユコ達は捕まってしまうのですけど、
エリとシュラだけはたまたま別の場所にいたので助かっていました。
ユコからすればアリラ王女に会うためにバルジダンに行くつもりだったので、
これは丁度良い道案内人が来てくれたようなものかもしれませんね。
人質になっているのに敵の集団行動まで仕切っちゃうところは彼女らしい(笑)

strangedawn_06-07.jpgstrangedawn_06-08.jpg

「シュラさんって・・・・・・シャルさんによく似てますね?」
「はぁ・・・・・・?」
「ていうか、よく喋るシャルさんって感じ。」
「・・・・・・」
エリが皆を助けに行けなかった事を悔やんでいるところは印象に残ります。
ユコとケンカしたとはいえ大切に思っている事が伝わってきます。
ただ、シュラがエリの悩む姿を見て何か戦略を考えていると勘違いしていたから
笑ってしまいました。
シリアス調な物語ではありますが、異世界間での文化や考え方の違いなどで
戸惑う姿を描いていくことで楽しい雰囲気を出しているような感じがします。
エリとシュラの会話が噛み合っていないところなんかは特にね(^ω^)

strangedawn_06-09.jpgstrangedawn_06-10.jpg

「私、いざっちゅう時はさぁ、あんたら皆置いて先にさっさと逃げるから。」
ユコはレカがシュラの事でずっと悩んでいるから文句を言っていました。
ユコの場合は悩む暇があったら行動するというのがモットーみたいだ。
でもちょっと薄情な性格もしているなぁって思いましたよ(苦笑)
彼女は裏表なく言いたいことをそのままズバズバ言うところがあるので、
何を考えているのかよく分かるという良さもあるんだけどね。

あと、ここでレビアンというバルジダン派のゲリラを率いる隊長が登場。
部下達からは魔人よりも恐れられていたからどんな女性なのか気になった(^ω^)

strangedawn_06-11.jpgstrangedawn_06-12.jpg

「アリラの生死を確かめたいのなら協力しよう。その代わり私達の陣営に
加わってほしい。」

「やだ。そういう取引って勘弁。嫌いなんだ。私。」
「時間はある。ゆっくり考えてもらえばいい。」
ユコはレビアンからアリラ王女の姿が忽然と消えた事を聞かされて動揺します。
元の世界に戻れる手掛かりが掴めなくなったのだから無理もないかな。
あとレビアンだけは魔人を恐れずにタメ口で話していたので気が強そうでした。
さすがゲリラの隊長をしているだけのことはありそうかな。
あのユコでさえレビアンの前では霞んで見えるくらい風格はあるし。

strangedawn_06-13.jpgstrangedawn_06-14.jpg

エリとシュラは鳥達の大群が押し寄せてくる「渡り」という現象に乗じて、
ユコ達の救出を試みようとしていました。
今までの異世界の様子を見ていると、ただ文明の発達していないだけの
戦乱の世界といった感じに見えましたが、こういう不思議な現象を見ると、
やはりここが異世界である事を改めて認識させられます。
あの空に浮かぶ浮遊物体が何なのかがちょっと気になりました。

「奈津野さん!」
「逃げよ。あっち!」
「うん。」
エリとユコが牢屋をぶち壊して皆を救出していましたので、これでますます
2人は魔人だと思われることになるでしょうね(笑)
とりあえずエリとユコがこれをキッカケに仲直りしてくれそうで安心しました。

strangedawn_06-15.jpgstrangedawn_06-16.jpg

「戦いをやめさせたまえ。人々の苦しみ憎しみ取り除きたまえ。」
「誰?」
ユコの前にも謎の女魔術師が姿を現していたのがポイントでしょうか。
ただ第4話でエリが出会った女魔術師と容姿が異なっていましたので、
同一人物なのか、それとも別の女魔術師なのかが気になるところ。
とにかくユコがまたレビアンに捕まってしまったところで次回に続きます。

エリとユコがケンカをしていても友達として気にかけていたのが良かった。
異世界に一緒に導かれた者同士だから親しくしたい気持ちがあるのでしょう。
元の世界では性格が違いすぎて友達として付き合えなかったと思うのですが、
この世界にやって来た事で友達関係になるというところは興味深いです。
関連記事
STRANGE DAWN