09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

タクティカルロア 第03話 「微笑(えがお)と素顔」

2016年12月06日
tacticalroar_03-01.jpgtacticalroar_03-02.jpg
(C)バンダイビジュアル・アクタス

パスカルメイジの女の子達が海水浴を楽しむ♪
tacticalroar_03-03.jpgtacticalroar_03-04.jpg

パスカルメイジの乗組員達が海水浴を楽しんでいるところから始まります。
まぁこの手の美少女アニメにとってはお約束みたいな水着回というわけで、
女の子達が色とりどりの水着姿を披露してくれていました。
特に意味があるような描写でもないから感想はサラッと流そうかな(笑)

tacticalroar_03-05.jpgtacticalroar_03-06.jpg

漂介も一緒に海に来ていたのですが、お色気アタックをしてくる島原看取
お話するよりも、人見知りする海里美晴と話す方が落ち着くみたいだ。
でも美晴の表情を見ていると漂介に惚れているのかなぁって思ってしまう。
まぁ日頃は女性だけの職場で勤務しているのもあって、男性と会話する事に
戸惑っているのかもしれませんね。

tacticalroar_03-07.jpgtacticalroar_03-08.jpg

漂介がバランスを崩して倒れた拍子に翼の胸を揉んじゃっていました。
本当に彼ってラッキースケベ的なトラブルばかりに見舞われているなぁ(笑)
元々から漂介は翼とは相性が悪そうだったけど、これで完全に翼からは
目の敵にされることになるでしょうねw

tacticalroar_03-09.jpgtacticalroar_03-10.jpg

七波は参考人として調査委員会に召還されることになったわけですけど、
洋衛軍はパスカルメイジの戦闘をあくまで事故として処理しようとします。
まるで結論ありきで台本に沿ったような形で尋問しているようにも見えますわ。
洋衛軍としては軍事機密を搭載した試験艦の存在を公にしたくなさそうだ。
それとも試験艦がテロリストの手に渡っていた事を隠したいのかも。
だから七波は先に管理局にテロリストによる事件だと報告してて正解でした。
これでパスカルメイジの皆が解雇される心配はなくなったわけですし。

あと、女性艦長だからといってバカにされている様子も見受けられました。
これは七波にとっては怒りや悔しさしか感じられない尋問だったことでしょう。
女性ばかりが乗るパスカルメイジが見下されているのは間違いないです。
とにかく海賊以上に洋衛軍は厄介な存在といった感じがしましたわ。

tacticalroar_03-11.jpgtacticalroar_03-12.jpg

七波艦長とターニャ・L・コジマ副長の関係を見るととても仲が良さそうです。
この2人がいるからパスカルメイジはスムーズに航海ができるのでしょう。
だから他の乗組員達も艦長にかなり信頼を置いている印象があります。

tacticalroar_03-13.jpgtacticalroar_03-14.jpg

漂介は艦内システムのアップデート作業が終わったので船を降りることになります。
そこで、パスカルメイジの皆が送別会をしてあげていたのが良かった。
というか、彼女達がどんちゃん騒ぎをしたかっただけのようにも見えるけど(笑)

tacticalroar_03-15.jpgtacticalroar_03-16.jpg

「漂介くん。」
「か、艦長!?」
「今は勤務中じゃないから七姉でいいわよ。」
最後に七波が漂介に対して愛想良く話しかけてあげていたのが良かった。
彼女は仕事では艦長の立場上、威厳に満ちた態度を取っていたのでしょう。
これで長年離ればなれだった漂介と七波との距離が縮まっていきそうでした。

「漂介くんはたった1人の・・・・・・・・・・・・『弟』だもん♪」
でも、七波からは弟だと言われてしまっていたからちょっと可哀想だなぁ。
このシーンはキスするのかなぁって思ったので拍子抜けしちゃった(苦笑)
とにかく2人の関係がどうなっていくのか気になりました。

tacticalroar_03-17.jpgtacticalroar_03-18.jpg

漂介は七波達に見送られて船を降りることになります。
短い間でしたけど、こうしてみると彼は女の子達から慕われていたみたいだ。
でも視聴者の私としては彼が仕事をしている印象がなくて、いつも女の子達と
ラッキースケベな事をしていたようにしか思えなかったんですけどね(苦笑)
関連記事
タクティカルロア