09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

タクティカルロア 第01話 「アイ、ショーティ!」

2016年11月29日
tacticalroar_01-01.jpgtacticalroar_01-02.jpg
(C)バンダイビジュアル・アクタス

護衛艦の女性乗組員達が海の治安を守っていく物語
tacticalroar_01-03.jpgtacticalroar_01-04.jpg

今回からは「タクティカルロア」という美少女アニメの感想を書いていきます。
最近のアニメでいえば「ハイスクール・フリート」に近い作品といったところでしょうか。
おそらくハイスクール・フリートを見て、この作品を思い出した人はいると思います。
とりあえず、最近では制作会社のアクタスが色々と話題になっていることもあるので、
比較的にまともに作って放送されていたこの作品をピックアップしてみます(^ω^)


OP曲はyozuca*さんが歌う「たったひとつだけ」です。

tacticalroar_01-05.jpgtacticalroar_01-06.jpg

まずこのタクティカルロアの世界観について説明がありました。
50年以上前に西太平洋で超巨大な停滞性台風「グランドロア」は発生した事。
その影響によって人類が気候変動と海面上昇の問題に直面してきた事。
それからは海上都市を発達させることによってようやく復興を成し遂げた事。
海上航路の発展によって、海賊などのテロリストが暗躍するようになった事。
そして海上の治安維持のために民間の自衛機関が組織された事などなど・・・・・・。

この作品は女性だけが乗る護衛艦を舞台にしているだけあって、たくさんの
女性キャラが登場してきます。
それゆえに顔と名前を覚えるのが大変かもしれませんね(苦笑)
まぁ最近の「ハイスクール・フリート」でも多人数の女性キャラが登場していたので、
流行の美少女ミリタリー系アニメを見慣れた人には問題はないでしょう(^ω^)

tacticalroar_01-07.jpgtacticalroar_01-08.jpg

女性キャラばかりが登場する作品ですが、一応男性キャラも登場しています。
冒頭から登場している彼は凪宮漂介という技術系の会社員です。
ヒロイン達と関わっていく唯一の男性キャラといってもいいでしょう。
もちろん、お約束のラッキースケベ的なハプニングも冒頭から描かれていましたw

tacticalroar_01-09.jpgtacticalroar_01-10.jpg

漂介は深水さんごに車上荒しと勘違いされて大変な目に遭っていました(笑)
阿古屋真夏阿古屋真秋の双子の姉妹が登場しているけど、この2人は
すぐに顔と名前が覚えられそうなほど独特な第一印象がありました(笑)
とりあえず漂介がハプニングに巻き込まれながら女性達と接触していくので、
これが女性キャラの顔見世のような形になっていたと思います。

tacticalroar_01-11.jpgtacticalroar_01-12.jpg

最初から女性キャラの入浴シーンがあるのも美少女アニメらしいところかも(笑)
ちなみにこの綿摘翼島原看取もこの作品のメインキャラとなっています。
当然、男性の漂介が女の子の入浴中に飛び込んで痛い目に遭うのもお約束w
でもこれは女の子達に放り込まれたのだから可哀想な気もするけどねw
きっと彼はこういうラッキースケベとお仕置きを受ける担当なのでしょうw

tacticalroar_01-13.jpgtacticalroar_01-14.jpg

メインヒロインの美咲七波「パスカルメイジ」という護衛艦の女性艦長です。
漂介は彼女の事を「なな姉」と親しみを込めて呼びますが、反対に七波の方は
彼に素っ気ない態度を取るものだから対称的と言えますね。
冒頭の2人の回想シーンを見る限りでは知人同士であるのは確かなのですが、
いったいどういう関係なのかが気になるところでした。

tacticalroar_01-15.jpgtacticalroar_01-16.jpg

女性だけが乗る護衛艦だから女性の下着が干してあるのは当然と言えますね。
ただ、漂介にすれば翼からまた変な濡れ衣を着せられそうだから大変かな。
覗き魔と間違われるくらいだから、下着泥棒と間違われてもおかしくありませんw
とりあえず現時点において漂介が翼に嫌われているのは確実です。

あと濱口レマラという男性もパスカルメイジに乗り込んでいたのですけど、彼は
七波達乗組員達の事を女性だと見下していたから嫌味なおっさんですわ。

tacticalroar_01-17.jpgtacticalroar_01-18.jpg

「本艦はこれより不明艦への攻撃を開始します。」
最後にパスカルメイジが正体不明の船から攻撃を受けるシーンがありました。
もちろん七波達は戦闘態勢を整えて立ち向かおうとします。
バトルシーンを見ると、現代的というか近未来的な戦闘描写になっていたかな。
とりあえず海戦の続きは次回へ持ち越されていました。

今では女性キャラオンリーのミリタリー系美少女アニメが流行していますけど、
この作品は女性キャラの中に1人の男性キャラが加わる形でハーレム的な
描写となっているところにやや古めかしい印象を与えるかもしれませんね。
女性キャラの描写なんかも可愛らしい萌えというより、お色気をメインにして
描かれているのも最近の美少女アニメとは異なる感じがします。
こうして見ると、「ハイスクール・フリート」と似たような世界観や立ち上がりで
描かれていますが、雰囲気的にはかなり異なる印象を持ちます。


tacticalroar_01-19.jpgtacticalroar_01-20.jpg

ED曲は、中原麻衣さんが歌う「モノクローム」です。
関連記事
タクティカルロア