09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

アイドル天使ようこそようこ 第36話 「猫子ちゃんのユウウツ」

2016年10月30日
youkosoyoko_36-01.jpgyoukosoyoko_36-02.jpg
(C)葦プロダクション・ビックウエスト

メランコリーな気分のようこ!?
youkosoyoko_36-03.jpgyoukosoyoko_36-04.jpg

冬、ようこが窓辺で元気なさそうにボーッと眺めているところから始まります。
彼女のチャームポイントの頭の輪も倒れていたからいつもと違いますね。
どうやら小雪混じりの空模様で太陽の光が届かないから元気がないみたいだ。
まるで彼女は太陽をエネルギー源として動いているような感じがしますわ(笑)

そんなようこは猫と一緒に戯れている女の子を見かけるようになります。
彼女の名前は猫子
猫を可愛がる人は多いけど、猫子のように猫に成りきって遊ぶ人は珍しい(笑)
今は猫にように木登りできるように練習しているといったところでしょうか。
まるで猫に生まれ変わろうとしているようにも見えます。
そういうわけで、今回はようこが猫子と知り合うエピソードが描かれています。

youkosoyoko_36-05.jpgyoukosoyoko_36-06.jpg

「ようこ。何か変だわ。どうした?」
「はい?どうもしませんけど・・・・・・。」
「ううん。どうもしてるわ。」
サキはようこの様子がおかしいので心配して声をかけてあげていました。
元気が取り柄のようこがこんなにも沈み込んでいるのは珍しいですもんね。
はたしてようこがどのように元通りに戻れるのかが気になるところでした。

youkosoyoko_36-07.jpgyoukosoyoko_36-08.jpg

「あー!虐めるなんていけません!私、相手しちゃいます!」
ようこは猫子ちゃんと猫達が犬に襲われそうになっていたので助けてあげます。
元気がなかったのにこういう時は元気に飛び降りたりできるのだから凄いです。
でもまたすぐに憂鬱な表情に戻っていたから心配は心配でしたけどね。
とりあえず一瞬でも元気な姿が見られたから体調面は問題はなさそうでした。
そうなると彼女の精神面に何か不安があるのかなぁ?って思うところ・・・・・・。

youkosoyoko_36-09.jpgyoukosoyoko_36-10.jpg

猫子は猫達と一緒に食料品売場に乱入して食べ物を盗み食いしていました。
まぁまだ子供だからといってもこれは褒められた行為ではありませんよね。
でも、あれほど素早い動きができるとは本当に猫のような女の子です。

「お勉強なんて逃げちゃえばいいのに・・・・・・」
あと、彼女は嫌だと言えない自分から逃げたくて猫になった事がポイントかな。
人間の生活から現実離れしたくて猫になろうとしているのでしょう。
子供の感覚だからこそ猫になりきる行動に移しちゃったとも考えられます。

youkosoyoko_36-11.jpgyoukosoyoko_36-12.jpg

「知らない気持ちの歌・・・・・・。何だかお日様のない空みたいです。」
ようこはTVの歌番組に出演して「放課後の冒険者達」という曲を歌うのですが、
ここでもようこの輪っかの髪が垂れ落ちて元気のない歌声となっていました。
ようこは自分の想いが含まれない曲を歌わされるので気が進まない状態です。
でもレコード会社からすればファン層が多くて売れ筋でもある中高生向けの
歌詞の曲を歌わせて販売したいはずだから仕方ないのかもしれません。
一応、アイドルというのはファンがあっての商売でもあるものですし・・・・・・。

「分かる。分かるわ・・・・・・。あの子が今どんな気持ちなのか。あの子も
私と同じ不幸なアイドルになるのかも・・・・・・。その予感がビンビン。」

さすがに京子でもようこの様子のおかしさには気づいただけはなく、ようこが
自分の良さを消されて作られたアイドルになるのを感じていました。
京子自身が今までそういう経験の元で活躍してきたからよく分かるのでしょう。

youkosoyoko_36-13.jpgyoukosoyoko_36-14.jpg

「そうです。はい。この子はやっぱり猫さんです。そして私はやっぱりようこです。
ようこのようは太陽の陽。いつまでもボケっとしていてはいけません。」

猫子ちゃんと猫達は落ち込んでいるようこを元気づけるように歌ってあげます。
歌を聞いたようこが元気になって歌ったりしていたからほぼ完全復活ですね。
頭の輪っかもピンと立つようになっていたからもう大丈夫そうでした。
ようこの場合は太陽の光だけじゃなく、素敵な歌も元気の源になるみたいだよ。

youkosoyoko_36-15.jpgyoukosoyoko_36-16.jpg

「良かった。いつものお姉さん♪」
「ありがとう。猫さん。」
ようこと猫子と猫達は自由気ままに歌いながら街の中を駆け回ります。
京子にも絡んだりしていたから面白い。
ようこは建物の中のステージで歌うよりも、こういう路上パフォーマンスのように
太陽の輝く広々とした街の中で歌っている方が似合っている感じがしますね。

youkosoyoko_36-17.jpgyoukosoyoko_36-18.jpg

「私、お家に帰ることにする。でもこれからもずっと猫さんよ♪
だって心が猫さんなら、たとえ人間やってても猫さんだもん。」

「ですね♪はい♪」
猫子ちゃんは人と猫が通じ合えることを知って、猫の姿になるのをやめていました。
人間の姿でも猫のように自由を謳歌できることを学んだということなのかもね?
それは与えられた曲を歌っていたようこにも何か吹っ切れるものがありそうでした。
ようこも自分のやりたい事をやるという気持ちが芽生えてきた感じかもしれません。
そうなると、これからようこのアイドル活動にも変化が見られてくるような気がします。
彼女が普通のアイドルとどのように異なる歌を見せてくれるのか期待ですね♪
関連記事
アイドル天使ようこそようこ