ちっちゃな雪使いシュガー 第06話 「ゴメンねがいえなくて」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/03/30

ちっちゃな雪使いシュガー 第06話 「ゴメンねがいえなくて」

snowsugar_06-01snowsugar_06-02
(C)蒼はるか/シュガー製作委員会

サガとシュガーが大ゲンカして別れてしまうお話です。
すぐに謝っていればここまで関係が悪化しないのに・・・

snowsugar_06-03snowsugar_06-04

今日は長老さんから魔法の練習を見てもらう予定だったのですが、
シュガーだけ現れませんでした。寝坊して遅刻しちゃったのです。
バレバレの遅刻の理由を言って、さらに長老を激怒させてましたw
長老さんはとても忙しいので、結局練習を見てもらえませんでした。
で、その長老さんはジンジャーを口説くのに忙しいってか!?ww

snowsugar_06-05snowsugar_06-06

「シュガー頑張る。頑張って母さまみたいな雪使いになる!」
シュガーのお母さんは妖精界でも一番の雪使いみたいです。
そんなお母さんを他の妖精達もすごく憧れていました。
もちろん娘のシュガーがお母さんを目指すのも当然かな。
だからといって、四六時中ピッコロを吹かれては堪らない(^ω^)
サガはシュガーがお母さんの話をしたので、自分の
亡くなった母親の事を思い出していました(*´ω`*)
形見の『楽譜』と『ピアノ』はサガにとって、とても大切な物なのです。

snowsugar_06-07snowsugar_06-08

シュガーのせいでバイト先のお店を滅茶苦茶にされてしまいました。
もちろんサガは大激怒。それでも練習すると言い張るシュガー。
「シュガー、母さまみたいな立派な雪使いになるんだもん!」
「そんなの私に関係ないっ!」
これまでにもシュガーがお母さんの話をしたりする時に
サガは一瞬思いつめた表情をしてきましたね(´・ω・`)
お母さんがいないので少し寂しさを感じているのかもしれません。
とにかく大ゲンカして、シュガーが飛び出していきました・・・

snowsugar_06-09snowsugar_06-10

でもソルトとペッパーから謝るように言われてサガの部屋に戻ります。
気まずい雰囲気の2人。せっかくサガの方から話しかけてあげてるのに
シュガーは謝ろうとしてないです。一言謝るだけでいいのに・・・(^ω^;)
サガの方は、もうシュガーと仲直りしようと思っているんですけどね。

snowsugar_06-11snowsugar_06-12

そこで、シュガーはサガに置き手紙を書いて謝ろうとしていました。
でもそれを見たサガの様子が一変してしまいます!(´・ω・`)
あらら~、お母さんの形見の楽譜に書いてしまったんですね。
呆然とするサガ・・・。こりゃヤバヤバです(^ω^;)

snowsugar_06-13snowsugar_06-14

シュガーはサガがどうして怒っているのか理解できてません。
「出てって!もうあんたの顔なんか見たくない。」
ついにサガの怒りが大爆発してしまいました!
もうこれでは仲直りは出来そうにない感じがします。
せっかく仲直りできるチャンスがあったのに残念です。
シュガーはどこに飛び出して行ったのでしょうね?(>ω<)

関連記事