09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

魔法少女なんてもういいですから。 第04話 「魔法少女には定年があってね」

2016年02月02日
mahoii_04-01.jpgmahoii_04-02.jpg
(C)双見酔/アース・スター/魔法少女なんてもういいですから。製作委員会

ミトンがちやにビビっちゃう!?
mahoii_04-03.jpgmahoii_04-04.jpg

ゆずかとちやとミトンが一緒に家に帰るところから始まります。
ちやもミトンの姿が見えているので魔法少女になれる素質があるわけですが、
ミトンが管理できる腕輪が1つなのでゆずかしか魔法少女になれないみたい。
ただ、ちやとしては魔法少女になる事よりもミトンが下の名前で馴れ馴れしく
話しかけてくるのが気に障るみたいだ(笑)
出会って間がないとはいえ、彼女って結構細かいことを気にする性格なのかも?
もうこの時点でちやとミトンの上下関係が決定づけられたような感じがします(^ω^)

あと、ゆずかがちやに魔法少女を代わってもらう事は出来ないみたいですし、
魔法少女は16歳で定年を迎えるということも説明されていました。
ミトンの魔法少女に定義の一家言というものをちょっと聞いてみたかったかな(^ω^)

mahoii_04-05.jpgmahoii_04-06.jpg

ちやはゆずかが魔法少女になっても危ない目に合わないかが一番心配でした。
そこで録音をしてまでミトンからきちんと言質を取っていたからしっかりしてるわ(笑)
これはちやがまだミトンの事を信用していないと思ってもいいでしょうね。
ミトンがちやとやり取りする時はタジタジになることになりそうだ。
とにかく、ちやがゆずかの事を大切にしているのがよく分かりましたよ。

mahoii_04-07.jpgmahoii_04-08.jpg

ゆずかがスーパーでミトンの食べたい物を買ってあげていたのは優しいです。
そこでミトンが高級な食べ物をいっぱい列挙していたから面白い。
ちょっと遠慮がないというか、図々しい気もしたけどね(苦笑)
まぁゴミ捨て場で残飯を漁り続ける生活を送ってきた反動が出ているのでしょう。
もうスーパーにある食材は全て高級品に見えるんじゃないでしょうかねぇ(^ω^)

mahoii_04-09.jpgmahoii_04-10.jpg

ミトンはゆずかが作ってくれた美味しいご飯を食べられて幸せ気分♪
・・・・・・と、いきたいところでしたが、これには裏があるオチになっていました。
どうやら、ちやがゆずかに貸しを作るようにアドバイスしていたみたいです。
本当にちやって抜け目がなくて恐ろしい女の子だなぁって思いますわ(苦笑)
これからミトンはゆずかの手料理を高級な賄賂だと思って食べる事になりそうだ(^ω^)
関連記事
魔法少女なんてもういいですから。