10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

烈火の炎 第16話 「戦いの決意!烈火の挑戦!!」

2016年03月02日
recca_16-01.jpgrecca_16-02.jpg
(C)安西信行/小学館・フジテレビ・ぴえろ 1997

烈火達がもっと強くなるために修業をする!
recca_16-03.jpgrecca_16-04.jpg

烈火が桜火と影法師の息子だと判明したわけですが、そうなると今まで烈火を
育てていたお父さんや亡くなったお母さんが誰なのかが気になるところ。
そこでお父さんが空から降ってきた烈火を拾って育てたことを打ち明けます。
亡くなったお母さんはアイドルの写真を遺影として飾って騙していたからw、
このお父さんはお父さんでちょっとおかしな性格をしていると思います。
でも、あのケンカに強い烈火と対等に渡り合っていたから相当強そうだ。
烈火が炎の術だけじゃなく格闘戦にも長けているのはこのお父さんといつも
殴る蹴るの親子喧嘩をしてきたお陰なのかもしれませんね(笑)

とりあえず影法師は烈火の家に居候させてもらえそうで安心でしょうね。
さっそく烈火のお父さんが口説きにかかろうとしていたから面白いです。
これからどんな家族生活が始まるのかちょっと楽しみでしたよ(^ω^)

recca_16-05.jpgrecca_16-06.jpg

「花菱烈火!姫として命令します!どんなに危険だろうと何が起ころうと、
私に隠し事をしないことを誓いなさい!」

「姫・・・・・・」
「私、そんなに弱虫じゃないよ。烈火くんが大変な時はお手伝いくらい
出来るんだから。」

烈火は今後の紅麗との戦いに備えて山籠りの修行をしようと出かけていました。
そんな彼に柳さんが声をかけるのですが、彼女はもう烈火に惚れていそうですね。
姫の忍者として命じるところは烈火の扱い方を分かっているなぁって思いました(^ω^)

あと、風子達もまた烈火に負けずに修行をしようとしていたから偉いです。
ケンカ屋の彼女達は紅麗に圧倒されてしまったのがよほどショックのようですわ。
とりあえず、風子が私服姿でスカートを身に着けていたのが新鮮だったかも。
前回、三羽烏に男に間違われたからスカートにしたのかな?って思った(^ω^)
こういう格好をしていれば男に間違われずに女の子っぽく見えますね。

recca_16-07.jpgrecca_16-08.jpg

森光蘭は某大国の大統領にクローン技術の実験場を案内していました。
膨大な権力を手に入れた大統領としては永遠の命を手に入れたいらしい。
そこで森光蘭にお願いして不老不死にさせてくれるようにお願いしていました。
もちろん森光蘭自身も不老不死になるために柳さんを調べさせたりしたので、
まだまだ研究段階であるわけですけどね。
表向きには確実性をアピールしておいて研究資金を手に入れたいのでしょう。
とりあえず森光蘭が他国の大統領とも繋がりがある事が伺えるシーンでした。
烈火としては強敵の紅麗の他にも、裏社会をも牛耳っているような森光蘭に
歯向かわなくてはいけないので厳しい戦いになってきそうでしたわ。

recca_16-09.jpgrecca_16-10.jpg

紅麗が森光蘭に裏武闘殺陣という死の格闘大会の開催をお願いします。
そこで烈火と決着を付けて真の火影の炎術士になろうという考えなのですが、
彼の場合はやはり過去の因縁の恨みを晴らすという気持ちが強そうかな。
森光蘭としては火影の謎が解明されて不老不死への手掛かりが掴めるなら
喜んでお膳立てをしてあげようといったところです。
この2人も現在の烈火の家族のように養父と義理の息子の関係なのですけど、
親子というよりもボスと若頭のような関係に見えますわ。
両者はそれぞれの野望を成し遂げるために結びついているような感じです。

recca_16-11.jpgrecca_16-12.jpg

「いでよ!八竜!」
「まさか2度も我らを呼び出すバカがいるとは思わなかったぞ。
本当に殺されたいらしいな。小僧。」

烈火は柳さんに見守られながら危険な八竜を呼び出して特訓を始めます。
八竜を倒して自分に従えさせようとする考えなのですが、1頭でも強いのに
ましてや8頭全てを倒そうというのは無謀とも言えそうでしたわ(汗)
でもこの八竜の力がなければ紅麗と紅の炎には勝てないから、何とかして
八竜を手懐かせる必要があると思ったのでしょうね。
とりあえずボコボコにされていると耐久力はつきそうな特訓にはなってるかも?(^ω^)

recca_16-13.jpgrecca_16-14.jpg

風子と土門も山籠りをしてスパーリングをするのですが、風子が本気になって
土門にケガをさせていたから本格的なバトルをしているようにしか見えない!
たしかにこれくらい特訓をしないと紅麗に勝てそうにないのは分かるけど、
土門みたいにガタイの良い男性じゃなきゃ死んじゃうところだよ(苦笑)
土門は風子との特訓で親しくなれるチャンスと思っていたようですが、こんな
激しいバトルの相手をさせられていてはそんな雰囲気にならなさそうだ(^ω^)
とりあえず、願子を怖がらせない程度にスパーリングをして欲しいですね~。

recca_16-15.jpgrecca_16-16.jpg

「紅麗様よりのメッセージを届けに来た。」
烈火達は1ヶ月間修行をした後に久しぶりに合流します。
風子が水鏡のことを「みーちゃん♪」と呼んでいたのがちょっと面白い。
あと、裏武闘殺陣への招待を伝える喋る犬が現れていたわけですが、
これも遠くから他の動物に言葉を喋らせる忍者独特の術らしい。
とにかく烈火達が紅麗から裏武闘殺陣の参加オファーを受けて、
どのように返答するのかは次回のお楽しみということになります。

少年漫画のバトル作品では主人公達が修行をすることで更に強くなるのが
1つの定番になっていると思いますが、今回のエピソードなんかはまさに
そのパターンになっているような感じがしました。
関連記事
烈火の炎