それが声優! 第13話 「査定」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2015/09/30

それが声優! 第13話 「査定」(最終回)

soregaseiyu_13-01.jpgsoregaseiyu_13-02.jpg
(C)あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

記憶に残る声優になって仕事を続けていく。

soregaseiyu_13-03.jpgsoregaseiyu_13-04.jpg

今回で夏アニメ「それが声優!」の最後の感想になります。
当初はそんなに大きな期待をしないで見ていたのですけど、ストーリーが
進むに連れて面白くなっていたので毎週放送日が待ち遠しくなってました。
これで終わるのは惜しい気もしますが、最後の感想を張りきって書きます。


イヤホンズの単独ファーストライブ直後の話から始まるのかと思いましたが、
双葉が夢を見ていただけでもう一ヶ月ほど経過していたみたいですわ。
まだ双葉の頭の中ではライブの達成感の余韻に浸っているようでしたけどね(笑)
いちごの言うように早く頭を切り替えて次の仕事に専念しなくちゃいけない。

soregaseiyu_13-05.jpgsoregaseiyu_13-06.jpg

「査定」というサブタイトルを見て声優の年俸や給与の話だと思ったのですが、
所属事務所に在籍し続けられるかを審査される話というのは予想外でした!
少々メインの仕事をやっていても契約解除されるなんて厳しい世界だよ(汗)
双葉のようなまだ実績の少ない見習い声優にとっては深刻な問題でしょうね。
プロ野球の世界で言えば戦力外通告を受けるようなものでしょうし・・・・・・。

一方、いちごが双葉の事務所の羨ましく思っていた理由なんかも興味深い。
たった2年間とはいえその間はきっちりと面倒を見てくれているというのは、
不確定要素の高い声優の仕事を考えると少し安心感が持てるみたいだ。
とにかく、声優というのは所属事務所によっても異なるのでしょうね。

soregaseiyu_13-07.jpgsoregaseiyu_13-08.jpg

双葉がいちごや鈴以外の友達と一緒にいるシーンは珍しかったです。
養成所時代の友達は声優の道を諦めて別の進路を目指す人もいたし、
または別の事務所に移籍して声優を目指し続ける人もいましたね。
たとえ声優の養成所を出ても声優になれない事を示していたと思います。
ただ養成所での厳しい指導が他の仕事や生活に役立っているようなので、
必ずしも無駄な時間を過ごしたわけでもなさそうな感じでした。
養成所の指導者は研究生の全員が声優になれない事を分かっているから、
おそらく他の仕事を目指す時に役立つようにも指導しているのでしょうね。
彼女達の会話を聞いていると、今でも青空プロダクションに所属しながら
声優として活躍出来ている双葉は恵まれている
と思っても良さそうです。

soregaseiyu_13-09.jpgsoregaseiyu_13-10.jpg

今回登場した実在の声優さんは、浅野真澄(あさのますみ)さんでした。
やはり最後の締めとして原作者ご本人が登場するのが一番でしょうね。
将来の夢がお金持ちというのは笑った。きっと正直な声優なのでしょう。
双葉もこれくらい堂々と正直に自分の夢を言えれば査定に合格できるかも?(^ω^)

あと、双葉がふと元気な男の子っぽい声を張り上げていました。
この時に自分の声優としての新たな素質を感じ取ったのかもしれません。
彼女の場合は深夜アニメのヒロイン役よりも朝や夕方に放送しているような
子供向けアニメの少年役なんかをやった方が合っていそうですね。

soregaseiyu_13-11.jpgsoregaseiyu_13-12.jpg

鈴は高校の入試を受験し、いちごは苺キャラのオーディションを受けます。
苺柄の洋服や苺のアクセサリーでアピールするいちごの姿勢は褒めたい(笑)
あと、双葉が査定のために青空プロダクションを訪れていました。
さすがに運命の分かれ道となる査定だから緊張するのは仕方ないでしょう。
それに査定をされた人のほとんどが落ち込んでいたから恐怖感がある。
いったいどんなプレッシャーをかけられる査定なのか気になりましたよ(^ω^;)

soregaseiyu_13-13.jpgsoregaseiyu_13-14.jpg

双葉の査定ではかなり厳しい事を言われていたから驚きです。
イヤホンズ程度の活躍でも認められないのだから厳しいですわ。
あれではショックを受けて落ち込む声優が続出するのも納得できます(汗)
「私はたとえほんの少しのセリフでも見ている人を笑わせたり、泣かせたり、
そんな記憶に残る声優になってずっとこの仕事を続けたいです。」

それでも双葉は自分の考えをしっかりと答えていたから偉いなぁ。
普通ならあんな厳しい事を言われた後で冷静に話せないよ。

soregaseiyu_13-15.jpgsoregaseiyu_13-16.jpg

双葉の査定の結果は1年間の猶予を与えてもらえるというものでした。
あと1年間だけは首の皮が繋がったので一先ず安心といったところかな。
ただ次の査定までにさらにステップアップする必要があるので、彼女にとっては
励みになると同時にプレッシャーもかかってくる1年間になりそうです。
いつか正規に所属させてもらえるような声優になれたらいいですね。

soregaseiyu_13-17.jpgsoregaseiyu_13-18.jpg

いちごもオーディションに受かったし、鈴も高校へ進学できたので良かった。
そして最後に海原さんが新たなイヤホンズのプロジェクトを用意していたし、
ますます彼女達の活躍の幅が広がっていきそうです。
それぞれが新たな第一歩を切り開いていく形で幕を閉じてました。

★総評★
声優の仕事について1話毎にきちんとテーマを決めて描かれていたと思います。
声優さんといえば華やかな人気商売というイメージがありますが、この作品では
夢のある部分だけではなく厳しい部分も丁寧に描いていたので素晴らしい。
アニメファンだけじゃなく、これから声優を本格的に目指そうとする人にとっても
良いお手本となりそうなアニメだったと思います。

関連記事