ミリオンドール 第06話 「それぞれの憂鬱」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/08/18

ミリオンドール 第06話 「それぞれの憂鬱」

milliondoll_06-01.jpgmilliondoll_06-02.jpg
(C)藍(あい)/コミックスマート/「ミリオンドール」製作委員会

アイドルとファンがメジャーデビューに向けて悩みを抱えるお話です。

milliondoll_06-03.jpgmilliondoll_06-04.jpg

今回はマリ子が新たなOP曲「細胞プロミネンス」を歌う形で始まっています。
5分枠のアイドルアニメとはいえ色んな曲を披露してくれるのは褒めたい♪
それに若干イトリオの時よりもCG描写がレベルアップしているように見えました。
先週は実写版ミリオンドール?の放送があったために、1回分お休みできたから
製作に余裕が出来たのかもしれませんね?(^ω^)

milliondoll_06-05.jpgmilliondoll_06-06.jpg

マリ子は1人で町の中を歩いたり、電車に乗ったりして事務所に顔を出します。
小さな事務所だから送り迎えをしてくれるわけでもないし、あのマネージャーでは
これから先もずっとこのまま寂しいアイドル活動を続けることになりそうだ。
マリ子は、このうだつが上がらない事務所を早く抜け出した方がいいでしょうね。
もちろんマリ子自身にメジャー志向が本気であればの話ですが・・・・・・。

milliondoll_06-07.jpgmilliondoll_06-08.jpg

イトリオはファンの前でメジャーデビュー宣言をしたからにはヤル気十分です。
しかしマネージャーさんとしてはもっと人気を上げる必要があると考えてますわ。
まだワンマンライブで2、300人程度の集客力では難しいのかもしれませんね。
ここはメジャーデビューの成功例でもあるひなみを参考にしたいところかな。

milliondoll_06-09.jpgmilliondoll_06-10.jpg

現場ヲタクにはマリ子がライブをしてても元気が無いのに気づいているみたい。
こういう細かいところまでチェック出来るのが現場ヲタクの強みだと思います。
リュウサンはマリ子の人気が爆発してほしいと思って応援しているのですが、
現場ヲタクとしての力の限界を感じているようにも見受けられます。
イトリオがブログから人気が出てきた事を考えると複雑な気分なのでしょうね。

あとマリ子は早くメジャーデビューをしたいという悩みがあるから元気が無さそう。
何かメジャーデビューへのきっかけがあればモチベーションは上がるはずだけど、
現状では全く可能性がないからテンションが下がるのでしょう。

milliondoll_06-11.jpgmilliondoll_06-12.jpg

リュウサンはあくまで現場ヲタクを貫いてマリ子を応援していく構えでした。
沢山のCDを購入して布教用に配布して回るのだから凄いですわ(笑)
マリ子はそんなリュウサンの熱意を感じるととても嬉しく思うでしょうね。
だからリュウサンのためにもメジャーになろうと強く思っているかもしれない。

milliondoll_06-13.jpgmilliondoll_06-14.jpg

すう子の方はブログで応援できることは全てやっている感じに見えます。
そのお陰でイトリオ人気も急上昇中ですし、あとは彼女達の所属事務所が
メジャーデビューへのゴーサインを出すだけになっています。
こればっかりはファンの立場では決められないから祈るのみになりますね。
イトリオのマネージャーさんがどう判断するのかが楽しみです。

関連記事