09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ 第06話 「Saintly Territory」

2016年07月13日
utapuri3_06-01.jpgutapuri3_06-02.jpg
(C)UTA☆PRI-R PROJECT

春歌がカミュ先輩の下僕になるお話です。
utapuri3_06-03.jpgutapuri3_06-04.jpg

早乙女社長が春歌にカミュ先輩の曲を作ってほしいと頼むところから始まります。
新たに完成したシャイニングタワーの竣工式のセレモニーで披露したいみたい。
それにしても東京タワーよりも大きな塔だから改めて資金力のある社長だよ。
この社長ならOP映像にある某新国立競技場も簡単に作っちゃえそうだなぁ(^ω^)

春歌はさっそくカミュ先輩と打ち合わせをして曲作りに入ろうとしていたのですが、
そのカミュ先輩がどうも非協力的なところがあるから困ったものですね。
相変わらず春歌のことを愚民と言っていたし・・・・・・(苦笑)
セシルなんて雑用係にされているから可哀想でしたわ(^ω^)
でもカミュ先輩は何でも仕事を完璧にこなせるのが凄いところでもあります。
あと本気になることはないというのが少々引っかかるところでもありますね。

utapuri3_06-05.jpgutapuri3_06-06.jpg

カミュ先輩がTVの音楽番組に出演していましたがまるで別人のようでした!
あれほど歯の浮くようなセリフを言って自分を飾れるとは凄い才能だよ(笑)
春歌を相手にする時も同じように優しく話しかけてあげたらいいのにね。
まぁありのままの自分を春歌の前で見せていると思えば悪くないのかも。
だから春歌を下僕としても扱おうとするのでしょう(笑)
とりあえず春歌が今回も上手く仕事が出来るのか悩むのは確実でしたわ(^ω^)

utapuri3_06-07.jpgutapuri3_06-08.jpg

女性向け雑誌のモデル撮影でも天使モードの性格でお仕事をやっておりました。
もちろん春歌に話しかける時には一瞬で悪魔モードに早変わりしていたけどね。
仕事のオンとオフを上手く切り替えられる人だと思えばいいのかな(苦笑)
とりあえず春歌はカミュ先輩の専属メイドになっていました(^ω^;)

utapuri3_06-09.jpgutapuri3_06-10.jpg

セシルくんは春歌を下僕にしているカミュ先輩に文句を言っていました。
ただこれは春歌が交換条件を飲んでいるので仕方ない。
春歌自身が作曲のために必要な事だとヤル気になっていますものね。
春歌って我慢強いというか何事にも一生懸命なところがあると思う。
だから音也くん達はそんな努力家の彼女を応援したくなるのでしょう。

utapuri3_06-11.jpgutapuri3_06-12.jpg

春歌はその後もずっとカミュ先輩に付きっきりで雑用係を頑張っていました。
彼女は作曲の仕事よりもタレントのマネージャーの仕事も出来そうだなぁ(^ω^)

utapuri3_06-13.jpgutapuri3_06-14.jpg

春歌はカミュ先輩のそばにいて感じ取ったイメージを曲にしてみましたけど、
カミュ先輩は素っ気なくダメ出しするように立ち去っていたから冷たい。
さすがの春歌でもちょっと落ち込んでいた様子が感じられましたよ。
このシーンは2人の間に距離が出来た雰囲気でしたので、もう今回の仕事は
無理なんじゃないかなぁって心配しました。

utapuri3_06-15.jpgutapuri3_06-16.jpg

ただここでカミュ先輩の方から珍しく春歌に声をかけて誘ってくれました。
いきなりドレス姿でセレモニー会場に連れて行かれると驚くでしょうね。
いったい何を考えているのか分かりにくい先輩だよ(苦笑)
一応仕事だからダメ出しした春歌の曲でもきちんと歌うようにしたのかな?
最初から歌うつもりだったのなら意地悪だなぁって思ったんだけどね~(^ω^)

utapuri3_06-17.jpgutapuri3_06-18.jpg

最後はカミュ先輩が本気になって春歌の曲を歌ってくれていました。
タワーの頂点から飛び降りたりしていたけどイメージ映像ですよね?(^ω^;)
さすが完璧を求めるだけあって完璧な演技をしていましたわ。
春歌としてはカミュ先輩の本気を導き出す曲が作れたので満足かもしれません。
とにもかくにもカミュ先輩が営業スマイルを得意としている事はよく分かりました(笑)
関連記事
マジLOVEレボリューションズ