神風怪盗ジャンヌ 第43話 「友情崩壊!?魔氷城決戦」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/11/18

神風怪盗ジャンヌ 第43話 「友情崩壊!?魔氷城決戦」

janne_43-01.jpgjanne_43-02.jpg
(C)種村有菜/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

都がまろんに襲いかかるお話です。

janne_43-03.jpgjanne_43-04.jpg

神風怪盗ジャンヌの感想も今回を含めて残り2回となりました。
1クールとか2クールの長さくらいの作品なら深夜アニメでも見慣れていたり、
感想を書き慣れているのもあってそんなに疲れを感じる事はないのですが、
この作品のように1年近くやっている長編アニメになると労力を使いますゎ(汗)


「嘘だよね・・・?まろんがずっと私を騙し続けていたなんて・・・・・・」
ついにまろんはジャンヌの正体が自分であることを都にバレてしまいます(汗)
都からすれば最も信頼していた友人に裏切られたわけですからショックが大きい。
今までにもまろんが稚空やフィンや紫界堂先生の正体を知ってショックを受ける
シーンが描かれていた事を考えると、この作品は他人の正体を知って衝撃を
受けるというのが1つのパターン化しているようにも感じます。
まろんと都の友情がこれで壊れてしまうのかどうかが今回の見所でしょうね。

janne_43-05.jpgjanne_43-06.jpg

「怪盗ジャンヌを殺すのよ。」
「ジャンヌを・・・殺す・・・・・・」
フィンが都の心の弱さに漬け込んで手駒のように操ろうとしていました。
もうフィンが悪魔のような表情をしていたから恐ろしいですわ(汗)
本当に悪魔の囁きをしている雰囲気は感じられます(^ω^;)
ただ、都がまろんに対して劣等感を抱いていたというのが注目ですね!
都もまろんに負けず劣らずに強気な性格をしていると思っていたのですが、
このシーンを見ていると都の意外な側面が見られたような気がしましたよ。

janne_43-07.jpgjanne_43-08.jpg

「都まで巻き込んでしまった。私のせいだわ・・・・・・。」
「自分を責めるな。まろん。悪いのは・・・・・・」
「魔王だ!フィンちゃんじゃねぇぞ!」
まろんは都をフィンに連れ去られてしまったので責任を感じていました。
ただアクセスがフィンが悪者にされそうなところをきちんと否定していたのが良い。
アクセスだけはフィンがどんな姿になっても信じているから精神的に強いと思う。
このアニメ版ではなぜかギャグ担当キャラとして定着しちゃっていますけど、
本当は誰よりもカッコイイところも見せてくれたりもするんですよね。
アクセスが稚空に変わってイケメン枠を担当してもおかしくないと思うし。

janne_43-09.jpgjanne_43-10.jpg

「都・・・どうして?」
「どうして?よくそんなことが言えるわね!?ずっと私を騙していたくせに!」
都にすればまろんが警察の情報を得るために近づいてきたと思うのは当然です。
いくら悪魔の影響を受けているとはいえ、心の中ではまろんに対する劣等感も
持っているのもあってここまで怒りの感情を爆発させていたのかもしれない。
それでも元々は親友だったのだから本当に銃を撃つとは思わなかったよ(汗)

janne_43-11.jpgjanne_43-12.jpg

「まろん!都は操られているんだ!チェックメイトしろ!まろん!早く!」
「出来ない。チェックメイトなんかしたら・・・・・・ダメ!そんなこと出来ない!」
稚空がジャンヌを助けるために都の動きを封じ込めてくれていましたけど、
ジャンヌは都を失いたくないからチェックメイトをするのを躊躇います。
これは高土屋くんの時のトラウマが影響を及ぼしている感じがしますね。
たとえ自分が危険な目に遭わされても都の事を親友だと思っているのでしょう。
まろんも稚空や紫界堂先生の正体を知った時には怒ったりしていましたけど、
立場が逆転した事で相手の気持ちもよく分かるようになっているのかもね。

都はまろんの必死の訴えかけによって元に戻る気配も見られたのですが、
そこはフィンも分かっていて悪魔の囁きで凶暴化を持続させてました。

janne_43-13.jpgjanne_43-14.jpg

「自信のない私をまろんに知られるのが怖かったのよ。嫌われたくなかった。
だからワザと稚空にフラれたり・・・・・・」

「そんな都がずっと好きだったよ・・・・・・」
「まろん・・・ゴメン・・・・・・(>ω<)」
「よくやった。都。君は自分の中の悪魔に打ち勝ったんだ。」
ノインが誓い通りにジャンヌを守ってくれたのはとても心強い。
ジャンヌにとっては最悪な苦しい状況となっていましたけど、都の心が
元に戻ってきてほんの少しずつですが明るい希望も見えてきました。
最終回近くだけあってかなり盛り上がりのあるやり取りになっていたかな。

janne_43-15.jpgjanne_43-16.jpg

しかしながらノインがフィンの魔力の直撃を受けて退場することに・・・・・・(汗)
まさかフィンの手によって退場してしまうとは思わなかったので驚きましたよ。
普通のアニメであればこれでフィンも退場フラグが立ったも同然でしたので、
もうまろんとフィンがハッピーエンドを迎えるのは難しそうに感じましたわ。
ただノインにとってはジャンヌ・ダルクと巡り会えたのがせめてもの慰めかな。

janne_43-17.jpgjanne_43-18.jpg

「ノイン。これでやっとジャンヌ・ダルクのもとに行けたのね・・・・・・。」
最後に都が再びまろんの親友に戻ってくれそうなので安心しました。
都はジャンヌが人々のために悪魔を相手に戦っているのを知ると、さすがに
今まで通りにジャンヌを逮捕する気持ちにはなれないのかもしれませんね。
とにもかくにもあとはフィンを元に戻すだけとなりました。
もうフィンがラスボスのように凶悪化していますけど、はたして最終回では
どのような結末を迎えるのかとても楽しみでした。

この最終回直前でまろんと都の山場を持ってきたのは良かったと思います。
アニメ版ではまろんと都の関係を重要視して描かれている感じがしますので、
終盤でも2人の繋がりの深い描写で盛り上げて良い構成になっていました。

関連記事