神風怪盗ジャンヌ 第35話 「ジャンヌ復活のLOVEパワー!」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/10/15

神風怪盗ジャンヌ 第35話 「ジャンヌ復活のLOVEパワー!」

janne_35-01a.jpgjanne_35-02a.jpg
(C)種村有菜/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

まろんと稚空の距離がだんだん離れていく・・・・・・。

janne_35-03a.jpgjanne_35-04a.jpg

「誰も信じられない!」
まろんは稚空の正体がシンドバッドだと知ってから落ち込んでいる状態でした。
家族関係で悩んでいた彼女は稚空と出会えたことで安らぎを感じていたのですが、
その彼がジャンヌに近づくために接触してきたので裏切られた気分なのでしょう。
まろんにとっては彼からの告白とか愛情が信じられなくなるのも当然ですよね。
今回はまろんと稚空がほぼ完全に破局を迎えた形で物語が始まっています。

janne_35-05a.jpgjanne_35-06a.jpg

まろんが学校でも稚空の事を避け続けていると都が心配しないはずありません。
親友としてまろんと稚空には早く仲直りしてほしいと思って気にかけてるのでしょう。
都が稚空への恋を諦めて身を引いたのもあって、どうしてもまろんと稚空には
恋人同士で居続けてほしくて応援したい気持ちになっているんだと思います。
都ってこの作品にはなくてはならないほど良い脇役を担ってくれていますわ。

あと今回は第14話で登場していた新体操部の先輩の山際加奈子が再登場します。
(ちなみに彼女の名前が結婚後は旧姓の稲垣から山際に変わっています。)
彼女もまたまろんの演技にキレがないのでアドバイスを贈ろうとしていました。
彼女の場合は恋人が悪魔の影響を受けていたとはいえ、そこから関係を改善して
結婚まで導くことが出来たのだから少しは説得力がありそうかな。
ただ今回はこの加奈子さんの方がミストによって悪魔に魅入られる事になります。

janne_35-07a.jpgjanne_35-08a.jpg

「今はまろんの事だけを想っている。」
「いい加減なことを言わないでよ!魔王の手先のシンドバッドのくせに!」
都が気を利かせてまろんと稚空が話せるようにセッティングをしてあげます。
しかしまだまろんは稚空の弁解を聞いても全く信じようとはしませんでしたので、
まだまだ2人が関係を修復するのには時間がかかりそうでしたわ。
まろんももう少し稚空の話を信じてあげたらいいんですけどねぇ~。
彼女って結構頑固な性格だから、そういう性格の部分がここではマイナス面に
作用しているように思います(^ω^;)

janne_35-09a.jpgjanne_35-10a.jpg

順次さんは妻の加奈子さんが突然凶暴化したので街中を探しまわっていました。
今回は第14話の時とは全くの逆パターンになっていますね。
そしてターゲットは加奈子さんの身に付けているブローシュになるのですけど、
ブローシュって聞きなれない言葉だから思わず調べてしまいましたよ。
どうやらブローチをフランス語読みにしたものらしいです。
まぁ中世フランス王国の英雄のジャンヌをモチーフにしているのもあるのでしょう。

janne_35-11a.jpgjanne_35-12a.jpg

まろんはジャンヌに変身して加奈子さんのいる建築工事現場に向かいます。
もちろん予告状を受け取った都達はジャンヌ逮捕に精を出すわけですけど、
結局は簡単にあしらわられて逃がしちゃうのはお決まりのパターンですね(笑)
まだ都はジャンヌを追い詰めるシーンもあるから良いけど、本職であるはずの
春田さん達は全く役に立っていないから何とも言えない(苦笑)

あと、稚空もまろんを助けるために駆けつけていたのですけど、ミストによって
邪魔されてしまっていました。
さすがに変身しないで助けようとするのは無理がありそうですよね。
それでも彼は稚空としてまろんを助ける事によって信じてもらおうとしたのでしょう。

janne_35-13a.jpgjanne_35-14a.jpg

「お前はたった1人で孤独に死んでいくのだ。」
「たった1人・・・1人ぼっち・・・・・・。私は負けない!」
ジャンヌは最上階の屋上で加奈子さんを発見したので悪魔の封印を試みます。
ミストや悪魔はジャンヌの抱く孤独感の悩みを上手く利用している感じがします。
それでもジャンヌは負けたくない気持ちが強いですし、さらに孤独によって弱気が
導かれる事になるのは断じて許せないからかなり強気に出てますね。
こういう意味では彼女の孤独感は力強さに繋がっている気もしますわ。

janne_35-15a.jpgjanne_35-16a.jpg

「私はミスト。あんたを消しにやって来た。」
「悪魔なの?」
「死んじゃいなさい。バイバーイ。」
加奈子さんを助け出した後はミストがジャンヌに襲いかかっていました。
さすがに美術品に宿す悪魔達を操れる幹部だからとても強そうですね。
性格の悪さはさすが悪魔といった感じもします(苦笑)

あと、稚空がシンドバッドに変身しないでまろんを助けていたのが素晴らしい。
シンドバッドの姿なら防御力も高まるはずなのにそれでも稚空の姿のままで
まろんを助けようとしたのは、自分を信じてほしい気持ちの表われでしょうね。

janne_35-17a.jpgjanne_35-18a.jpg

「まろん。大丈夫か?」
「えぇ。」
まろんと稚空が不思議な力で守られていたのでミストは退散していきました。
2人とも変身が解けていたからちょっと危なかったですね。
でも、とりあえず加奈子さんが元通りに戻ってくれたので良かったです。
あと加奈子さんが凶暴化したのは赤ちゃんが出来た不安感からという理由も
良い納得のさせ方になっていたと思います。
2人には幸せな家庭を築いていってもらいたいですね。

関連記事