09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

神風怪盗ジャンヌ 第32話 「怪盗ジャンヌ抹殺指令!!」

2015年10月05日
janne_32-01.jpgjanne_32-02.jpg
(C)種村有菜/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

都のお父さんがジャンヌを抹殺してでも逮捕しようとするお話です。
janne_32-03.jpgjanne_32-04.jpg

警察署のジャンヌ捜査本部では最新型コンピュータが導入されて盛り上がってました。
PCにジャンヌの犯行データをインプットして人物像を特定させるために活用するみたい。
ただ都のデータ分析を見ている限りではあんまり役立ちそうにないかも(苦笑)
とにかくジャンヌがこの桃栗署管内だけで窃盗事件を起こしているのだけバレてました。

あと、ミストが紫界堂先生と会話しているシーンが描かれていましたので、ここで初めて
紫界堂先生の正体がノインだということが明らかにされていました。
まぁほとんどの視聴者はもうすでにお気づきになられていたと思いますけどね。
今の段階ではミストだけがキャンディーを使って悪魔を憑依させて活動していますが、
この紫界堂先生の方はいったい何を企んでいるかも気になるところでした。

janne_32-05.jpgjanne_32-06.jpg

都達はPCを使ってジャンヌの正体を色々と推測するのですけど的外ればかりです。
これではやはりPCは宝の持ち腐れとなってしまいそう(笑)
都のお父さんは署長さんからPCにかかった経費の事で少し文句を言われてました。
まぁ署長さんもあれだけの都スペシャルを用意するのに多額の予算を使われた挙句に
ジャンヌを取り逃がしてばかりなのだから文句の1つや2つは言いたくなるかな(苦笑)
きっと都のお父さんは娘のためにもここは我慢して聞いていたんでしょうねぇ。
そこで今回はミストが都のお父さんの拳銃に悪魔を宿らせる事で物語が展開します。

janne_32-07.jpgjanne_32-08.jpg

当然、都のお父さんは悪魔に魅入られてしまったので別人のように変わってしまいます。
都からすれば優しいお父さんがジャンヌを抹殺しようとしているのだから驚くでしょうね。
それに引っ叩かれてもいたからショックは大きいはず・・・・・・。
彼女はお父さんが素晴らしい刑事だから警察官を目指そうとしているのもあるので、
こんなお父さんの姿は見たくはないんじゃないでしょうか。
まろんとしては都とお父さんの関係を壊したくないからもちろん怪盗をするつもりでした。

janne_32-09.jpgjanne_32-10.jpg

紫界堂先生はまろんが落としたロザリオを拾って渡してくれていました。
もちろんまろんは紫界堂先生が悪魔の味方だということに気づいていないです。
ただ紫界堂先生の方もまろんに近づくものの特に何かをするわけでもないので
いったい何を企んでいるのか分からないところがありますね。
それゆえにミステリアスな印象の強いキャラになっていますわ。

janne_32-11.jpgjanne_32-12.jpg

今度は警察署にジャンヌが乗り込んでくるので今まで以上に警備が厳重です。
それでもジャンヌが簡単に侵入して警察官達を翻弄していたからやりますわ。
あと春田刑事さん達は都のお父さんからの命令だとしてもジャンヌ抹殺には
躊躇していたから良かったと思います。
いくらジャンヌでも拳銃が飛び交う中を突き進むのは難しいはずですし。

janne_32-13.jpgjanne_32-14.jpg

「世の中には2種類の人間が存在する。悪事を働く者と悪事を働かない者。
そして存在する価値のある者と無い者がな。」

「価値の無い人間なんていないわ。警部。あなたは知っているはずよ。」
悪魔化した都のお父さんだけは情け容赦なくジャンヌに発砲していました(汗)
この時のジャンヌは死を覚悟していたのではないでしょうか。
「お父さんにジャンヌは撃たせないわ。」
そんな時に都がジャンヌを助けるために飛び込んでくれましたし、シンドバッドも
助けに来てくれていたので有り難かったと思います。

janne_32-15.jpgjanne_32-16.jpg

「人の心は清いものだわ。それを弄ぶなんて決して・・・決して許さない!」
あとはジャンヌが署長さんの拳銃から飛び出してきた悪魔を封印するだけでした。
悪魔は人間の弱い心に引かれる性質があるので、悪魔に魅入られないようにするには
そういう弱さを無くしていく必要があるみたいでした。
ただ言葉で言うのは簡単ですけど、それを実践するとなると難しいでしょうね。

janne_32-17.jpgjanne_32-18.jpg

「自分を見失うところだった。必要なのは制裁ではなく、過ちを償わせることなのに。」
「お父さん。お父さんだわ♪本当のお父さんよ♪」
都のお父さんは無事に元通りになってくれたのでこれでもう安心です。
都の嬉し涙を見ると本当にお父さんとを尊敬している事が伝わってきます。
これからも元気に親子刑事を続けていってもらいたいですね。
そしてまろんの方は自分の周囲の人達が悪魔に取り憑かれているので、
自分が悪いのではないかと思うようになっていました。
そんな彼女の心を紫界堂先生が付け狙っている感じもするので要注意かな。
とにかく紫界堂先生がどのような動きを見せるのか気になりますね。
関連記事
神風怪盗ジャンヌ | トラックバック(0)