ななついろ★ドロップス 第11話 「なみだ色の決心」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/08/06

ななついろ★ドロップス 第11話 「なみだ色の決心」

nanatsuiro_11-01.jpgnanatsuiro_11-02.jpg
(C)ユニゾンシフト/SOFTPAL Inc./「ななついろ★ドロップス」製作委員会

正晴がすももとの大切な思い出の記憶を失ってしまうお話です。

nanatsuiro_11-03.jpgnanatsuiro_11-04.jpg

正晴が動かないぬいぐるみ状態から何とか元通りに復活した続きからになります。
すももとしては思いっきり喜びたいところなのですが、彼がユキちゃんだった事も
知ってしまったために顔を真っ赤にして恥ずかしがっておりましたわ(笑)
やっぱり女性なら真っ先に着替えやお風呂で裸を見られた事を不安視するよねぇ。
これは正晴に責任を取ってもらってお嫁さんにしてもらうしかないかな(^ω^)

ただナツメ先生の話によると安心して喜ぶのはまだ早かったです。
もし正晴が7つの星のしずくによって元の人間に戻れば、半年間分の記憶が
消えてしまうというマイナス作用も引き起こすというのは重要ポイント
でした。
当然、もしそんな事になれば正晴はすももと出会う前の記憶状態に戻るために、
2人の恋人同士の関係がリセットされてしまうのは確実です(汗)

nanatsuiro_11-05.jpgnanatsuiro_11-06.jpg

正晴は記憶抹消の事情をすももに伝えようとしますが、なかなか言い出せません。
すももの嬉しそうな笑顔を見ていると、悲しませたくない気持ちになるのでしょう。
この作品は各キャラの他人に対する思いやりが本当によく描かれていると思います。
とにかく、2人にとってはクライマックスで迎える最大の障壁が迫ってきた感じでした。

nanatsuiro_11-07.jpgnanatsuiro_11-08.jpg

「すもも。話しておかなくちゃいけない事があるんだ。」
「ハル・・・くん・・・・・・?」
正晴が覚悟を決めてすももに記憶が消えてしまうことを正直に話していました。
大好きな人が自分との思い出を全て忘れるのだから悲しくなるというものですね。
だからといって星のしずくを集めなければ正晴が完全な人間に戻れないままですし、
最悪な場合は永久に動かないぬいぐるみ状態になってしまうので、もう選ぶべき
選択はたった1つに追い込まれている感じがしました。
これはすももにとっては辛い選択になりそう・・・・・・(汗)

nanatsuiro_11-09.jpgnanatsuiro_11-10.jpg

正晴は記憶が消えてしまうだけなので2度と会えなくなるわけではないのですけど、
お互いに赤の他人として学園生活を過ごすことになるというのが辛いのでしょう。
特にすもも自身は正晴と過ごした思い出を覚えているわけですし・・・・・・。
これがまだ両者共に記憶が消えるというのなら辛さもないと思うんですけどね。
とにかく2人にとっていかに出会ってからの半年間の思い出が大切なのかが
このシーンでも強く伝わってきましたよ。

nanatsuiro_11-11.jpgnanatsuiro_11-12.jpg

正晴とすももがメリーゴーランドで楽しんでいるシーンなんかもとても印象的です♪
メリーゴーランドの回転によって2人の距離が縮まったり、離れたりする様子を見ると、
今の2人が置かれている状況をまるで映し出しているような感じもします。
今は一緒にいられるけど、星のしずくが揃えば離ればなれになるかもしれないという
微妙な2人の距離感を上手く表現していると思いました。
この作品は魔法少女アニメとしての派手な演出というよりも、キャラ達の心情面を
力を入れて描いていると思います。

nanatsuiro_11-13.jpgnanatsuiro_11-14.jpg

その後も2人は今の楽しい記憶を心の中に刻もうとするかのようにデートをしていました。
もう本当の恋人同士のように心を通い合わせている事が伝わってきます♪
ただこの後に訪れる別れの時が迫っているので、幸せな気持ちと寂しい気持ちが
入り混じったような何とも言えない雰囲気にもなっています(´・ω・`)

nanatsuiro_11-15.jpgnanatsuiro_11-16.jpg

「何もかも忘れてしまっても、俺・・・俺はもう一度すももを好きになる!きっと!」
「うん♪」
「約束だ。」
「うん。待ってる。私、泣かないで待ってる♪」
すももが記憶が消えた後の正晴の事を気遣って彼の携帯のメールアドレスを
全て削除してあげていたのがちょっと泣けてきますよ。
それと正晴がすももに約束したこのやり取りなんかは胸が熱くなるくらい感動です。
ホント2人は素敵なカップルだから奇跡が起こって別れてほしくないと思いましたよ。

nanatsuiro_11-17.jpgnanatsuiro_11-18.jpg

『ハルくん・・・私、信じてるから・・・約束だもの・・・泣かないで待ってるから・・・。』
最後には7つの星のしずくが集まって正晴が元の完全な人間の姿に戻ります。
ただそれは正晴とすももがただのクラスメイトの関係になるという事でもあるので
とても寂しく感じるシーンとなっていました。
すももはこういう結果になる覚悟が出来ていたとはいえ、やはり辛い現実を
目の前にすると心に突き刺さるものがあったと思います。
それでも彼女は彼と約束したように涙を流さないように我慢していたのが素晴らしい。
彼に心配をかけないようにしたいという想いの強さを感じさせてくれました。
とにかく2人がこのまま疎遠になってしまうのかとても心配なところですわ。
どんな結末を迎えるのか気になる形で最終回に続きます。

関連記事