ななついろ★ドロップス 第06話 「やさしさいろの夕焼け」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/07/17

ななついろ★ドロップス 第06話 「やさしさいろの夕焼け」

nanatsuiro_06-01.jpgnanatsuiro_06-02.jpg
(C)ユニゾンシフト/SOFTPAL Inc./「ななついろ★ドロップス」製作委員会

正晴とすももが入学式の時に出会っていたお話です。

nanatsuiro_06-03.jpgnanatsuiro_06-04.jpg

「秋姫の好きな人って・・・如月先生なのか?」
正晴はすももがナツメ先生と楽しく会話しているのを見かけて、彼女の好きな人が
ナツメ先生ではないかと思い込んでしまっていました。
その一方、すももは逆に正晴とノナが会話しているのを見て、正晴がノナの事を
好きなんだと思い込んでしまっていましたね。
お互いが両思いのはずなのに勘違いによってすれ違うというのは面白いところです。
前回の臨海学校の時から正晴とすももの間に距離が生じてきましたので、今回は
2人の関係がどのようになっていくのか注目でした。

nanatsuiro_06-05.jpgnanatsuiro_06-06.jpg

正晴とすももは園芸部の活動の時もギクシャクしたまま距離を置いていました。
2人を見るとお互いに相手のことを好きになっているのは間違いないのですけど、
相手に他に好きな人がいると思い込んでショック状態に陥っていますわ(苦笑)
すももなんて悲しいあまりに突然涙を流しちゃっていましたし、あれでは友達の
撫子はいったい何があったんだ?と思って心配しますよねぇ(^ω^;)

nanatsuiro_06-07.jpgnanatsuiro_06-08.jpg

正晴にとってはユキちゃんに変身してすももと会話できるのが良かったですね。
ユキちゃんの姿だとすももの本当の気持ちを聞き出せるので、こういう場合には
ぬいぐるみに変身できるというのは有り難いことのようにも思えます。

あと、すももが入学式の時に出会った正晴の事について語ってくれていました。
どうやら迷子になっていたすももは正晴に会場まで連れて行ってもらったみたいです。
きっとその時からすももは正晴に思いを寄せるようになっていたのでしょう。
人見知りの激しいすももが正晴に対しては最初から惚れているような雰囲気だったので
変な感じがしたのですが、それはこの件があったからだと知って納得しましたよ(^ω^)

nanatsuiro_06-09.jpgnanatsuiro_06-10.jpg

「マテリアス・ウォルディ・ナティオ!」
すももはアスパラスと星のしずく争奪戦をしますが、残念ながら奪われてしまいました。
新しいレシピの魔法を繰り出して上手く回収したようには見えたんですけどねぇ・・・・・・。
正晴がノナ(アスパラス)の事を好きだと思い込んでいるために最後まで魔法の力を
持続させられなかったのが敗因とも言えそうです。
魔法を使うためには精神状態が大きく影響しているということなのでしょう。
すももが正晴の想いを誤解し続けている限りは星のしずく集めは難しそうですわ。

nanatsuiro_06-11.jpgnanatsuiro_06-12.jpg

正晴はナツメ先生やクラスメイト達から良いアドバイスを受けていました。
この作品では正晴やすももなどのメインキャラだけじゃなく、彼らの周囲にいる
サブキャラ達もみんな暖かく優しい人達ばかりなところも素敵だと思います。
正晴は皆からの応援を無駄にしないためにも、すももを手放さないようにしないとね。

nanatsuiro_06-13.jpgnanatsuiro_06-14.jpg

正晴は両思いだと分かったのにまだすももと話すのを躊躇しているところなんかは
他人と打ち解けるのを苦手とする性格が邪魔している感じがします。
彼がすももと結ばれるにはウィークポイントを乗り越えていかないといけないかな。
「(やばい。もうそろそろ時間が・・・・・・)」
「つ、石蕗くん・・・こっちに・・・ちょっとだけ・・・来てほしいな。」
もちろん、すももの方も正晴と話せるチャンスだから大いに活用したいところですね。
こういう奥手な男の子の場合は女の子の方からリードしてあげるのは良いと思います。
恥ずかしがり屋のすももにしてはよく頑張っていたと褒めたいです♪

nanatsuiro_06-15.jpgnanatsuiro_06-16.jpg

「俺・・・俺は・・・俺・・・秋姫が・・・好きだ!」
最後に正晴がすももに告白するシーンが描かれていました♪
すももが自分だけに特別に素敵な場所を教えてくれたわけですから、
いくら鈍感な彼でもさすがに彼女の恋心に気づくというものでしょう。
ここで次回に続いていましたので、すももがどう返事をするのか楽しみでした。

関連記事