デビルマン 第06話 「ロクフェルの首」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/05/13

デビルマン 第06話 「ロクフェルの首」

devilman_06-01.jpgdevilman_06-02.jpg
(C)永井豪/ダイナミック企画・テレビ朝日・東映動画

美樹のお父さんの研究所がデーモン族に襲われるお話です。

devilman_06-03.jpgdevilman_06-04.jpg

妖人ロクフェルという悪魔がデビルマン討伐の命令を受けるところから始まります。
ただ魔王ゼノンから魔将軍ザンニンの指揮下に入って任務を遂行するように
言われた時は少し嫌そうな素振りを見せていたのが気になるところです。
そういうわけで今回はこの妖人ロクフェルが刺客となって襲ってくるお話になります。
さっそく町の人々を次々に虐殺していたから酷い悪魔ですよ・・・(汗)
この作品ってこのように結構グロいシーンなんかも描いていると思います。

devilman_06-05.jpgdevilman_06-06.jpg

学校ではまた明と氷村がケンカを始めていたから困ったものです。
それだけならまだしも女子生徒の胸を堂々と触るのは良くない!(苦笑)
悪魔でも人間の女性の胸を触りたいという欲求があるみたいですわ(^ω^;)
もし美樹にそんな事をすれば確実にビンタが飛んでくるでしょうね。

devilman_06-07.jpgdevilman_06-08.jpg

明は美樹に怒られるとバイクに乗ってプチ家出する事があるようですわ(苦笑)
一応、美樹としてはビンタをした後にきちんと謝るようにはしているみたいだから、
すぐに仲直りは出来るようにはなっているのでしょう。
あと、お父さんは原始人の頭蓋骨から顔の復元作業の研究をしていましたが、
そのお手伝いをしていた助手が妖人ロクフェルに殺されてしまいます。
このシーンはちょっとホラー映画的な恐怖の演出がされていたように思います。
もちろん最近のド派手に動くようなモンスターなどの映画ではなくて、この作品と
同じくらい昔に作られた13日の金曜日みたいな雰囲気のものですよ(^ω^)

devilman_06-09.jpgdevilman_06-10.jpg

妖人ロクフェルは巨大化したまま街に出て次々と人々を燃やしていました(汗)
今までの悪魔は神隠し的に人々を抹殺しているように活動していましたけど、
今回は明らかにモンスターが殺すように見せて動いているのが違うところ。
さすがにこれは目撃者も多いはずだから、ようやく今までの奇怪な事件などが
彼らデーモン族の仕業であることが認知されるようになったでしょうね。

devilman_06-11.jpgdevilman_06-12.jpg

明はデビルマンに変身して美樹のお父さんを救っていました。
妖人ロクフェルでもデビルマンとまともに戦うと勝ち目がなさそうですね。
この後ロクフェルは魔将軍ザンニンから独断専行で戦った事を叱られていたけど、
どうせ単独でデビルマン討伐を命じられるのなら一緒なのにって思いましたわ(苦笑)
やっぱりデーモン族にはチームワークというものは存在しないみたいだ(^ω^)

devilman_06-13.jpgdevilman_06-14.jpg

妖人ロクフェルは今度は美樹とタレちゃんが観戦している野球場で暴れ回ります。
さすがにこれだけの被害者が出ると連日世界のトップニュースになりそうですよね。
普通なら自衛隊とか軍隊が出てきてもおかしくないレベルですけど、今のところは
デビルマンしか守ろうとする者は現れていません。
まぁ普通の戦車や戦闘機がやって来たところで倒せる悪魔とも思えないですけどね。

devilman_06-15.jpgdevilman_06-16.jpg

明がもう一度デビルマンに変身して妖人ロクフェルと戦いますが、今度は氷村によって
ケガを負わされた左腕の痛みがあるために苦戦をしています。
それでも美樹を想う気持ちで妖人ロクフェルを倒していたのが印象的でした!
これは愛情の力でパワーアップしたようなものかもしれませんね♪(^ω^)

devilman_06-17.jpgdevilman_06-18.jpg

最後は怖い思いをした美樹が明の胸に飛び込んでおりました♪
ちょっと野蛮な性格な明だけど、美樹がとても頼りにしている事が伺えます♪
とにもかくにも今回も美樹を守ることが出来て良かったと思います。

次から次へとデーモン族の刺客達がデビルマンを倒すために送り込まれていますが、
その一方で氷村の真意が見えてこないのが気になるところだと思います。
今のところはデーモン族の刺客のためにサポート役に徹している感じでしょうね。
彼も序盤ではキーパーソンになっているキャラなので今後も注目になります。

関連記事